Radeon勉強会HD7770体験レポート その3
 『AMDのグラフィックカード「Radeonシリーズ」について学ぶブロガー勉強会』で私が受け取ったものは、当初はMSI製のR7770 Power Editionでした。ファンを逆回転させることでダストを掃き出す機能やオプショナルファンを付けることでデュアル・ツインファンにできる、とても面白そうな製品でした。しかしこれがどうにも動きません。電源を入れてもモニターに信号が行かず、マザーボードもBIOSのPOSTをしていないようで、まったく無反応状態に陥ってしまうのです。別のPCにつないでも同じ状態、さすがに不良品だろうと判断した上で担当の方に問い合わせてみたところ、新しいものを用意していただけることになりました。改めて受け取ったものはSAPPHIRE製 HD7770 Vapor-Xです。こちらはなんの問題もなく動いてくれました。

 各種ベンチマーク結果・消費電力については前回の記事にまとめてあります。具体的な数値はそちらで確認してください。


■SAPPHIRE HD7770 Vapor-Xについて

7770vaporx02.jpg

・意外に細かい作り

 ヒートシンクは細く繊細な作りで、思ったより小さいなと感じました。側面から見ると銅色のヒートパイプが2本確認できます。このヒートシンクとヒートパイプを覆うようにファンとカバーが付いています。ファンもカバーも華奢な感じで、下手に力を加えると簡単に割れてしまいそうです。取り扱いには十分気をつけたほうがよいでしょう。本体は一番長いところで22cmあります。

7770vaporx01.jpg

・ふたつのファンで広範囲を冷やす

 ファンは8cmのものがふたつ。デフォルトの設定ではファンスピード20%で回っているようです。結構静かですが、手持ちのHD4670の7cmファンひとつ・30%固定のものよりは音が大きいです。やはりファンがふたつあるというのが影響していると思われます。しかし音が大きいといってもそれはあくまで相対的な評価で、絶対的には十分静かな範疇にあること、ヒートシンクを満遍なく冷やせるメリットが大きいことから、この仕様で正解でしょう。

CCC設定

・自動制御おまかせで十分

 自動制御のファンスピードは20%からの可変です。温度が40℃を超えても20%のまま、60℃近くまできてやっと30%を超えてきます。基本的に静穏重視、しかし60℃を大きく超えさせないような設定になっているのではないかと感じます。実際、各種ベンチマーク中に60℃を大きく超えるようなことはありませんでした。それでもファンスピードが40%を超えるところは一度も確認できませんでした。例外として、PC電源投入直後のみ、2秒弱全開(半開?)になります。

・手動制御でぶん回すこともできる

 ファンスピードはCCCのOverdriveから20~100%の範囲で手動で固定することも可能です。ファンの音は40%までは目立った変化はありません。しかし45%あたりから明らかに大きくなっていき、50%を超えると人によってはうるさいと感じるであろう、そんなレベルになります。70%にすると、それまでのフォーという音がブォーという音に変わり、これ大丈夫なの?という感じの騒音になります。それ以上はもううるさいというよりファンが壊れないのか心配になってきます。

7770vaporx03.jpg

・コイル鳴きしてしまう

 基本的に静かなグラフィックカードではありますが、負荷がかかったときにコイル鳴きをすることがあります。ピルルルルルと鳴きだします。特にFFXIVベンチマーク中は鳴きやすいのです。しかし必ず鳴くわけでもなく、うーん、鳴かれると少し耳障りです。コイル鳴きは個体差の場合がほとんどなので仕方ありませんね。

 補足:マザーボードとの相性でコイル鳴きが生じているようです。コイル鳴きそのものもマザーボードから発せられている可能性があります(鳴いている場所は特定できていませんが)。いずれにせよ、このグラフィックカードを使う限りコイル鳴きが生じてしまうことに変わりはないので、なんともついてないです。

・静かに使いたい人向け

 ヒートシンク部分が優れているためかファンの回転数が上がらない割りに温度の上がりも鈍く、できれば静かに使いたい人向けの製品に仕上げられていると思いました。新たにHD7770を買おうと考えている人にとっての堅実な選択肢のひとつです。

