結構楽しいC9
 C9、Continent of the Ninthを遊んでみました。以前試したときはログインすら出来なかったのですが、今回OSを変えて、IEのポップアップ許可を手動で設定して、さらには手動でファイルチェックをかけてやっと遊べるようになりました。うちの環境だとなぜか自動でアップデートが始まらず、ファイルが足りないまま起動しようとするのでエラーが出てしまっていました。最初は何が原因でエラーなのかわからず困ってしまいました。起動するまでが本当に大変で、第一印象は最悪。

 しかし遊んでみるとなかなか楽しめるゲームです。先に記事にしたディバインソウルと似たようなゲーム、要するにドラゴンネスト系のゲームです。カーソルの表示を切り替えるシステムなのもディバインソウルと同じなのにはまいりましたが、楽しさはこちらのほうが明らかに上です。

シーナインボス
いきなりボスっぽいのと戦う。NPCと共闘!

 何が楽しいのかって、ゲーム開始直後から物語に引き込まれるような演出がされていて、自然にゲームの世界に入っていけるところです。開始すぐにNPCと一緒に町を襲撃してきたモンスターと戦うことになります。そしてボスっぽい敵が登場、一戦して相手は余裕を見せながら退いて行きます。このあたりでこのゲームは良い意味でちょっと違うと感じました。NPCが個性的で魅力的なのもゲームの楽しさに繋がっているかもしれません。彼らはクエストでしばしば一緒に戦ってくれます。レベル10でドラマチックな展開が待っていますが、どのようなものなのか、それは各自遊んで確認してみてください。

シーナイン
町を襲ってきたモンスターを、やはりNPCと一緒に掃討!

 当然ながら、ダメだなと思うところもあります。まずなによりキャラクターデザインが・・・。顔の個々のパーツから体型まで、かなり細かく設定できるのですが、ベースのデザインが良くないのでどうにもなりません。ここがもう少しマシなら相当人気が出そうなゲームになりそうなのに。惜しい。あとはやっぱりカーソル表示切替の操作性ですね。結局、マウスひとつに攻撃(左右クリック)とカメラ操作を担わせるのに、そうするしかないということなのでしょう。でも遊びにくいです。ディバインソウルよりはC9の操作性のほうがマシですけど・・・。個人的にはファンタジーアースのようにカメラ操作は右クリック押しながらマウス操作、攻撃は左クリック、これのほうが単純明快で遊びやすいです。

 あと個人的な問題かもしれませんが、このC9はものすごく酔います。私は1プレイ30分が限界。キャラの動きにあわせて画面全体が小刻みに動くのが合わないみたいです。これがとても辛い。

 8月末までに、キャラをレベル20以降の二次職にした人の中から9名にノートPCが、レベル10以降のエリートクラスにした人の中から99名にBitCash10000円分が当たるキャンペーンが行われています。レベル10までは予備知識ゼロで始めて2時間くらいでしょうか。私はそれくらいでした。エリートクラスというのが良くわかりませんが・・・(昇級試験クリアのこと?)。今から始めても余裕でレベル10にはいけると思います。ただ、結構遊んでいる人はいるので、当たる確率は低そうです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.