塗り分け
マスキング

 デスラー艦のマスキング失敗を反省するため、ヤマトの塗り分けラインのマスキングをしてみるとこちらは綺麗に出来ました。こちらも凸モールドをまたぐ形になるのでどうかなと心配したものの、まったくの杞憂でした。テープをはがすときに塗膜を巻き込むこともなく、本体横ライン一周、綺麗な直線になりました。ま、ここから赤を塗るのにまたマスキングするので、今回の黒塗りマスキングには意味はなかったわけですが、練習としての意味は大きかったです。

 ヤマトは赤を塗って、細かいところを調整すればとりあえず完成、かも。台座のネーム入れが残っていますが、ヤマトが一番最初になりそうです。超巨大戦艦とデスラー艦にあれだけ時間掛けたのに、結局ヤマトか。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.