ディバインソウルしてみた
 アエリアのMORPG、ディバインソウルをプレイしてみました。記事にはしていませんが、ずっと以前のβテストに参加して、これは記事にすることがない・・・ということで放っておいたものでした。今回改めてJANetで広告が配信され、本人利用(ゲーム起動)で報酬が貰えるとあったので、それならもう一度とやってみるかと重い腰を上げました。

ディバインソウル

 ゲームのほうはドラゴンネストっぽいアクション性の高いものになっています。ただ、操作性は非常に悪いです。メニューはマウスでカーソルを動かして操作、キャラはAltキーでカーソルを消してマウスで操作、この切り替えがとんでもなく面倒くさい・・・。どうやらまずゲームパッドでの操作ありき、それをキーボード操作に変換したためにこの謎仕様になってしまったと思われます。ゲームパッドの操作感はハマると公式サイトの説明にありますが、少なくともキーボードの操作感は話になりません。これは人は集まらないような気が。

 上のスナップショットはチュートリアルの対キメラ戦です。キメラは大きくて迫力があり、ここだけは割りと楽しめます(すぐ終わるけど)。PvPにするより、こういう巨大モンスターにみんなで挑んで攻略するゲームにしたほうがよっぽど楽しそうです。



レベル38!
 屋台の鉄人はランク16クリアまできました。どうやら貰える壁アイテムは15枚で1セットのようです。ランク16で貰えるもの(16枚目の壁)は、ランク15のものと続きモノながら絵柄が反転しています。つまり、この2枚は角を挟むように設置しないと綺麗に並ばないわけです。このイベントに参加するのに飽きたら、ランク15クリアのところが止めどころだと思います。私も面倒になってきたのでここで止めます。

レベル38

 セルフィれすとらん、本店オーナーレベルが38になりました。本店伊勢海老(8コンロ)・支店ココロパン(39コンロ)で回すのがかなり上手くいっています。ペコが減りも増えもしません。最後の支店を開く資金4千万ペコが貯まったら、このパターンで料理をし続けるのはおすすめできます。支店のココロパンは完成に5時間かかりますから、本店の伊勢海老が15分で完成した後に本店でもココロパンでも作っておけば少しずつですがペコも増えていきます。ここで欲張って伊勢海老を作り続けるとペコがなくなってしまいます。ペコがなくなると、私の経験上ゲームにログインする気がなくなるのでおすすめしません。支店のココロパンが完成するまでに作る本店の伊勢海老は1回(8コンロ)のみ、これを守って進めたほうが長く遊べると思います。

 最後の支店を持てるまであとレベル2。このペースなら年内にいけるかもしれません。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.