GmailをやめてHotmailに移行
 Googleのプライバシーポリシーの更新をめぐって各所でいろいろと言われています。今回の更新関係なく、個人的には前々からGoogleの各種サービスの紐付けについてはうさんくさく感じていました。Gmailに出てくる広告がメール内容に沿ったものというのも気味が悪かったですし。(いくらなんでもマッチングさせすぎ)

 Googleのサービスは間違いなく便利だけど不気味、いざ問題がおきると根こそぎ個人情報を持っていかれてしまうおそれがある、ということで、この機会に一番影響が大きいと思われるGmailの使用を見直すことにしました。なんのことはない、ただHotmailに移行しただけです。Gmailで登録していた様々な会員登録を手動で地道にHotmailに変更したわけです。

 Hotmailにもエイリアス機能がありますし、Gmailと使い勝手はほとんど変わりません。しかしFirefoxからメールチェックするのに今まで使っていたGmail Checkerが使えなくなるのが痛いです。これとても使いやすかったので。その代わりに試してみたのがWebMail Notifier。これはGmail含めた有名どころのWebMail新着確認ツールです。これでもほぼ問題ないとは思うのですが、起動時即新着確認がどうやら機能していないようなのです。特に問題にあがっていないので、個別の環境によるのかもしれませんが・・・。ブラウザを起動してから数分待たないとチェックしてくれないのが面倒です(言うまでもなく、ツールに頼らず手動でHotmailにログインすることはもちろん出来ます)。あと、Hotmailそのものにもクセがあります。Hotmailを開いているとやたらとどこかにアクセスに行きます。いったい何を読み込んでいるのでしょうか。とても気になります。

 いくつか環境改善の余地があるものの、Hotmailで足りそうです。メールの中身さえ渡さなければ、Googleサービスに取られる情報なんてたかが知れてますから、これで対策としては十分でしょう。今までどおりGoogleを使っていけそうです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.