今年はギフト券よく当たる
 VISAギフト券1000円分が当たりました。リクルートの看護師転職キャンペーンとして募集されていた、これまで出会った看護師さんについてのハートウォーミングな体験談を投稿をしたところ当選しました。私が投稿した内容は正直これのどこが心温まるのか・・・という、弾かれても文句は言えないようなものです。ただ、弾かれさえしなければ、当選数からすると当たるだろうとも思っていました。もっとも募集は数ヶ月前の話で、連絡頂くまで完全に忘れていましたけどね。

 今年は一昨年のPS3や去年のウォークマンのような大物当選はいまだありませんけど、Yahoo!ポイントやJCB・VISAギフト券が数回当たっています。金額だけでみるとウォークマン分は軽く超えました。やったね。

戦国IXAコラボ
 戦国IXAコラボレーションということで、特定の戦国武将の陣営に就いて功績を挙げるとちょっとしたアイテムが貰えるイベントが行われています。正直たいしたものは貰えないのでどうでもいいのですが、とりあえず真ん中にいた武田信玄を選びました。称号"甲斐の虎"がつきました。

 織田信長の下に就く人がほとんどで、8割方が木瓜の家紋をつけています。残りが他の武将ばらばらで分け合っている感じで、その中でも武田信玄は少数派みたいです。

 途中参加でもそこまでの参戦回数が加算されているので損はありません。参加しておくとよいと思います。

塗り分け
マスキング

 デスラー艦のマスキング失敗を反省するため、ヤマトの塗り分けラインのマスキングをしてみるとこちらは綺麗に出来ました。こちらも凸モールドをまたぐ形になるのでどうかなと心配したものの、まったくの杞憂でした。テープをはがすときに塗膜を巻き込むこともなく、本体横ライン一周、綺麗な直線になりました。ま、ここから赤を塗るのにまたマスキングするので、今回の黒塗りマスキングには意味はなかったわけですが、練習としての意味は大きかったです。

 ヤマトは赤を塗って、細かいところを調整すればとりあえず完成、かも。台座のネーム入れが残っていますが、ヤマトが一番最初になりそうです。超巨大戦艦とデスラー艦にあれだけ時間掛けたのに、結局ヤマトか。

4ヶ月連続500円
 マクロミル今月も500円貯まりました。4ヶ月連続です。珍しい、というか初めて。特別な本アンケートはなかったので、やってれば誰でも500円貯まっていたと思います。

 gooリサーチから事業譲渡という連絡メールがありました。ああおわっちゃうのかと思いきや、単に系列内での統合でした。これからどうなるかはわかりませんが、なくならないことを期待したいと思います。gooリサーチはマクロミルほどではないにしろ結構良いですからね。

 アンとケイトはまったくこなくなりました。昨年9月以降では12月に一度だけアンケートがあっただけ。つまり今年になってからはなし。いつのまにかポイントのギフト券との交換もなくなってますし、サイトトップでサービス停止について言及しているので、どうやらここは終了しそうな気配です。去年の8月までは調子良かったのに、突然停滞してどうしたのかなぁと思っていました。330円貯まってるのにもったいない・・・。まあいいですけど。

 どこか別のアンケートサイトに手を出してみようかな。まともなところでどこか良いところないかな。

任務戦5回終えた
 任務戦がなかなか起きなくて困りました。イベントでもこの扱い、どこまで嫌われてるのやら。それでも何とか5戦してきました。いまさらですが、なんとくシステムがわかってきました。

 まず、任務戦に最初から参加するには指令書を受け取らなければなりません。たいていの場合、通常戦を終えたところでまれに指令書が飛んできます。ここで承諾し、承諾した人の数がある程度以上あると任務戦が始まるようです。ただ、具体的に何人あるいは何割の承諾があれば始まるのかは不明です。指令書はログイン直後に飛んでくる場合もあるので、必ずしも通常戦が必要なわけでもないようです。進言したしないも関係ありません。

 指令書を受け取らなくても途中参加の空きがあれば参加可能です。しかし参加権限がないからと言われてしまい参加できない場合もあります。参加権限がいったいなんであるのかの説明はありませんが、これはおそらく指令書を受け、承諾したことを指すのでしょう。つまり、途中参加する場合であるにもかかわらず権限を求められるのは単純に不具合のような気がします。サーバー側の情報更新が遅れたため、すでに開始された任務戦であるにもかかわらず途中参加扱いされない、ということなのだと推測します。参加権限がないからと弾かれたにもかかわらず、少し待つと入れたりするのはおそらくそのためなのではないでしょうか。


