ぷよぷよ!!体験版してみた
 PSPのぷよぷよ!!体験版を遊んでみました。普通にぷよぷよでした。1ゲーム終わるとタイトルに戻ってしまいますが、そこからまた続けて遊ぶことができるので、かなり満足度が高いです。

ぷよぷよ体験版

 このぷよぷよのうりは"ペアでぷよぷよ"という2対2の対戦にあるようです。プレーヤーはNPCの1人と組み、対戦相手はNPC2人となります。4人でいっせいにぷよぷよをやる形になり、味方の連鎖数を合算して相手方の邪魔をする、という形で進んでいくわけですが・・・。このモードの対戦相手はやけに強く感じられます。難易度設定がおかしいのでは?というくらい味方のNPCと相手のNPCの連鎖数に違いがあるのです。こっち8連鎖くらいのところを相手は15連鎖とか、まるで勝ち目がありません(たまに勝てますけど)。それでなければ自分がルールをよく理解していなくて連携が取れていないということなのかもしれません。ただ、楽勝するよりこれくらいのほうが楽しめて良いですね。ちなみに同じ難易度設定(中辛)で通常のぷよぷよをしてみるとこちらは楽勝です。

 とても面白かったので買おうかなと値段を確認してみると、まさかの4500円。1000円くらいかと思ってました。甘かったです。スーパーファミコン版のぷよぷよを今でも持っている(もちろん動きます)ので、さすがに4500円を出す気にはなれませんでした。元が取れる気がしませんからね。

 でもこの体験版は楽しく遊べると思います。おすすめ。

あとは砲塔貼り付けるだけ
超巨大戦艦途中

 とりあえず両翼の裏側を埋め終わり、本体の合わせ目ももういいやと(半ば投げ気味に)納得できるくらいまでは処理し終えました。今は船首にあるライト?の孔を掘っています。しかしこれがまた難しいのです。縦に5つまっすぐに掘らないと間抜けなことになってしまいますし、それを左右の計10の孔をバランスよく処理しなければなりません。真ん丸に色を塗れる技術があれば変にモールドを再現しようなどとは思わなかったのですが。

 これが終わればあとは砲塔を貼り付けるだけ。ただ砲塔は塗装後に貼り付けるつもりなので、とりあえずここで塗装前完成とします。

 本体貼り合せに沿った輪郭が複雑で、合わせ目の処理に思いのほか手間取りました。大戦艦より面倒かもしれません。今のところバルゼーが一番簡単だったと思います。

 追記:この段階で左の主翼(正面から向かって右の翼)が若干上に傾いてしまっていることに気がつきました。どうやら本体側の挿し込み口の微妙な角度のズレが影響しているようです。すでに主翼は接着済み、どうしようか迷ったのですが、許容できる傾きではなかったので思いきって引っこ抜いてしまいました。パーツの破損はなかったものの、その作業中に船尾の翼がひとつ根元から折れてしまいました。接着面から取れただけなので問題はありませんが、これもまた付け直しです。

 主翼の傾きの解決策は主翼の根元を削って挿し込み口に対して遊びを作り、水平になるように手動で調整して接着しなおせば良さそうです。本体差込口は3mmくらいの深さがあるので、翼の根元をある程度削ってしまっても埋没してしまうので外からはまったくわかりません。しかし完成一歩手前で気がつくとは・・・。かなり巻き戻しとなりました。

 追記の追記:どうやら主翼の傾きよりも、船首エラの部分のズレが大きいようです。エラの部分をよーく見ると、向かって左が左肩上がり、右は右肩下がりになっています・・・。この部分は船体と一体の部分なので直しようがありません。主翼の傾きを心持ち下げて妥協しておきます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.