忍者ブログを閉じることにした
 ここFC2ブログに移転するまで使っていた忍者ブログを閉じることにしました。アクセス数がかなり減ったこと、忍者ポイントを使い切ったこと、再び忍者ブログに戻る可能性はもうないことから、月が替わるこのタイミングが切りがよいと考え実行に移しました。

 エキサイトブログもそうでしたけど、有料化が決まった途端にいたるところに金払え金払えという表示が目に付くようになったのが残念です。強制広告表示を受け入れたのにこの仕打ち、うんざりさせられます。あちらも慈善事業をしているわけではないので仕方ありませんけどね。

 エキサイトブログは未だなぜかアクセス数がそれなりにあるので、とりあえずそのままにしておきます。でもあそこに戻ることもそれこそ絶対にありえません。

銃スカウトにしてみた
 ファンタジーアース経験値5倍期間、結局あまりプレイできませんでした。1キャラ3クラスレベル40になっただけ。せめてフェンサーとセスタスもレベル30くらいにできたら良かったのですが・・・。他のキャラは次の経験値5倍イベントまでおあずけです。

 経験値5倍、さらに5倍書の25倍にして、レベル36から39までは5倍書1冊で1レベル上げられます。戦場で終戦間際に5倍書使用→闘技場に乗り込みモンスタースマッシュ600キルクリア4回でまわしていきます。レベル39から40までは2冊必要です。1冊ではモンスタースマッシュ2回分足りないくらいです。2冊目の5倍書はもったいないと思いますが、この分をケチるとかなり苦労します。余った時間はクラスチェンジしてモンスタースマッシュを続行すると良いでしょう。

 レベル36から40にするのに5倍書5冊必要な計算です。前回と今回の5倍イベントでほとんど使い切ってしまったので、闘技場ポイント稼いで少しでも5倍書を取り戻したいと思います(4000ポイントで1冊貰えます)。

銃持ち

 サーバー統合によるそれまでの各サーバーの戦術の違いによるものか、意味不明な戦場が多いです。近くの領域を確保せず、遠く遠くに前線を伸ばして苦労して、それでいて領域負けしてるとか・・・。ナイトが揃うまで頑なにジャイアント出すのを否定するやからなども久しぶりに見ました。基本が間違ってますね。さすがにこの現状で片手ウォリアーやるのは苦痛なので、銃スカウトにしてみました。遠くからぺちぺち撃ってるだけ。パワーショットがそれなりに強いのでキルもそこそこ取れます。あと銃ならではのスキル、ホワイトブロウ。白い煙幕です。突っ込んできた敵が煙に巻かれて転進するのを観察して楽しんでます。ヴォイドダークネスのお手軽版なので結構効果も高いとは思うのですが、エフェクトが地味で味方からわかりにくいのが難点です。煙に巻かれている状態ならヴォイド喰らってるときとほぼ同じ状態である、それを理解してもらえるともっとチャンスが広がるのですが。

エルパカ使ってみた
 ローソンのエルパカで本を一冊注文してみました。普通の大きさの漫画、大判ではありません。メール便でくるだろうと思っていたのですが、箱に収められて送られてきました。ダメージの一切ない綺麗なものを手にでき、その点はとても満足です。

 しかしこれがまた随分と大きな箱で、無駄にもほどがあります。梱包はAmazon.co.jpと同様、箱の底にダンボールの下敷きがあり、そこに本がシュリンクされているタイプでした。たかだか数百円の本一冊の梱包と発送にこんなにコストをかけるやり方では利益は出ないでしょう(むしろマイナスのような・・・)。Amazon.co.jpがそれでもやっていけるのは薄利でも超多売だからであって、その規模にない他の業者が同じことをしてもジリ貧なだけだと思います。どうでもいいところに不満を感じてしまいました。貯まったPontaポイントを使う先としては良さそうです。

 これで今月末に500Pontaポイント(500円相当)が貰えるはず、なのですが、本当に貰えるかは半信半疑です。キャンペーンの告知が地味でわかりにくく、うそでないならもっと大々的に告知すればいいのに、何のためのキャンペーンなのかと不思議に思います。

人多すぎて参戦できない
 サーバー統合の効果がものすごくて、中央大陸のほとんどが戦場な感じ。人が多すぎてまったく参戦できません。援軍なんて無理。個人的には前くらいの人数のほうがよかったです。

 経験値5倍書使って、モンスタースマッシュではなく戦場で稼ごうと粘ってみたものの、得られた経験値はたったの2戦分。しかもうち1戦は途中参加のため経験値は少なめ。馬鹿なことをしてしまいました。5倍書一冊無駄にしてしまいました。1キャラだけはなんとかレベル40にいけそうな気はしますけど、結構きついかも。

 そういえば国王のデザインが一新されたので広告バナーのデザインも変わったかもと確認してみると・・・。ちょっとびみょー。


アンドロメダの主砲取り付け
アンドロメダ主砲

 ヤマトと平行してアンドロメダの組み立て。台座を加工して差し込み式に、主砲もランナーを軸にして本体に指し込み旋回できるようにしてから本体を接着しました。穴を開けたところは予め裏打ちしてあります。ランナーを適当に板状に貼り付けました。