 任務戦はルールを理解していないと話になりません。にもかかわらずでたらめに動いている人がものすごく多いです。まあこれは仕方のないことですが・・・。そこで、各任務戦について簡単に触れておきます。

・資源争奪戦
クリスタルを多く集めたほうの勝ちです。クリスタルは掘るだけでなく、クリスタルを所持している人に攻撃を与えるとその一部を奪える仕様です。つまり、クリスタルを集めるのが目的なわけですから、クリスタルを持っている人はそれを奪われないよう前線に出るべきではありません。ここはみんなで声を掛け合って、クリスタルを所持する人、奪ってくる人の役割分担を明確にする必要があります。

・資源輸送隊護衛
これは防衛側が圧倒的に有利で、相当な戦力差がないと攻撃側は勝てません。城前のキャリアーが守りやすく簡単には破壊できないからです。一方の防衛側は西のキャリアーは捨て、城前とそのすぐ東にあるキャリアーふたつの守りに専念すればそれで十分です。敵が北に逃げても釣られないように。防衛側はキャリアーの周りにスカフォードを建てまくって敵歩兵の連携を妨げるとよいです。セスタスはそのスカフォードの修復に専念しましょう。キャリアーは修復できません。

攻撃側は開幕から速攻で全員で城前キャリアーにゾンビアタック(デッド前提でとにかくダメージを与える)を仕掛ければ、勝てる可能性もなくはないです。早々に城前キャリアーさえ破壊できれば防衛側は西キャリアーを無視できなくなるので、そこに隙が生まれるからです。簡単に破壊できるからと西キャリアーを最初に破壊するのは防衛側の城前の守りを強固にするだけなので上手くないと思います。

・敵偵察部隊殲滅戦・濃霧戦
ほぼ純粋な歩兵戦です。1デッドの拠点ダメージがとんでもなく大きいので、オベリスクを狙う必要ありませんし守る必要もありません。律儀に守りにいって返り討ちにあうと自軍にとって大損なので注意。領域を取る必要もありません。

濃霧線のマップは中央の小高い丘のところに霧がかかっておらず、そこから霧の中で戦っている敵味方の歩兵の姿が丸見えなので、ここを制圧して敵歩兵の裏の上から奇襲をかけると非常に有利に戦うことができます。

・防衛ライン攻防戦
ほぼ領域ダメージのみで勝負が決まります。デッドダメージはわずかにあるようですが、オベリスク破壊ダメージはまったくありません。領域ダメージしかない、破壊ダメージはない、つまり、敵オベリスクを破壊した先から自軍オベリスクをどんどん伸ばして領域を確保するのが正しい戦術です。裏からではなく前へ前へと伸ばしていきましょう。すぐ折られる位置でもどんどん建ててかまいません。かまいませんというか、建てたほうが勝ちやすいです。そうやって自軍の領域を伸ばし、相手に領域を取らせない、そういう展開に持っていきます。もちろん裏の領域確保も忘れずに。

どんなに敵オベリスクを破壊しても、自軍オベリスクを建てて領域を取らないと大差で負けます。領域ダメージで勝敗が決するので、実質的に中盤で勝負がつくことが多いです。大ダメージ要素がないため、ある程度差がつくと逆転できないのです。

追記:逆転の要素がなさすぎたことに開発も気づいたのか、デッドダメージが大きくされました。歩兵戦を優位に運んだほうの勝ちです。特徴が薄れてつまらなくなったような・・・。

・補給拠点確保戦
比較的通常戦に近い任務戦です。領域ダメージも歩兵デッドダメージも建築物破壊ダメージもすべてあります。とりあえず敵トライリスを破壊し自軍トライリスを守るのを当面の目的に動きます。ここは召喚が使えるので、開幕即クリスタルを掘ってクラフトを建て、ジャイアント2体だして敵トライリスを速攻で破壊すべきです。それで差がつきます。しかしトライリスを破壊したからといって必ず勝ちというわけでもないので注意が必要です。逆に、自軍トライリスを破壊されても諦める必要はありません。領域勝ちキル勝ちで押し切って勝つことも可能です。

中央を横に隔てる壁はどちらも中央側から越えられるので、敵を左右に釣った状態から中央縦断ファイナルバーストが狙えます。壁を越えた時点で無傷ならほぼ決まりでしょう。

追記:どうやらトライリス破壊ダメージが減らされたみたいで、破壊されても大して痛くありません。トライリスを放置してでも歩兵戦重視でキルを稼いでいればそれで勝てます。

