1000円ギフト券当たった
寒天ゼリー

 スーパーで買った寒天ゼリーの蓋に書いてあったオンラインアンケートに答えたらギフト券1000円分が当たりました。1000名に当選とあったので、当初は当たるかな?と少し期待していたものの、数ヶ月前のことなので忘れていました。

 アンケートの内容はごくごく簡単なもので、ようはゼリーの感想を書くだけだった記憶があります。キャッチコピーにとろける食感とあったのに対し、とろけるような感じはまったくない、これはただの寒天ゼリーだろう、でも美味しかったと書いておきました。100円でお釣りがくるゼリーを買って1000円の金券が貰えて、得しました。

 ただ、送られてきた封筒の表面に"ご当選おめでとうこざいます。"と印刷してあったのには驚きました。これはやめて欲しいです。盗みを誘発するだけです。そして普通郵便なので盗まれてもわかりません。

ビックカメラ.com使ってみた
 送料無料のこの機会にビックカメラ.comを利用してみました。16時間以内に出荷ということで確かにすぐ出荷されたものの、届いたのは注文の2日後でした(ようするに注文してから3日)。佐川急便でした。梱包は無地の茶色いダンボールにわら半紙を緩衝材にしたものが使われていました。商品そのものはぷちぷちでくるまれていました。ポイントは出荷確定時に加算されました。

 ビックカメラ.comの注文フォームはJavaScriptが多用されていて、NoScriptを使っている環境だとクレジットカードの認証で止まってしまいます。やりなおして多重注文になってしまうのではないかとひやひやしました。認証前にJavaScriptをオンにするよう指摘してくれるとよいのですが・・・。他のECサイトでもこのようなことは珍しくないものの、定番のAmazon.co.jpやセブンネットショッピング、そしてヨドバシ.comでは注文した側がつまづかないよう配慮されているので、ビックカメラ.comには修正の余地があります。

 家電量販店としてのライバルであるヨドバシ.comと比較すると、届くのは遅いが梱包はよりしっかりしている、そんな違いがあります。ヨドバシ.comの梱包は別に悪いわけではないので、どちらでも買えるものであればヨドバシ.comのほうが使いやすいと思いました。

アクセストレードレビュー記事削除依頼
 ここのところアクセストレードレビューの記事削除依頼というメールが沢山きてうっとうしいです。今まで参加した記事を削除して報告すると10円貰えるという案件なのですが、いったいこれはなんなのだろうか?と検索してみると、どうやらこれまでのSEO対策が裏目に出て、これからは検索エンジンからは迷惑記事として評価されるようになったらしく、アクセストレードが慌てて削除依頼を出しているようです。間抜けというか何というか・・・。アクセストレードレビューの案件で使われる記事は当時からまともな内容とは思えなかったので、正直これで当たり前だと思います。

 削除依頼がうっとうしいだけならまだしも、このアクセストレードレビューの記事を載せていたせいでブログがアカウントごと削除されてしまった例が出てきているそうです。ごく普通のブログとしてやってる中でこのアクセストレードレビューの記事を載せたばかりに削除されたとしたらあまりに可哀想ではありますが、あの記事内容に何も警戒しなかったのであれば、それはそれであまりに迂闊だろうとも思えます。

 私が使っていたのはSeesaaブログで、ここはいまだ消されることもなく警告もなく平穏無事です。しかしこれから続々と削除依頼がくることは明らかですし、放っておいてアカウントが削除されるリスクを負ったままにしておくのもなんですので、先回りして関連記事をすべて削除しておきました。捨てブログとはいえそれ以外の記事の投稿も積み重なって愛着も出てきているので、消されるには惜しいですから。ちなみに関連記事は100件ほどありました。すべて報告すれば1000円ほど貰えるのかな。先回りで削除したからダメかな。(注:削除依頼もないのに勝手に削除するのは本来まずいと思います。これを理由にアクセストレードから強制退会させられる可能性もあるかもしれません。私はそれでもかまわないので削除しました。)

Myアフィリエイト終了
 ASPのひとつMyアフィリエイトが今年の9月で終了するそうです。連絡がありました。なかなか使いどころがなく終了もやむをえないというか、NTTグループでなければとっくに終わってるだろうと前々から感じていたので、あまり驚きはありません。