・電力コントロール機能で消費電力を下げられる

 CCCのOverdriveから設定できる電力コントロールですが、これをマイナス方向に動かすと、性能は落ちるものの消費電力も落とせるようです。ここで言う消費電力はピーク時のものです。HD7770のピーク時消費電力は80W程度ですので、例えば-30%にすると56W、-50%にすると40Wになるという計算です。実際はブレが大きくそんなきっちりとした数値にはなりませんが、一見して明らかに消費電力が下がります。繰り返しますが、その分性能も下がります。私の試した限りでは、-50%でHD4670並の性能といったところでした。こんな機能があるなんて!勉強会では一言も触れていませんでしたが、もっとアピールできる機能だと思います。(2年くらい前からある機能みたいです)


Radeon勉強会HD7770体験レポート その1
Radeon勉強会HD7770体験レポート その2

Radeon勉強会HD7770体験レポート その2
Radeon勉強会HD7770体験レポート その1からのつづきです。

■ベンチマーク評価と消費電力計測

 XPではRadeon HD7XXXの誇る最新技術は使えないという事実を当初は知りませんでしたので、基本的にXPで使っています。

☆ベンチマークを走らせたPCは以下の通り。

 80PLUS 500W電源
 Intel Core i5 750(定格)
 HD7770 GHz Edition(CCCデフォルト設定)
 Catalystバージョン12.8
 DDR3 2GBx4枚
 HDDとSSD 1台ずつ
 アイドル時:71W

・BIOHAZARD5ベンチマークテストB

バイオハザード5ベンチ

 アベレージ:93.7fps
 評価:S
 消費電力:180W

・FFXIVベンチマーク(LOW)

FFXIVベンチ

 スコア:4192
 ただし、場面が大きく変わるたびにカクつく
 消費電力:150~200Wうろうろ
 
・StreetFighterIVベンチマーク(垂直同期のみOFF)

SFIVベンチ

 スコア:30192
 アベレージ304fps
 ベンチマーク最高設定にしても140fps超える
 消費電力:130W(負荷がかかるところだけ180W)
 
・ゆめりあベンチマーク(1024x768・画質最高設定)

ゆめりあベンチ

 すこあ:113016
 消費電力:150~180W

 以上から、このあたりのDirectX9ベースのゲームを動かすには申し分ない(というか力が有り余っている)、消費電力はだいたい180W付近に収まっていることがわかります。FFXIVベンチはCPUの消費電力が上乗せされて200Wになっているのかもしれません。

・XPではZeroCore Powerは効かない。

 モニターの電源が落ちると1W下がるだけでした。


☆ここからWindows7で動かしてみた

 これだけではあまりにさびしいので、HD7770の最新技術を楽しめるようWindows7を使ってみました。上述のPCにWindows7起動用HDDを取り付けたもの、アイドル時79W。

・LuxMark v2.0

 OpenCLベンチマークです。120秒間でどれだけレイトレーシングできるか、そこからスコアを導き出しています。GPU単体でのスコアが良く、CPU+GPUだとなぜかスコアが悪くなりました。ちなみにCPU単体だとさらに低いスコアが出ます。

LuxMark.jpg

 LuxBall HDR OpenCL GPUs:5760
 LuxBall HDR OpenCL CPUs+GPUs:3257

・ratGPU

 これもOpenCLベンチマークです。LuxMarkとは逆に、レイトレーシングにどれだけ時間がかかったかを計測します。これまたGPU単体が速いです。CPUを併用するとGPU単体の9倍近く時間がかかってしまいました。何か設定を誤っているのでしょうか。CPU単体はあまりに時間がかかったため途中でやめてしまいました。

ratGPU.jpg

 GPU単体 Benchmark result:96.89
 GPU+CPU Benchmark result:820.47

・N体シミュレーション(N-Body)

