ヤマト補助エンジンをつけてみた
ヤマト補助エンジン追加
ランナーの輪切りで補助エンジン追加!

 ヤマトの補助エンジンノズルをランナーの輪切りで再現してみました。なぜ省かれたのかわかりませんが、ここはないとダメでしょう。ランナーの輪切りをそのままくっつけるだけでは本体側の接着面の幅が狭すぎて上手くいきません。私は本体をえぐって少しめり込ませるような形で接着し、その状態でピンバイスで穴を掘ってノズルっぽくしました。しかしこの手順ではドリルの刃が本体に当たってしまいあまり太く掘れません。太くしたければ接着前にすべきだったようです(ランナーから切り離す前に開口すれば良さそう)。ちょっと失敗でしたが、お手軽改修にしては上手くできたと満足しています。

パルスレーザー群
密集具合が見ていて楽しい

 先に完成したアンドロメダがかなり良い出来で、それと比較するとヤマトはこじんまりとして貧相だなあと思いながらここまで作業してきたわけですが、甲板にパルスレーザーを植えつけ始めてから良い方向に印象が変わりました。小粒ながらぎゅっと締まった感じになります。ただやはりちょっと小さいです。主砲のサイズはアンドロメダとほぼ同じ大きさなのに、本体の長さも幅もなく、メインエンジンのノズルの直径にいたっては半分しかありません。翼なくして台座ももう少し小さくして、それで本体が大きくできていればなあとどうしても思ってしまいます。メカコレ第一弾ということで手堅く行き過ぎたのかも。アンドロメダと比較しなければ出来はかなり良いですけどね。

艦橋置き換え
主力戦艦本体+アンドロメダ艦橋=強そう

 主力戦艦の艦橋をアンドロメダのものに置き換えてみると、意外にも合っています。つまり主力戦艦本体のプロポーションは別に悪いわけではなく、艦橋が大きすぎるのが間延び感の原因のようです。ただ、主力戦艦の艦橋は縦割り2パーツで構成されているだけで、技術のない自分には手の入れようがありません。

 この主力戦艦、何も考えずにエンジンノズルを嵌めると、ノズルが思いっきり左を向いてしまいます(真後ろから見て右)。本体を張り合わせた状態で、なぜか綺麗にノズル接着面が傾いています。ぱっと見気がつかない見事な罠です(普通は本体の合わせ目で段差になるので気がつくのですが)。がっちり接着してから曲がっているのに気がついて、修正にかなり手間取りました。

 主力戦艦に関してはここにくるまでにやる気がだいぶ削がれてしまいました。とりあえず主砲を取り付けさえすれば形にはなるのですが。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.