 ECサイトはAmazon.co.jpと楽天があまりに強いので、ここの広告が扱えないASPは他に強みがないと生き残れないでしょう。Myアフィリエイトにはその強みが何もありませんでした。

すぐ届いた
 当選した5000円分ギフト券が届きました。簡易書留です。連絡して2日で手元にきましたから、とても迅速に処理していただけたようです。

ギフトカード

 欲を言えば5000円分1枚より1000円分5枚のほうが嬉しかったです。ギフト券は基本的にお釣りが出ないので、5000円分1枚を使うには5000円以上のものを買わないと損してしまいます。1000円分5枚であれば1000円のものから使えるので、使いやすいのです。ま、別にいいですけどね。

ゲームデータ転送システムとは
 アエリアゲームズ、最先端技術を駆使したゲームデータ転送システムの運用を開始!というメールがきたので何かと思いきや、まあジョークサイトのような、アエリアの運営するゲームのちょっとしたアイテムが貰えるサイトでした。

 貰えるアイテムはほぼ固定で、データ入力項目を色々試してみてもほとんど変わりません。入力内容はでたらめで問題ありません。ただ、YES・NOで答える項目はYESで答えたほうが貰えるアイテム数が多くなるようです。

 グランドファンタジアはもうプレイしなくなって久しく、今更やる気にもなれません。以前のアップデートの際にログインしてはみたもののすぐ止めてしまいました。それはなぜかというと、荷物欄が狭すぎて実質的に何もできなかったからです。そのときのアップデートでも荷物欄の狭さを改善する内容が含まれていたのですが、その改善策をもってしてもまったく意味がありませんでした。お金払ってランダムで当たる超レア鞄を揃えろってことなのでしょう。しかしそこまでして遊びたくありません。

Performing of Duty参加してきた
 今行われているファンタジーアースイベント、Performing of Dutyで3キャラ25ポイント貯めることができました。通常戦参加で1ポイントのところ任務戦なら3ポイント、勝てばさらに1ポイント、任務戦は10分くらいで終わるものもありますから、通常戦は無視していれば簡単に25ポイントいきます。でもポイントの計算が怪しくて、通常戦してきたところなのに1ポイント加算されてなかったり、25ポイント貯まったと思って確認しにいったら30ポイントになってたり、たぶんシステム側がおかしいです。

 任務戦がおきやすくなっていることもありクロニクルズの仕組みを理解する機会だと考え色々試しているのですが、やはり参加権限については意味が分かりません。ログインしてすぐ任務戦を確認して、例えば7戦場(すべて人数は埋まってる)あったとして、それぞれ参加しようとしてみると、参加権限がないとの理由で入れない戦場と、そうではなくそもそもフィールドがいっぱいだから入れない戦場とに分かれています。前者はどうやっても入れません。空きが出ても入れません。後者は人数に空きが出れば途中参加することができます。この違いがなぜ起きるのか、まったく理解できません。

 また、召集についてもおかしいようで、通常戦を一戦もしてない状態でも召集がかかり、そのまま任務戦に参加できたりします。ログインして即召集→参戦というのを何度か経験したので勘違いではないと思います。イベントルールなのかな・・・。

 クロニクルズはシステムもゲームルームもよくわからないところが多く、はっきり言って上手く機能しているとは思えません。やるならやるでもう少ししっかりした説明があればいいのにと思います。私個人としてはこれは闘技場ルールに加えればよかっただけの話だと、当初からの考えに変わりはありません。

商品券5000円分当たった
 カカクコムのmyrackレビューキャンペーンで商品券5000円分が当たりました。myrackは本のレビュー専門サイトです。

 カカクコムのプレゼントキャンペーンには今まで何度か応募したことがあるものの一度の当選もなく、過去カテゴリ別のレビューキャンペーンでどう考えてもこれは当たるだろうという条件だったにもかかわらず外れたこともあり(カカクコムはレビュー投稿数による自分のランキング数がわかるので、他の応募者がどれくらいいるのか判断ついたのです。そのときは人気のないカテゴリということもありダントツの一位、他に競ってくる人はまったくいなかったのに・・・)、実はカカクコムの懸賞は当たらないのではないかと疑問に思っていました。疑い半分で今回のキャンペーンにも応募していたのですが、結果、本当に当たることがわかりました。もちろんこのmyrackレビューキャンペーンも、もし本当に当たるのなら当たる確率はかなり高いと思っていました。今でもスカスカですしね。ちなみに今月もキャンペーンやってます。