 OpenCLベンチマーク。起動するとGPU性能をFLOPS単位で表示してくれます。

N-Body.jpg

 おおむね580GFLOPS

 勉強会の資料ではHD7770は1.28TFLOPSとあるので、このベンチマークとは評価の仕方が違うのかもしれません。

 そういえば、HD7950(3.7TFLOPS)が10枚あれば地球シミュレータ(37TFLOPS)に並ぶという勉強会での話を思い出しました。もちろんそんな単純な比較はできないとの断りもありましたが。世界の有名どころのスーパーコンピューター計算性能との比較がベンチマーク結果にでると目標になって面白くなるかもしれませんね。

 いずれのベンチマークもあまり動きがなく退屈で、繰り返し試したいとは思わない内容でした。ratGPUの結果から、レイトレーシングにGPUはとても効くというのはよくわかりました。素人考えではGPU単体よりCPUを併用したほうが速くなりそうな気がするのですが、LuxMarkとratGPUの結果から、そういうわけでもないということもわかりました。ただこれは私の側で何か間違ってるような気もします。

・目を引く・華のあるベンチマークが欲しいところ

 以上のOpenCLベンチマークを見るに、末端ユーザーレベルでOpenCLによるGPGPUの恩恵にあずかれるのはまだ先、現時点では特定専門分野でのみ活かされる技術なのかなという印象を持ちました。末端ユーザーをOpenCL!GPGPU!と興奮させるには、効果がわかりやすいベンチマークソフトが必要だと思いました。自分で何一つ開発できないくせに偉そうなこと言って申し訳ありませんが、もう少し遊びが欲しいとも思います。その意味ではゲームのベンチマークは本当にわかりやすいです。

・HD7770単体のピーク消費電力は80W程度

 OpenCLベンチマーク中の消費電力はいずれも150W前後でした。PCのアイドル時消費電力が79Wなので、その差70~80W程度がHD7770の消費電力なのだろうと推測できます。

・Windows7上でZeroCore Powerの効果9W減を確認

 モニターの電源が落ちると69Wにまで下がります。アイドル時79W、モニターが切れるだけで1W下がることから、ZeroCore Powerによる効果は差し引き9Wとなります。

・HD7770単体ではアイドル時わずか13W!?

 ZeroCore Power時の消費電力は3Wという話ですから、HD7770はアイドル時で13W程度しか使っていない計算になります。これはこれで相当すごいような。モニターが使えない状態であれば使える状態よりさらに10Wも低くなるよ!と宣伝するより、モニターが使える状態でも負荷をかけなければたったの13Wだよ!と宣伝するほうが大きなアピールになるのではないでしょうか。ほとんどの人にとって、モニターが使えない≒使わないPC、それならPCの電源を切っとおけばという話ですからね。

 以上から、補助電源が必要とはいえ消費電力はそれほど高くないことがわかります。これだけの性能を持ちながらもアイドル時の消費電力はわずか13Wしかないのはとても良いです。


 最後となりますが、次の記事で今回頂いたHD7770についての簡単なレビューをしたいと思います。つづく。

Radeon勉強会HD7770体験レポート その3

Radeon勉強会HD7770体験レポート その1
■はじめに

 『AMDのグラフィックカード「Radeonシリーズ」について学ぶブロガー勉強会』に参加して、お土産にRadeon HD7770 GHz Editionを頂きました。この記事はそのHD7770を実際に使ってみての体験レポートとなります。

■HD7XXXシリーズの最新技術はWindowsXPでは使えない

 いきなり不穏な発言をしていますが、今回手にしたHD7770を色々と試した上での私なりの結論です。HD7770は明らかにXP向きではありません。XP用のグラフィックドライバはあるのでXPで使えないわけではないのですが、XP用のOpenCLドライバはなく、ZeroCore Powerも効きません。一般的なベンチマークは一通り動くものの、実ゲームでは動かないものもあります。具体的には、ファンタジーアースゼロなどはタイトル画面が崩れてそこでフリーズしてしまいます(OSは巻き込まれませんが)。以上から、HD7770はXPでもとりあえず動くものの、その最新技術を利用することはできない、そして動かないゲームもあることがわかりました。