・城門戦
攻撃側は防衛側に北西を抜けられ外周沿いのオベリスクを折られまくるのを避けなければなりません。これをやられるとたいてい負けます。しかしこれさえなければ攻撃側のほうが勝ちやすい気がします。攻撃側は北と中央攻めに専念し、南東の壁には手をつけず、あえて行き来できないようにして南東の領域を完全に確保しておいたほうが良いです。壊した結果、逆に南東への進入を許してしまい、ここで負けが決してしまうのを見かけます。

防衛側は中央を抑えつつ北西を狙う、北西へ抜けたら坂は下らずに反時計回りに外周沿いにオベリスクを狙いましょう。そちらのほうが破壊できるオベリスクの数が多いです。ジャイアントの砲撃で城壁から狙えそうなオベリスクがあればどんどん破壊しましょう。もし攻撃側のナイトが少なければ、キマイラを出して城壁から飛び降りてすぐのファイナルバーストが狙えます。

・砦戦
攻撃側の当面の狙いは中央のアーチゲート、この一点です。ここを破壊すると防衛側の死に戻りが城前にまで下がることになり、攻撃側の前線が一気に押し上がります。そして攻撃側クリスタル3に対し防衛側は1、つまり召喚戦に持っていけば相手のクリスタルは早々に枯れるため非常に有利となることを頭に入れておきます。

中央のアーチゲートが上に上がってる場合、G4のゲート上からジャイアントの砲撃で中央ゲートが狙えます(射程的には下がっているゲートにも届くのだが、高低差のせいで狙うのが非常に難しい)。ナイトを揃えてからジャイアント3で狙いましょう。先行ジャイはダメ。たとえゲートが破壊できなくても敵ナイトを倒すことでクリスタルを枯れさせるところに意味があるので、必ずナイトを揃えてから出すようにします。なお、クラフトはふたつ建てられます。ひとつはどこでもかまいませんが、もうひとつは必ず内周からジャイアントを出せる位置に建てましょう。

歩兵は西と南東のゲートを挟んで足踏みさせられると思いますが、無理に突破する必要はありません。敵アロータワーさえなければチャリオットを次々だして中央ゲート前に直接歩兵を運ぶことができるからです。チャリオットを有効活用しましょう。それができるよう崖上内周側の領域を取り、アロータワーを建てさせないよう迅速な領域確保が求められます。つまり、中央ゲートが下りていればチャリオットで運んだ歩兵でゲートを叩き、上がっていればジャイアントで砲撃、というように動くべきです。この点、チャリオットにのらないで歩兵戦に夢中の人が非常に多くて困ります。圧倒的に押しているならともかく、ゲートを挟んで一進一退の歩兵戦を続けるのは攻撃側の敗北フラグです。負けです。

防衛側がゲートを越えて多勢で押し込んできた場合、無理に押し返さずに逆方面に注力して中央を目指します。とにかく早々に中央ゲートさえ破壊できれば攻撃側はほぼ勝ちなのです。逆に言うと、防衛側は押し込んで敵城前で遊んでいると肝心なところを対処できず負けが確定します。

この砦戦、とりあえず攻撃側が負け続けた場合、最終戦でのオベリスク破壊ダメージがどかんと大きくなる(最初からアラート3)ので、歩兵互角であれば攻撃側が楽勝できるようになっています。

マスキング失敗!
マスキングミス

 デスラー艦本体に赤色を入れようと思い、まずは下地にピンク色をのせてみたのですが・・・。丁寧にマスキングしたのにはみ出てしまいました。泣けてきます。単純な四角い凹モールドだったので油断しました。どうやらそのモールドの四隅にさらに微細な凹モールドが飛び出していて、それに沿って漏れ出てしまったみたいです。これなら普通にフリーハンドで塗ればよかったな。はぁ。逆に複雑な扇型のモールドは考えていたより綺麗に塗れました。

 これらの部分はさらにエナメルの黒で線を入れたかったため、あえてラッカーのピンク色(赤+白)を使いました。しかし塗りミスのリスクを考えるとエナメルのピンクで塗って、その上から同じエナメルの黒を使うべきだったのではないかと反省しています。これならミスしても本体のブルーは侵食されず、修正する手間も少なかったからです。判断ミスしたかも。今回ミスにより、部分的ではありますが、またブルーの塗り直しです。

 あと、お尻の部分の濃い青をのせるのに未だに苦労しています。ムラが出来たりホコリが混入してしまったりとなかなか綺麗に塗れません。たいした面積でもないので少ししか塗料を調合せず、残りがちょっとピンチです。同じ色のデスラー砲の部分は綺麗に塗れました。

