マビノギ英雄伝オープンβテスト
 マビノギ英雄伝オープンβテストに参加してきました。先日記事にした通り、参加すると抽選で3名にノートPCが当たります。単にそれ目当てです。

マビノギ英雄伝02

 評価するほどプレイしなかったのでなんとも言えませんが、つまらなかったです。単調というかなんというか・・・。ゲーム開始直後は剣を振る・突進する・物をつかんで投げるの3つの攻撃手段しかありません。いわゆるスキル攻撃はありません。そしてキャラメイキングの幅はほとんどなく、出来合いのモデリングに少し手を加えることしかできません。他人とは、ぱっと見髪の色が違う・肌の色が違う程度しか違いを出せないでしょう。この先面白くなっていきそうだという予感がまるでしません。

マビノギ英雄伝03

 最初のミッションは暴走した村の守り神である白い巨大蜘蛛との一戦です。巫女が、あの子を攻撃しないで、話してみるから、怯えているだけだから、と割り込んでくるものの、彼女の力及ばず結局戦うことになる内容。初見ではドラマチックな展開に感じるのですが、冷静に考えるとまったく意味不明なミッションです。蜘蛛の動きに特徴はなくただ切り込むだけ、こちらはダメージを受けない(?)ので、誰でも簡単に先に進めると思います。

 そして村へ。村の中にはNPCが突っ立っているだけでなく、各家を訪れることでNPCと会話できるようになっています。村で受けたミッションはパーティを組んで船で目的地へ向かうというものだったのですが、波止場(桟橋?)のパーティ要請ボード?を確認していたら落ちてしまったのでそこで終わりにしました。私のオープンβテストは終了。

マビノギ英雄伝01

 今流行のアクションゲーム風MOと言えば良いのでしょうか。雰囲気はアエリアのディバインソウルに良く似ていると思います。ゲームチューのC9のように軽快なアクションで連撃をしていくのではなく、一撃がもう少し重い感じです。このゲームならではのところは何もありませんでした。もちろん既存のマビノギとはまったく別のゲームです。現状のままでは魅力がなく、人気は出ないでしょう。

いままでのマビノギはこのバナーから
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.