・XP向けRadeon用OpenCLドライバはない


 特に、Radeon勉強会でアピールされていたOpenCLが動かないというのは意外でした。DirectX11以降でないと対応できないということなのでしょうか。しかしXPは2014年4月までマイクロソフトのサポート対象にあり、シェアは下落傾向にあるとはいえ未だWindows7と大差ないようです。(例えば、2012年8月調査のデスクトップOSのシェアに関する結果についての記事)

 これだけシェアのあるOSを無視してOpenCLの優位性を唱えられても・・・、というのが正直な感想です。AdobeがPhotoshopでのCUDAサポートをやめ、OpenCLサポートに舵を取ったという勉強会での話も、この事実の前に霞んでしまいました。

・説明不足が誤解を生んでいる

 この件に関しては、このような重大な事実があまり周知されていないのではないか、AMDからの説明が不足しているのではないか、そういった疑問を感じました。私自身実際に使ってみて、あれ?もしかしてXPでは機能しない?とそこで初めて気がついたくらいです。

 今回手にしたSAPPHIRE製HD7770のパッケージにはXPサポートと間違いなく書かれています。しかしAMD公式サイトのRadeon HD 7770 GHz Editionのシステム条件に以下の驚くべき記述があります。

"Windows Vistaもしくは Windows 7 オペレーティング・システムの64ビットOSを推奨。Windows XPはサポートしていません。詳細はこちらをご参照ください。: http://support.amd.com/us/kbarticles/Pages/hd7900seriesxpsupport.aspx"

 さらにリンク先では、2001年リリースのXPは最新機能とは相容れない、Vista以降のWindowsで動くようデザインされている、と説明されています。つまり、パッケージではXPもサポートしていると言い、その一方で公式サイトでは最新技術はXPではサポートしないと言っているわけです。このあたりが大きな誤解を生む原因になっていると思います。XPサポートをうたう最新グラフィックカードを買ってきて、いざ取り付けてみたらその最新技術が使えなかった、これではユーザーも困ってしまうでしょう。勉強会での質問で、Radeonのドライバの出来の悪さについて参加者から指摘されていましたが、こういった誤解から評価が損なわれている面も大きいのではないかと思いました。


 少々辛気臭い内容になってしまいましたが、次の記事では具体的にベンチマークを走らせてみた結果をまとめます。当然ながらHD7770の性能は十分すぎるほどあります。

Radeon勉強会HD7770体験レポート その2

800ポイント加算された
 先日のマクロミル800ポイントアンケートの分が加算されて1000ポイント越え。あんなアンケート内容で本当に830円なんですねぇ(即時30ポイント+後日800ポイント)。大盤振る舞い過ぎです。

 振り込み依頼は月末締めなのでさっさと申し込んでおきました。つまり今月はマクロミルで1500円も稼げた計算です。ただ、ここまで続いていた毎月500ポイント達成はこれで途切れそうです。来月は9ポイントからのスタートなので、さすがに無理でしょう。(26日をさかいにアンケートの数ががくっと減りましたし)

マスキングをはがして
コスモタイガーII修正前

 マスキングテープをはがしてこんな感じに。肩の黒のはみ出しは、マスキングした状態でにじみ出ていったのが見えていたので納得ずくですが、それとは別にマスキング自体が凹モールドの外側に微妙にずれてしまっていたようで、手直しの手間が大幅に増えてしまいました。今度は黒い部分をマスキングしてはみ出しを削り、そして塗りなおし。本体後方のグレーはほぼ全部塗りなおすことになりそうです。

 検討の結果、キャノピー部分は細かい塗り分けせずにまず色を塗り、はみ出した部分を本体色のグレーで修正することにしました。細かいマスキングは埒が明かないというか、どうせにじみ出るので無意味だと思うので。ともかく次回の記事では色が乗ってるはずです。

 垂直尾翼は色味確認のため接着せずに置いてあるだけです。でも尾翼を置くと途端完成に近づいたように見えますね。全体の色味も今のところはイメージの範囲にあり上手くいっています(オレンジ明るすぎな気もしなくもありませんが)。しかし余り時間がないので今月中の完成は無理そうです。