 そしてヤマト。ヤマトは本体側面の黒をいったん剥がしました。やはりムラが酷くなったからです。ホコリ混入→やすりがけして取る→塗りなおし→そこがムラになる、でどうしようもなくなりました。もちろんワンタッチで綺麗に直せることもあります。しかしそうでないことも多く、まあ妥協する必要はないので、面倒でも最初から塗りなおします。しかしこうやってみると、明るいブルーグレーも赤が映えて結構良いですね。

 とにかくホコリ混入に非常に悩まされています。別に部屋がホコリっぽいというわけでもないのですが・・・。パレットには二重の蓋がありますし、薄め液は小出しにしていますし、筆も袋に入れていますし、かなり気を使っているのに。

 今月中3体完成どころか1体も怪しくなってきました。デスラー艦の後退が痛いです。

任務戦5回は結構厳しいと思う
 ファンタジーアースゼロこの夏最後のイベント?任務戦5回参加すると経験値5倍書2冊!が貰えます。これはぜひとも欲しいです。でも、1週間で5回って、かなり大変なような・・・。任務戦って全然起きませんからね。まあとにかく1キャラだけでも5回到達できるよう狙っていきたいと思います。

赤色も難しい
赤難しい

 ヤマトは赤を塗ったら一気に完成に近づきそうだと思ったので、試しに赤を塗ってみたのですが・・・。色がのりません。GXハーマンレッドにヤマト本体に使ってる黒系の色を微量混ぜたものを使ってみたところ、隠ぺい力がどうこう以前にプラ表面で塗料が弾かれてしまっているみたいです。塗ってるとなんだか血のりに見えてきます。

 それに赤が暗くなりすぎたのも失敗。下地の色がここまで影響するとは思いませんでした。そもそもハーマンレッドが赤というよりも朱に見えるのがおかしいような。赤を塗るのは難しいですね。デスラー艦もどうしようかな。あっちは青地に赤を塗るわけですから、まともな赤色になるわけがないでしょう。

 マスキングする前に試してみてよかったです。これはもう少し試行錯誤が必要そう。

ヤマトも塗装中
 先日ヤマト用に調合したよくわからない色(ミッドナイトブルーに青と黒混ぜたもの)に、さらに黒と青を足してそれなりに満足行く色を得ることが出来ました。さらば~の劇中後半の黒っぽいヤマトの雰囲気に近づいたような気がします。つや消し添加剤たくさんいれたのにテカテカなのがなんですが。

黒ヤマト


 塗装してみると艦橋および甲板の合わせ目の処理はとても綺麗に出来ていて修正ポイントはなし。艦橋部分は複雑なパーツ割りで、パテで埋めたところも上手くいってるように見えなかったので、これは予想外でした。しかし上手くいったように見えていた本体側面後方のパテの削り跡が目立つので、そこは手を入れなおします。

 ヤマトは黒塗って赤塗るだけです。なので思ったより速く塗りあがるかもしれません。でも黒と赤を綺麗に塗りわけられるのかという問題があります。

 今月中に3体は無理でも2体くらい塗りあがらないかな。ちなみにデスラー艦も濃すぎたデスラー砲の色を塗りなおしている最中で、完成は遠くないです。

倉庫開放すれば良いのに
 グランドファンタジアにログインするとゴッドチャーム(どんな製造も100%成功させるアイテム)を配布する特別企画やるよというメールがきたので久しぶりにログインしてみました。

 でもねぇ・・・。アイテムモールインベントリが詰まりすぎていて新規獲得アイテムが見えません。見えたとしてもそもそも荷物欄の空きがないので受け取れません。私は以前から指摘していますが、この点をなんとかしないとどんな企画をしても、復帰したくてもできない人ばかりでしょう。

 有料アイテム360円で14マスのカバンが売られていますが、仮にこれを手持ち8マスカバン3つと置き換えてもたった18マス増、この程度ではインベントリのアイテムを受け取ったら埋まってしまいます(たぶん受け取りきれない)。一度期間限定でも良いので100マスくらいの倉庫を開放してみてはどうでしょう。そこでアイテムを整理させて、これなら遊べると感じさせれば、復帰する人も中にはでてくるのではないでしょうか。

 レベル50以降のレベリングの単調さの問題については、毎日のクエストイベントという形で経験値を稼ぎやすくして、ある程度は解消されているみたいです。なのでやはりアイテム欄の異様な狭さがこのゲームを続けるに当たっての大きな障害となっていると思うのですが・・・。

 しかし終わりそうで終わりませんねこのゲーム。未だに3サーバーで運営されています。ログインするとほとんど人はいませんが(街中で数人はみかけるが)、実際どのくらいの人が遊んでいるのでしょうか。私はもちろんまったく遊んでいません。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.