AHCIモードで動かしてみたが
 先にIDE互換モードでインストールしてあるXPでも、あとからAHCIドライバを入れることでAHCIモードで動かせるようなので試してみました。紆余曲折あり非常に苦労しましたが、結果としては上手くいきました。しかし効果を考えると、う~ん・・・という感じです。よくわからないけどやってみようという安易な気持ちで手を出さないほうが無難だと思います。リスクが高すぎます。

 最初は手動でドライバのインストールを試みたものの、ブルースクリーン連発、PCが勝手に落ちる等々、結構深刻な事態になってしまいました。一旦は半ば諦めたのですが、ツールの助けを借りることで解決への道が開けました。使ったのは"SATAモード変更支援ツール"です。ドライバはマザーボード(GIGABYTESのH55-USB3)に付属していたものをそのまま用いました。ツールを使ってもやはりダメ、さらにいくつかドライバを変えてみてもダメ、ここで明らかに私の環境の問題だろうと認識し、起動ドライブ以外すべて外し、その状態でAHCIモードに切り替えてみるとやっとドライバのインストールに成功しました。

 先にも書きましたが、効果のほうはあるのかないのかよくわからない、という微妙なものでした。AHCIモードでCrystalDiskMarkを動かしてみるとQD32のライトの数値が著しい上昇をみせますが、それだけ。実際に使う中でそれが現れる場面がありません。XPの起動時間については、なんとIDE互換モードのほうが2秒速い!というありさまです(HDDでもSSDでも)。AHCIモードにすると起動時にAHCI BIOSが立ち上がるので、その分の時間も含めると3・4秒の差がついてしまいます。ただ、Windows7であればAHCIで動かすことによりTrimが効くそうなので、意味がないわけではないみたい。もっとも私はXPを使い続けるので恩恵はありませんけど。

 苦労した割に報われなかった作業でしたが、色々知ることが出来たという点では面白かったです。XPでAHCIモードが試せたのでWindows7インストールは中止。SSDは今までどおりIDE互換モードで使っていこうと思います。

Paragon Buckup & Recovery 2012使ってみた
 SSDを試す中で、リカバリーツールのParagon Buckup & Recovery 2012を使ってみました。今まで使っていた2つ前のバージョンのものと何か変わったのだろうかというところを念頭に使ってみると、どうやらレストアするときにパーティション開始オフセットを1048576にしてくれるみたいです。このことに気がついたあとに、XP上でパーティション解放→パーティション作成(パーティション開始オフセット値が32256であることを確認)→レストアを2回して2回とも1048576になったので間違いないと思います。ちなみに、2つ前のバージョンでは32256となりダメでした。(Windows7上でSSDのパーティションを作り直して1048576にしても、バックアップしておいたXPをレストアすると32256になりました)

 ただ、ぶっちゃけてしまうと、調整してもしなくても手持ちのSSDでは体感になにも違いはありませんでした。調整後のベンチマークの数値をみて喜ぶくらいでしたので、超高速SSDでもなければ無理にしなくてもよいのではとも思います。

 あとParagon Buckup & Recovery 2012で変わったところといえば、Applyのボタンがなくなってしまったところですね。確かにあれは賛否あったでしょうから、ウイザードにしたがって作業開始まで持っていける今の普通の仕様のほうが無難だとは思います。私は慎重に慎重を期すためのApplyボタン仕様も良かったと思いますけど。

 その他気がついた点はありません。あえて言えば過去のバックアップ分が認識されませんでしたが、Paragon Buckup & Recovery 2012は古いバージョンのものと一緒に使えるので何も問題ありません。すんなり移行できました。

 ともかく、今使っているOSのパーティションアライメント調整がしたくなったらこんな方法もありますよということで。Paragon Buckup & Recovery 2012はフリーソフトです。広告も入りません。ただし登録が必要です。

今更SSD使ってみた
 SATA2対応SSDを使える機会に恵まれたので色々試しているのですが・・・。少なくともWindowsXPの起動についてはたいして速くなりません。いやもちろん速くはなってるけど、それでも絶対的な時間がかかるので待たされ感は変わらない、というのが正しいでしょうか。ベンチマークだけみて相当速くなるのだろうかと期待してしまいましたが、まったく甘すぎでした。SATA3対応SSDなら体感でも文句なしに速くなるのかな。

 今度はWindows7インストールして試してみよう。

台座を塗ってみた
 超巨大戦艦、未だに本体塗装が完了しません。塗装しては下地が荒れているところを手直し、再塗装、ムラ修正の繰り返し。どこかで妥協しないと終わりそうもないですね。でも筆塗りの練習も兼ねてるのでもう少し時間をかけたいと思います。

黒塗装

 本体だけだと飽きるので、台座にも手を出してみました。こちらはMrカラーのつや消しブラックを使っています。一番左の超巨大戦艦の台座だけ塗り終わりましたが、綺麗につや消しになりました。ただ、つや消しの添加剤の影響か、表面のざらつきが大きく色味も淡い感じになります。超巨大戦艦本体に使っているGXウィノーブラックとはまた違う黒になり、これはこれで良かったです。

 塗料は上澄みのアクリルを少し捨て、顔料をポリ容器に小出しにして固形塗料にして使っています。どうも塗料を薄めすぎる癖がついてしまったのか、一番右の駆逐艦の台座のように下地が透けてムラも酷くなりがちです。塗膜が薄いのでいつでもやりなおせるという安心感と、あとから平筆で表面を均せばどうにでもなるという手抜きを覚えてしまったため、作業が雑になってきました(といってもこれは塗り始めたところなので、こんなもので当たり前ですが)。ちなみに左から二番目のものがデスラー艦の、その右がヤマトの台座です。