話が違う
 HD7770導入にあわせて新しくXPをインストールしなおし、環境もだいぶ整ってきました。ファンタジーアースが遊べない以外はほとんど気にならないところまできたと思います。普段使いではHD4670時代と何も変わりません。消費電力も同じくらい、数ワット高い?くらいです(HDD+SSD計4台積んでアイドル85W程度)。ただ、ベンチマークを走らせると明らかに高くなります。200W超えてきます。HD4670だと同条件で200W超えはなかったような気がします。まあこのあたりもデータを取った上で体験記事にまとめたいと思います。

 勉強会で担当の方が特に推していたOpenCLですが、実はRadeonのXP向けドライバがありません。検索してみると、2001年リリースのXPに最新技術を合わせてられないとAMD自ら明言しています。えぇー?そもそもOpenCLって環境に依存しない開発環境というのがウリだったのでは??それなのに型落ちとはいえ現行OSを切り捨てるっていったい。ちなみにNVIDIAはXPにもOpenCLを対応させているみたいです。なんだか勉強会のときの話とは違ってきたような・・・。

 やはりWindows7をメインにするしかないのかな。Windows8に合わせて移行しようかな。どうしようかな。

ドライバ問題で悩まされ中
 Radeon HD7000番台、XPではファンタジーアースが遊べません。どうやらドライバに問題があるみたいです。Windows7のほうは問題ありません。しかしXPでは起動直後のタイトル画面で表示が崩れて停止してしまうのです。Windowsは巻き込まれないのでALT+F4で抜け出すことは可能ですが。

 WindowsXPを新規インストールしてみると、CCCは問題なくインストール・起動できました。CCCのセットアップの中にNET Framework2.0があるので、それに任せたのが良かったようです。そうか、WindowsUpdateからアップデートしないで、CCCに任せてみれば先のXP環境でもインストールできたのかも。バックアップしてあるのでリストアして試してみようと思います。(追記:ダメでした。考えが甘すぎでした)

 Windows7でなぜか設定できなかったところもちゃんと設定できますし、すこぶる調子良いです。しかしファンタジーアースが起動できないのではグラフィックボードを新調した意味なさすぎ・・・。それでも、Windows7よりXPのほうが使いやすいので、XPでいこうかなと思っています。イベントあるときだけWindows7使って遊ぶ手もありますしね・・・。

 しかし、うーん。この問題はHD7000番台が登場した当初からのものなので、修正される可能性は非常に低そうな気がします。体験記事でどう書こうか、困ったな。こき下ろすような内容になってしまいそうです。ちなみに各種ベンチマークではまったくおかしなところはありませんよ。

CCC起動せず
 HD7770、苦戦しています。普段使っているWindowsXPのPCで使いたかったのですが、どうやってもCatalyst Control Center(CCC)を起動させることができません。ドライバそのものはインストールできるので、HD7770は動くには動いているのですが・・・(細かい設定が何一つ出来ないということです)。CCCはNET Framework 2.0に依存しているようなので、いったんNET Frameworkを削除、そして改めてアップデートをしてみて改善を狙ってみるもダメ。CCCが起動しないトラブルは珍しくないようで、検索するといくらでも出てくる問題です。私もまったく同じ状態です。上記のやり方で直った人もいるようですが、残念ながら私の環境では直りませんでした。とりあえず手元のXPでは使い物になりません。この点、近いうちにXPを新規インストールし直してみてどうなるか確認してみます。

 一方でWindows7にはインストールできました。しかしやはり問題があり、CCC内の項目で選択できないところがなぜかあるのです。これはこれで困りました。こちらはWindows7を新規インストールしてみてのことなので、CCC側の問題だろうと思います。

 勉強会でRadeonのドライバの出来について悪い意味で指摘されていたのは、こういう問題に真正面から向き合わなかったゆえの当然の結果なのかもしれません。インストール時にCCC側でセルフテストして問題点を洗い出してくれると助かるのですが。