神創詩篇ミッドガルド・サーガやってみた
 ベクター、ブラゲタイムのブラウザゲーム、神創詩篇ミッドガルド・サーガを遊んでみました。どういうゲームなのか今ひとつよくわからないのですが、プレイした感じではふつーのRPGでした。

ミッドガルド画面
これでブラウザゲーム、ロードも速い

 ひとつ特徴的なのは、このゲームはオートでどんどん進んでいきます。NPCとの会話を先送りするためと、オート戦闘の切り替えにマウスクリックが必要な程度。基本的に自動的にNPCのところに赴き、クエストを受けると(ここはクリックが必要)、キャラが自動的にクエスト内容に沿った行動を取ってくれます。さくさく進むというか、プレーヤーはほとんどすることがありません。しかし敵を倒しても経験値は微々たるもので、オートだからといって放置狩りしていても旨みはないようになっているようです。とにかくキャラがクエストをこなすのを監視して、レベルを上げていくゲームにみえます。

ミッドガルド乗り物
乗り物もすぐ手に入る

 あと気づいたのは宝物庫の存在。ここにいる数十体の雑魚を一掃するとボスが登場し、それを倒すと勲章がもらえます。この勲章を集めると青装備と交換できるという仕組みです。宝物庫は1日4回まで挑戦することが出来ます。これとは別に有料のダンジョンがあるみたいです。ブライトキングダムにあったキングダムクエストに似てなくもないのですが、こちらは戦術性ゼロ、ただどつきあってるだけの戦闘を眺めているだけ。パーティを組んでここに来ても単にクリアする効率が良いというだけなのが・・・。

ミッドガルド宝物庫
宝物庫、雑魚を一掃すると守護者と戦うことになる

 私はとりあえずレベル30、最初の宝物庫クリアまで遊んでみました。序盤は接待プレイされている状態で、薬は使いきれないほど所持しており、回復もオートでやってくれるので、あえてそうしなければ死ぬことは絶対にないようになっています。とにかくオートでどんどん進むため、ゲームを止めるタイミングがわからず、半ば強引にゲームにのめりこませるようになっているのは上手いやり方だなと思いました。ただ冷静に考えるとゲーム性はまったくなく、強力な装備と潤沢な回復アイテムを持っているかどうかがすべてのようです。つまり、良い装備を入手しそれを強化するところにお金(現金)をかけさせるようになっているわけです。ギルド戦もあるらしいので、結局札束による殴り合いという内容になりそうです。

 今のブラウザゲームはここまできたのかと思えるほど良く出来ていました。このゲームバランスではなかなかこの先も続けて遊ぼうとは思はないのですが、出来に関しては感心しました。


三国志絵巻遊んでみた
 三国志絵巻というブラウザゲームをしてみました。副題がドラゴンソウルという、三国志のイメージとはかけ離れたものですが、ゲームとしてはそこそこ遊べる感じになっていました。

基本

 まずは董卓を倒すのが当面の目標のようです。連合軍盟主である袁紹に従って色々こなしてお金や経験値を稼いでいきます。そしてレベル19になると三国のうちいずれかに属することになるらしいです。私は偽呂布を倒したところで止めてしまいましたので、レベル19の先は確認していません。ここからが本当のスタートなのかもしれません。40分くらいでレベル14でした。レベル19到達はそれほど難しくはないでしょう。

 そこまではほとんどチュートリアル同然で、特に序盤は戦闘で負けることはありません。途中から敵に合わせてスキルを指定しないと勝てなくなりますが、これはわざわざそういうふうにしてこのゲームへの理解を助けているのだと思います。工夫されていて好印象です。

戦闘

 三国志を知らない人にはまったく意味がわからない展開ばかりですし、グラフィック、特にキャラデザインはもう少し・・・という感じもします。しかし最近のブラウザゲームの中では割と遊べるほうだと思いました。

関羽

 運営はどこで集金するのかという点ですが、おそらく当然ながら優秀な武将の獲得と、あとは装備の強化などのクールタイム解消等に有料アイテムが必要になるのでしょう。無料のままでもある程度やっていけるなら続けてもいいかなと思わなくもないのですが、まあ無理でしょうね。お金を湯水のごとく投入するユーザーにかもられるだけになりそうです。

Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.