主力戦艦大きすぎ
 アンドロメダとデスラー艦がほぼ出来上がりました。洗って塗装待ちとなります。デスラー艦ぼろぼろ。

アンドロメダ&デスラー艦

 アンドロメダのエンジンノズルが思ったよりゆがんでいて、接着するまえに修正しておけばよかったとかなり後悔しています。それ以外は全体にびしっとした優等生だと思います。あと、そのままでは箱にしまえないので、艦橋を抜き取れるように差し込み式にしてみました。

 デスラー艦は本体を輪切りにする形で存在する凹モールドをすべて掘りなおしました。とても大変でした。0.5~1.0mm程度のズレですが、パーツの合わせ目をはさんでことごとくずれているので困ってしまいます。目をつむるにしては明らかにずれてますし・・・。ずれている片方のモールドをパテで埋め、もう片方のモールドに延長する形でアートナイフで掘り進みました。すでに埋めてあるパテと重なる・交差する形で掘るとパテが割れてしまうのにも悩まされました。そういう時は改めてパテを盛り、柔らかいうちにモールドを掘ってしまい、乾いてからさらに掘りなおすという手段をとりました。

主力戦艦

 一気にふたつ出来上がったので、ここで主力戦艦に手を付けることにしました。なんだがかなり大きいです。特に艦橋が大きすぎなような?艦橋の上のほうの奥行きがアンドロメダの倍くらいあります。本体のモールドの合いが悪く、凹モールドの先が凸モールドで繋がっていたり、かなり謎な部分もあります。そして台座は本体側面に支柱を接着するタイプときています。これは色々大変そうです。

 アンドロメダと同時に手をつけたヤマトは甲板を裏打ちしたくらいでほとんど進んでいません。波動砲まわりに問題点が多いので、そこをどうするかで迷っています。そのままだと外壁に波動砲口となる穴が開いてるだけで中ががらんどうなんですよねぇ。どうしようかな。

 ゴーランドはここまで手を入れてきたところに気に入らない箇所がでたので、一部バリバリっとはがしてしまいました。作業はかなり後退しました。造形に失敗してもパテで修正できると甘く考えていたのが良くありませんでした。技術がないのに修正できるわけがありませんね。素人にはパテはあくまで細かな修正に使うものなのだと肝に銘じ、丁寧な作業を心がけてやり直します。もうめげそうです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.