今度は動いたHD7770!
 初期不良と思しきHD7770に代わる新たなHD7770が届きました。今回はサファイア製のHD7770 GHzEdition VAPOR-Xでした。これも動かなかったらどうしようかなと少し不安もありましたが、そんなことはまったくなくあっさり起動。今まではなんだったの・・・って感じです。やっぱり最初のは文句なしに不良品だったようです。

サファイア製HD7770

 ただ予めダウンロードしておいた諸々のインストーラーからなぜかINFが見つからないと指摘されドライバが当たらず、手動でインストールすることになりました。もちろんそれでも何も問題はありません。

 今まで使っていたHD4670よりほんのわずかにフォントが細くなってしまいました。良く言えばシャープに、悪く言えば貧弱に。アンチエイリアスのかかり具合が違うのかもしれません。違和感はほとんどありません(でもすぐ気づいた)。

 適当にベンチマークを走らせてみるとさすがにHD4670よりはるかに速いです。当たり前か。あとこのサファイア製のものは結構静かです。ベンチマーク中でもまったくうるさくなりませんでした。起動時に2秒ほど全力回転?するみたいで、そこでのみ気になる程度です。(でも手持ちのHD4670のほうが静かです。ファンの数が違うのでそれで当たり前だと思います)

 詳しくは後日。お土産を受け取った代わりにHD7770体験記事を書く必要があるので、そこで取り上げたいと思います。

 ああそういえば、初期不良と同じメーカー・型番のものなら正常品からBIOS抜き出して不良品へ上書きして修復できないかなと目論んだのですが、まったく違うものになったので、それは無理そうですね・・・。そのまま捨てるか。

コスモタイガーII塗装中
コスモタイガーII塗装中

 コスモタイガーII、垂直尾翼以外は大まかに塗りあがってます。垂直尾翼は塗膜がぼってりしてきたのでいったん剥がして塗りなおしているところです。

 本体肩の部分の色が良くわからなかったので黒にしてしまいました。劇中では黒だったりグレーが混じったりと判別できません。箱絵ではキャノピーと同じ半透明色っぽいのですが・・・。そもそもここがなんであるのか、それがわからないので適当に塗るしかありません。とりあえずマスキングの隙間からその黒が流れ出してしまったので修正する必要があります。マスキングテープが重なるところにどうしても隙間が出来てしまい、そこからつたってしまうんですよねえ。これを防ぐ手立てを編み出さないといつまでたっても無駄な作業に追われてしまいます。

 オレンジ色は結局赤+黄-白の自作オレンジ色を使いました(さらに蛍光レッドを混ぜました)。ヨドバシ.comで黄橙色を買ってみたのですが、カラーサンプルとあまりに違う色で今回は使えません。橙色というより黄色寄りですねこれ。発送中の扱いが雑なのか、中身は撹拌されまくっていました。一緒にバープルとタミヤアクリルのゴールドリーフも買いました。アクリルのゴールドリーフがネームプレートに合うのではないかと期待しています。顔料だけ欲しいので、しばらく放置して沈殿待ちです。

 オレンジ色の塗り分けは例によって境目の段差が酷いです。写真の機体向かって左側のタンクのオレンジ色にも段差があるのが確認できると思います。マスキングテープの厚み分段差になってしまうのです。最初は綿棒で擦って慣らしてみるも効果薄。以前検索で見かけた、エナメル溶剤で慣らすと良いという情報を試してみると、なるほど若干効果があります。エナメル溶剤でもわずかにラッカーの塗膜を溶かせるみたいです。写真右側にあるミサイルのオレンジ色の段差はこれでほとんど気にならないレベルになりました。しかしタンクのほうは段差が大きすぎて修正しきれませんでした。なおこの方法は塗膜を溶かすことになるので、せっかくびしっと塗り分けたラインが荒れてしまう可能性があります。試すなら修正しやすい部分でしてください。即溶けてしまうことはないのでそんな大事にはなりえませんけどね。

 あとはキャノピー部分だけです。まあここが一番塗り分けが難しいのですが・・・。塗り分けは無視してまず全体を塗って、本体色のグレーで塗り分けをしたほうが楽かも?

 頑張って今月中の完成を目指します。よほどのミスをしなければぎりぎりいけそうな気がします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.