 本体の主砲取り付けピンの外周を残すようにピンバイスで穴を開けると、位置ズレすることなく主砲を付けられます。ただ、それだと軸にしたランナーが入らないので、ランナーを細く削る必要があります。少し緩いかな?くらいに細くして、あとからプラセメント(スチロール樹脂入りの)をランナーに薄く塗れば太さが調整できます。最初は適当に削ってしまえばよいでしょう。私はここで慎重に削って調整したため、ものすごく無駄な時間を費やしてしまいました。途中からプラセメントで調整したほうが早いことに気がつきました。

 このアンドロメダ、先端の波動砲パーツが本体とはぴったりと合いません。そこだけ惜しいです。アンドロメダの顔ともいえるところなので頑張って調整しないとね。

 ヤマトの主砲も同じような加工を施したいのですが、ヤマトは全体に小さいので、取り付けピンの外周を残すような工作は無理です。残したとしても差し込む軸が細くなりすぎて、プラではすぐ折れてしまうでしょう。適当に穴を開けるしかなさそうです。ヤマトもアンドロメダくらいの大きさだったらなあ。

gooリサーチから報酬
UCギフトカード

 gooリサーチのポイントを交換して2000円分のUCギフトカードにしました。交換久しぶり。1000円分はすぐ貯まって、そこからもう1000円分がとても長かったです。2000円分まとめて交換すると100円分得するわけですが、1000円分でさっさと交換したほうがよかったかもしれません。あまり時間がかかるとやる気が保てなくなりますからね。

gooリサーチモニターに登録!

サーバー統合記念で経験値5倍!
 ファンタジーアースゼロ、サーバー統合記念で経験値5倍だそうです。しかし、23日の時点ではサーバーは閉じられていて遊べません。24日にならないとダメみたいです。

 でもこれで3クラスレベル40いけそうです。実は先週経験値2倍やってましたけどね。モンスタースマッシュ1回やっただけで経験値の入りの渋さに嫌気が差して止めてしまいました。一度経験値5倍を経験してしまうとね。

 私にとってはサーバー統合したからなんだということはないので、今までどおり楽しめそうなイベントがあるときだけ遊びに行くことにします。

届くの早すぎ
クオカード

 3日前に答えたブルースカイリサーチアンケートの謝礼がもう届きました。早すぎ・・・。普通郵便なので、即日に投函していないと届かないような。この時のアンケートはとても簡単な内容でした。あまりに簡単だったので、アンケート途中で弾かれて終わっちゃったっぽい、てっきりそう思っていました。でもちゃんと謝礼が貰えました。300円のクオカードです。

ブルーレイメディア当たった
 ASCII.jpのブルーレイ説明サイトの懸賞でBDメディアが当たりました。ソニーのBD-R5枚とビクターのBD-RE5枚の計10枚(全て台湾産)。BDドライブを持っていないので、しばらくは押入れの飾りにしておきます。

ブルーレイメディア

 調べてみるとBD-Rメディアってずいぶん安くなってますねぇ。こんなに安くなっていたとは・・・。ハードディスクの値段が高騰して高止まりしている今なら、バックアップ用途にBD-Rを利用するのは悪くなさそうです。私の経験からするとハードディスクは"必ず壊れるもの"なので、いつかは買おうと思っています。ドライブがもう少し安くなれば。

 ちなみに、手持ちのハードディスクは静電防止袋に入れて机の引き出しにしまっておいたものが、古い順から動かなくなっています。ハードディスクをバックアップメディアのように用いるのはかなり危険な気がします。

大きさの違いの謎
 まずヤマトに着手しました。組み立て前の時点で小さく感じましたが、実際小さいです。大戦艦との比較で一回り小さいです。大戦艦・超巨大戦艦・デスラー艦はほぼ同じサイズなので、肝心のヤマトが小さめなのはちょっと残念です。

ヤマトと大戦艦比較
ヤマトのメインエンジンのノズルが小さすぎる気がする・・・

 今更気がつきました。今の今までこの100円メカコレは一箱あたりに使えるプラスチックの量が決められていて、それを前提に設計されているものだとばかり思っていました。しかし実際はそうではなく、箱にランナーが収まる範囲で、プラスチックの量はそれほど縛りなく設計されているみたいです。(ただし、超巨大戦艦の主翼にあるような大胆な肉抜きが存在するところからして、一定の制限はあると思います)

 このヤマト本体は外装が縦割りで2パーツ、そこに甲板が1パーツ、計3パーツで構成されています。この3パーツでランナーのスペースをかなり圧迫してしまいます。それゆえそれぞれのパーツを小さくせざるを得なかった、結果として本体も小さくなってしまった、ということみたいです。一方大戦艦の本体は縦割りで2パーツ、超巨大戦艦もデスラー艦も同様のパーツ割りです。この、本体1パーツの差が大きいみたいですねぇ。

 考えてみると本体が4パーツで構成されているデスラー艦隊駆逐艦とバルゼーはどちらも小ぶりです。ナスカは本体4パーツながらも細部パーツの点数と大きさを抑えることで本体にボリュームを持たせている感じがします。その代わり細部が端折られまくって出来はあまり良くありません。そういうことかと今更納得しました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.