ネットマイルポイント交換
 ネットマイルのポイントが1100mile貯まったのでYahoo!ポイントと交換しました。交換には2日かかりました。

 交換そのものはすんなり出来たものの、交換申請の段階でてこずらされました。何がいけなかったのかわかりませんが、何度か試してことごとく申請が通らなかったのです。不正交換対策なのか、ホスト名の重複をチェックしているようです(私の推測です)。同じISPを使っている人が交換してしまうと、後から交換申請した人は二重申請したものとみなされてしまうのかもしれません。私の場合は数日おいて申請してみてやっと通りました。

 このネットマイルのアカウントはもう5・6年前からのものですし、登録個人情報にも偽りなく、不正扱いされるのははなはだ心外ですが、まあ考えてみると交換を厳しくするのは仕方がないのかなという気もします。というのもこのネットマイル、別に正確な個人情報を登録する必要はまったくないわけで、新規にアカウントをとってポイントを稼ぐだけ稼いだら適当に交換し、交換し終えたらまた別の新規アカウントでポイントを稼ぐ、ということが可能だからです。それを防ぐためなのでしょう。アカウント取得のところで厳しくしたほうが確実だと思うのですが、そこはネットマイルの事情が絡んでいそうです。不正であろうがポイントを稼いでもらったほうがネットマイルの儲けになりますからね。

 交換した1100mileは550円分のYahoo!ポイントになりました。なにか本を買って使ってしまおうと思います。再び1000mile貯まりそうな予感がまるでしないので、事実上私のネットマイル活用はこれで終わりだと思います。

砲塔を付けてみた
 砲塔を両面テープで仮止めして全体像を確認。塗装前組み立て完了。まだ少しやすりでならさないといけないところが何箇所かありますけど、もういいです。組み立ては大戦艦の次に大変でした。組み立てというか、ほとんどが本体のやすり掛けに時間をとられています。船首のライトまわり・翼・砲塔以外はすべて本体一体となっているため、その複雑な形に手を焼きました。大戦艦ですら艦橋は別パーツになっていたのに。

超巨大戦艦完成

 砲塔を設置してみると思っていたより格好良くなりました。これまた大戦艦の次に優れたプロポーションだと思います。主翼がハリボテで裏側が肉抜きされているという大きな欠点はあるものの(あと三連砲塔の一番上の砲塔これひとつだけ出来が悪いところ)、200円のプラモデルとは思えない精緻さです。この主翼の肉抜き部分は、ネームプレートパーツに使われているプラスチック分で十分埋められたと思うので、設計ミスというか判断ミスでしょうね。裏側は見えないからどうでもいいと当時は判断されたのでしょう。

 プロポーションといえば、前回記事にした通り、この超巨大戦艦のエラ(?)部分の出っ張りは水平になっておらず、向かって左が上に、右が下に向いてしまっているようです。言われなければわからない程度の傾きですが、気がつくと船首がねじれているように見えてしまいます。しかし本体一体部分なので小手先で修正するのは難しいと思います。私はこの部分は諦めました。

 これでゴーランド以外の白色彗星帝国軍はすべてとりあえず完成です。ゴーランドもずっと手を入れ続けているのですが、一進一退という感じでまったく進んでいません(といっても手を入れても1日15分とか、そんなペースなので・・・)。とりあえずゴーランド、なんとかしたいです。デスラー艦にも着手します。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.