台座を塗ってみた
 超巨大戦艦、未だに本体塗装が完了しません。塗装しては下地が荒れているところを手直し、再塗装、ムラ修正の繰り返し。どこかで妥協しないと終わりそうもないですね。でも筆塗りの練習も兼ねてるのでもう少し時間をかけたいと思います。

黒塗装

 本体だけだと飽きるので、台座にも手を出してみました。こちらはMrカラーのつや消しブラックを使っています。一番左の超巨大戦艦の台座だけ塗り終わりましたが、綺麗につや消しになりました。ただ、つや消しの添加剤の影響か、表面のざらつきが大きく色味も淡い感じになります。超巨大戦艦本体に使っているGXウィノーブラックとはまた違う黒になり、これはこれで良かったです。

 塗料は上澄みのアクリルを少し捨て、顔料をポリ容器に小出しにして固形塗料にして使っています。どうも塗料を薄めすぎる癖がついてしまったのか、一番右の駆逐艦の台座のように下地が透けてムラも酷くなりがちです。塗膜が薄いのでいつでもやりなおせるという安心感と、あとから平筆で表面を均せばどうにでもなるという手抜きを覚えてしまったため、作業が雑になってきました(といってもこれは塗り始めたところなので、こんなもので当たり前ですが)。ちなみに左から二番目のものがデスラー艦の、その右がヤマトの台座です。

 つや消しブラックが本当につや消しなのと比較すると、本体のツヤの状態が中途半端なのが今更気になってきました。ウィノーブラックにフラットベースまぜて整えようかな。

 塗装作業もなかなか面白いです。ひとたびパレット一体固形塗料状態にさえしてしまえば、あとは準備・片付けの必要はありませんし、筆なんて同じ色を使ってる間は洗いません。本当に手間要らず。これが大きいです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.