 つや消しブラックが本当につや消しなのと比較すると、本体のツヤの状態が中途半端なのが今更気になってきました。ウィノーブラックにフラットベースまぜて整えようかな。

 塗装作業もなかなか面白いです。ひとたびパレット一体固形塗料状態にさえしてしまえば、あとは準備・片付けの必要はありませんし、筆なんて同じ色を使ってる間は洗いません。本当に手間要らず。これが大きいです。

6戦してきた
 ファンタジーアース、やっと3キャラ6戦終わりました。ほとんど途中参加の手抜きで回していても苦労しました。手動で99人戦場に滑り込ませるのがかなり難しかったからです。狙ってる人多すぎ。マウスのマクロ機能で連打してる分には簡単に入れますけどね。

 ファンタジーアース含めて、最近はオンラインゲームはあまり遊ばなくなってしまいました。今のオンラインゲームは結局ガチャガチャに行き着くようになっているだろうという個人的偏見と、実際その通りであるという現実があるので、楽しく遊べないからです。広告バナーを掲載しているタイトルについては必ず一度は試すようにしていますが、やはり同じ。続きません。ファンタジーアースも惰性の部分が大きいです。もう少しゲームとして楽しめる新規ゲームはないものでしょうか。

ヨドバシ.com使ってみた
 ヨドバシ.comの通販を使ってみました。本当に翌日に届きました。これで送料無料とは・・・。とても便利だと思います。でも、しわよせがどこにいっているのかと思うと素直には喜べないですね。余裕のない社会に拍車をかけるだけのような。

 配送業者はゆうパック、梱包は白い段ボール箱にwww.yodobashi.comというロゴが書かれたもので、一目ヨドバシカメラを利用したとわかるデザインでした。伝票には中身についての情報は一切ありません。箱の隙間には空気で膨らませた緩衝材が詰められていました。通販用の在庫が別にあるのかどうかわかりませんが、今回届いたものには値札シールをはがした跡がありました。店頭の在庫から持ってきたもののようです。そのためか、その商品の箱の状態はいまひとつでした。まあでもこれはかまわないです。箱なので。

 ヨドバシ.com、これは使えるという印象です。

レビューまつり参加ルール緩和!
 coneco.net春のレビューまつり2012のルールを緩和、だそうです。同一カテゴリ3件までの縛りが4件までになりました。写真付きレビューで2点、総計20点集めればよいので、ネタがなくても缶ジュース4件、カップラーメン4件、あと適当に2件のレビューで達成できます。これなら今から参加しても間に合うのでは?それで温泉たまごメーカーが必ず貰えます(もしくはPontaポイント200円分)!5月16日の17時投稿分まで。

 でもこれって最初から動画付きレビューを3点にしておけば良かっただけの話のような。それをしなかったってことは、coneco.netにとって動画付きレビューの重みがなくなっているのかも(でも数多あるこの手のサイトとは違う、coneco.netならではの良さって動画付きレビューにあると思うのに・・・)。

5倍書貰える!
 ファンタジーアースでトライミッションズ!イベント開始。6戦すれば精錬の密書が貰えます。経験値5倍書です。10戦でエクスバンク特約書なので、バンクの空きがないキャラ動かして10戦狙うのが良さそうです。勝ち負け関係なく純粋に参戦数のみっていうのは珍しいような。勝って3ポイントうんぬんのイベントはストレスがたまるのであまりやる気がしません。今回のような条件なら参加しやすいので好みです。

やっとメスが入るのか
 オンラインゲームでおなじみのいわゆるガチャのうち、コンプガチャといわれる集金方法が景品表示法で禁止されている"カード合わせ"にあたるのではないかということで、消費者庁が近々ゲーム会社に中止を要請すると某新聞が報じたのをきっかけに、関連株は軒並み暴落してしまいました。

 おそらくこの手の商法を使ってきた側は、いわゆるガチャの景品はあくまでデータであって景品ではない、物品でもなければ経済上の利益でもない、したがってそもそも景品表示法に抵触しないと主張してくるのではないでしょうか。しかし獲得するための対価として何千円何万円、時には何十万円とかかるようなモノに経済上の利益がないとするのは無理ありすぎると思います。(法律の条文の文言が現状にあってない、それを直さない立法の怠慢という側面は間違いなくありますが)

 必要な情報が開示されて消費者が一方的にかもられないゲームシステムであればガチャガチャだってかまわないです。しかし今のオンラインゲームのガチャは本当に酷い有様。完全にブラックボックスです。そこに少しでもメスが入ってまともになるなら、行政の介入も歓迎したいところですね。

メルファリア大ふくびき祭
 メルファリア大ふくびき祭中ということで久々にファンタジーアースで遊んでいます。1戦するごとに少しだけ良いアイテム(ドラゴンソウルや各種エンチャントなどなど)と、シルバーコインが貰えます。シルバーコインは50戦50枚まで貰えるそうです。10数戦してゴールドコインが1枚貰えるいつものイベントより気楽に参加できるのが良いですね。

 しかし任務戦場に参戦してもカウントされないためか、任務戦場はまったくありません。こんな様ならもうなくせばいいのに・・・。それでなくてもクロニクルズ関連はインターフェイス表示が鬱陶しくて邪魔。なくすのが無理なら、せめて任意に表示のオンオフをできるようにして欲しいです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.