不満なく使えている
 Googleのプライバシーポリシーに絡んでか、"GmailからHotmailに移行"という検索ワードでここに来る人が増えました。どのような情報が欲しいのかよくわかりませんが、移行作業になにか特別なやり方があるわけではなく、今までGmailで登録していた各種サービスについて、ひとつひとつ地道にHotmailに変更させていく、これしかないと思うのですが、どうでしょうか。

 Hotmailをひと月ほど使ってみましたが、使い勝手という点でGmailと大きな差はないと思います。送受信の反応もいいですし、これといった不満はありません。ただ以前にも書きましたが、Hotmailを開いているとやたら小刻みにどこかにアクセスに行くのが気になります。広告を読み込んでいるのでしょうか。謎です。あと、それと関連しているのかもしれませんが、メールの件名をクリックしてもメールが開かないことが多いです。この点に関してだけはGmailのほうが優れていたと思います。

 Firefoxを使っている人ならメールチェッカーとしてWebMail Notifierのアドオンが使えます。自動ログインして新着チェック、新着があればHotmailを開いてくれるので大変便利です。このアドオンを使い始めたときには新着チェックがなかなか上手くいかず、なにが問題なのかもわかりませんでしたが(未だにわかりませんが・・・)、3日ほど使っているうちに調子が良くなりました。今ではそれまで使っていたGmail Checkerに劣るところはないと感じています。

 Googleのプライバシーポリシーについては色々言われていますが、検索エンジンとしてのGoogleはとても優秀ですし、YouTubeは楽しい動画がいっぱい、規約に不満があるからといってこれらサービスの利用を止めるのは難しいと思います。利用は続ける、しかしGoogleアカウントと個人情報が結びつくような情報をGoogleに渡したくない、それならば最低限Googleアカウントにログインしない程度の自衛策はとるべきだと思います。そうなるとGmailは捨てるしかないわけで、その代わりとして今はHotmailが注目されているのかもしれません。ちなみに、Hotmailもマッチング広告を出しているので、こちらに移行してもメールの内容は見られてしまいます。そこは忘れないでください。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.