平筆が売れ切れていた
 ヤマトの赤と白色彗星帝国軍の緑を塗る用に平筆を買いにヨドバシカメラに行ってきたのですが・・・。夏休みだからか欲しかった筆が並んでない!とほほ。5本くらい買おうと思っていたのに1本もありませんでした。90円くらいのふつーの筆ですよ。以前筆を買ったときには沢山並んでたのに。しかたがないのでただ1本残っていたタミヤのNO.3の平筆と、欲しかった筆が含まれている万年社の特選セットの筆を買ってきました。本当はこの万年社セットの中にある一番大きい平筆だけ、バラで欲しかったのです。タミヤのNO.3のものより適度に幅広で、それでいて厚みがなく、塗料の含み具合がちょうどよくとても使いやすい筆です。タミヤのものでも別に不満ありませんけどね。しかしここまでの経験では万年社のほうが塗りやすいと感じます(タミヤのは筆に厚みがある分塗料を含みすぎるのがちょっと)。この万年社のセット筆は実売価格で300円以下と面相筆も欲しければかなりお買い得ではありますが、やはり塗る色の数だけバラで欲しいです。

筆を買ってきた

 先月末の新ヤマトのキットの発売に合わせて旧ヤマトシリーズのキットも再販されていました。メカコレもありました。超巨大戦艦があればまず押さえておきたかったのですが売り切れ。艦底にある超巨大砲(勝手に命名)がむき出しになったバージョンを作る用にひとつ欲しかったのです。ま、ないものはないでどうしようもありません。その他結構残っていた中で大戦艦とコスモタイガーIIを買っておきました。大戦艦はすでにストックが1つありますが、いつかすべて作ってずらずらっと並べようと妄想しています。コスモタイガーIIも記事にしてないだけで実は作ったことがあります。甥っ子が遊びに来たときに時間つぶしに作らせて持ちかえらせました。大喜びでした。戦艦系にあるような細かいパーツはほとんどなく、小さな子でもとても作りやすいです。塗装するにしても簡単ですし結構おすすめです。ただしゲート跡の処理は必須で、これを怠るとパーツがきれいに収まりません。そこは大人が手伝ってあげると良いでしょう。

 意外にもメカコレのヤマトとアンドロメダはかなり余っていました。どちらも素晴らしい出来なのに。特にアンドロメダはデザインはもとよりボリュームも申し分なく、200円とは思えないクオリティです。満足度は非常に高いと思います。コスモタイガーIIと同じく塗装も難しくありませんしね。欲しい人はもうみんな持ってるから逆に売れない、ということでしょうか。他の地球防衛軍のものは護衛艦と巡洋艦がひとつずつ残ってたくらいで他は全て売れてしまっていました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.