アンドロメダの主砲取り付け
アンドロメダ主砲

 ヤマトと平行してアンドロメダの組み立て。台座を加工して差し込み式に、主砲もランナーを軸にして本体に指し込み旋回できるようにしてから本体を接着しました。穴を開けたところは予め裏打ちしてあります。ランナーを適当に板状に貼り付けました。

 本体の主砲取り付けピンの外周を残すようにピンバイスで穴を開けると、位置ズレすることなく主砲を付けられます。ただ、それだと軸にしたランナーが入らないので、ランナーを細く削る必要があります。少し緩いかな?くらいに細くして、あとからプラセメント(スチロール樹脂入りの)をランナーに薄く塗れば太さが調整できます。最初は適当に削ってしまえばよいでしょう。私はここで慎重に削って調整したため、ものすごく無駄な時間を費やしてしまいました。途中からプラセメントで調整したほうが早いことに気がつきました。

 このアンドロメダ、先端の波動砲パーツが本体とはぴったりと合いません。そこだけ惜しいです。アンドロメダの顔ともいえるところなので頑張って調整しないとね。

 ヤマトの主砲も同じような加工を施したいのですが、ヤマトは全体に小さいので、取り付けピンの外周を残すような工作は無理です。残したとしても差し込む軸が細くなりすぎて、プラではすぐ折れてしまうでしょう。適当に穴を開けるしかなさそうです。ヤマトもアンドロメダくらいの大きさだったらなあ。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.