nanacoカードの名義登録
 nanacoカードの名義確認が必要になったので、カードの裏のサポート宛に電話で問い合わせをしてみました。私は登録の用紙を返送していなかったので、そもそも名義登録がされていないことが判明。そしてあとから名義登録することは出来ないという説明を受けました。nanacoカードと対になっている登録用紙(カードの台紙になっていたもの)でないと登録を受け付けられないそうです。カードを貰ったときに確かに返信封筒もついてましたし、さっさと名前を書いて送り返しておくべきでした。

 ただ、実は私はその登録用紙と返信用封筒を取っておいたので、今更ながら名義登録をすることが出来ました。名前と生年月日を書いて投函するだけ。たいした手間ではありません。

 どうしても名義登録をしたい、しかし登録用紙はないという場合は、新たにカードを作ってそちらを使ってくださいとのこと。新旧カードのポイントは合算できません。でも適当に旧カードのポイントを使い切ってしまえば良いだけですし、特に問題にはならないでしょう。

 サポートの電話対応はとても丁寧でした。

ニンテンドー3DSの値下げに関するアンケート
 ニンテンドー3DSの値下げに関するアンケートに答えると、抽選で20名にAmazonギフト券5000円分が当たります。誰でも答えられますよ。

 3DSが失敗(?)したのは価格設定のせいではないのと思うので、この値下げですぐどうなることはないような気がします。やっぱり遊びたいと思わせるゲームがないと・・・。テレビやゲーム機の3D機能が目玉にされた(そういう流れに持っていった)時期もありました。しかし消費者もまったくの馬鹿ではないので、すぐ正気に戻って3D機能に対する興味を無くしてしまったのも痛かったのかもしれません。そもそも3Dテレビからして売れてませんし。

 個人的にはDSとの表示の互換性がいまひとつなのが3DSの魅力を大きく損なった原因だと感じています。今更どうしようもありませんけどね。

装備の耐久度管理が大変かも
 魔法の森のだいぼうけん、ワールドマップ5まできました。なんとなくわかってきました。

・キャラのレベルはキャラの強さに関係ない。レベルが高いほどショップの品揃えが増えていくだけ。
・戦闘するより探索しているほうが経験値稼ぎ効率は良い。なので、強敵は相手にせず、探索して素材を集めて装備を充実させるのを優先すべき。
・"ともだち"のキャラは実際のキャラの装備の充実度が反映される。良い装備のキャラのほうが強い。
・助っ人3人は弱いので戦闘には使わず、探索に回す。
・友情パワーはパーティを組むと上がる。上がるとどうなるかは不明。
・装備の強化は素材となる装備も強化しておくと効率良く強化できる。
・自分の森のハルフィ達は1日経つと移動する。編集の邪魔になってるハルフィは移動するまで待ってから編集するしかない。
・耐久度が0になったら強化すると元に戻せる。

 お金を使わなくてもそれなりに遊べます。1プレイ10分もないこのゲーム、4人のHPを全快させるのに290円もかかるので、むしろあまりのめり込まずに遊んだほうが良さそうです(1日経てば全快します)。ただ、装備の耐久度がすぐ0になるのがねぇ・・・。武器の耐久度を戻すのはわけないのですが、防具については素材を集めないといけないので手間がかかります。もう少し遊びやすくして欲しいですね。

魔法の森のだいぼうけんしてみた
 アットゲームズに新しく追加されたゲーム、魔法の森のだいぼうけんをしてみました。これはセルフィをそのままプレイヤーキャラとして使えるRPGです。以前期間限定で遊べたなりきりクエストのような見せ掛けのRPGではなく、わりとそれっぽく出来ています。


 仲間を3人加えて最大4人のパーティでダンジョンを走破していきます。ダンジョンといっても序盤は1フロアのところばかりですが・・・。仲間はフレンドのセルフィを使うことになります。フレンドがいない人でも助っ人というNPCが3人用意されているので一応問題ありません。一応といったのは、フレンドキャラには友情パワーというパラメーターがあり、一緒にパーティを組んでいると上がっていくところ、NPCの助っ人にはそれがないからです(正確にはパラメーターはあるけど上がらないみたい)。この点で後々差がつくかもしれません。また、フレンドキャラは実際のフレンドキャラのレベルが反映されるようなので、やりこんでいるフレンドキャラを仲間にしたほうが戦力になるようです。


 だらだら探索するようなものではなく、ワールドマップで目的地をクリックすると即移動、ダンジョンに入ったら雑魚とボスを倒す、非常にテンポのよい内容です。ただ、探索しているだけでどんどんHPが減っていくので、一度に長時間遊び続けるのは難しくなっています。HPを回復するにはリアルマネーを払うか、時間の経過を待つしかありません。今のところはそのあたりでお金をとろうという算段のようです。ガチャガチャはまだありません。

 始めたばかりで評価しづらいのですが、面白くなるといいなと思います。



薄いらしい・・・
 最後の約束の物語 設定資料集、早くもAmazon.co.jpにレビューが上がっています。やっぱり薄いみたい・・・。実は以前検索してみると、この設定資料集は70数ページであるという情報があったので、私はそれで予約するのを止めてしまいました。実際何ページあるのかはわかりませんけど(そしてその情報をどこで見たのかも忘れてしまいましたけど)。A4サイズでソフトカバーで70数ページで2000円って、悩むまでもないです。

 ゲーム発売直後であれば間違いなく買ったと思います。しかしそんな薄いのに2000円、もったいない、今更もういいやというのが現時点での判断です。代わりにちょっと豪華なランチでも食べることにします。

 それでも具体的な内容が知りたい!という人はこちらに見開きだけ紹介されています。確認してみると良いでしょう。

 それにしても、最後の約束の物語 設定資料集で検索すると、うちのブログはやけに上位に出てきますね・・・。なぜ。最後の約束の物語だけだとまったく埋もれてるのに。

 これで最後の約束の物語関連の記事は最後になるかもしれません。もう話題もありませんし。期待感と合わせると一周目はなかなか楽しいゲームでした。期待感が消え失せた二周目以降はみるところのないゲームでした。もう少し楽しめる内容にして欲しかったと思います。

合成できるとはいえ・・・
 セルフィれすとらんで期間限定でアイテム合成が出来るようになりました。といっても完全に自由に合成できるわけではなく、合成可能なアイテムは限られています。そして合成されるアイテムもそんなに多くないみたいです。しかも合成結果は4種からランダム。アットゲームズでいうランダムは、人気のないアイテムの出る確率が高く、人気のありそうなアイテムは出る確率がほとんどないという、えせランダムですけどね・・・。材料となるアイテムとは別に1回30000ペコかかります。合成に失敗することもあるようです。現金を出せば必ず成功するようにすることも出来ます。


 試しに余りまくっているトーテムポールと使わない手洗い型テーブルを合成してみると、床アイテムが1つ合成されました。1つ。床アイテム1つって・・・。これでどうしろというのでしょうか。せめて10枚単位にしてくれないと使いようがありません。

 余っているペコを有効に使えるシステムだったら良かったのですが、正直なところこれはアイテムとペコを捨てるだけのものに思えます。

お金を捨てるようなもの
 100万人記念ルーレットをしてみました。狙いは共通装備のティファレンシアセット。しかし、メイン3キャラで7回ずつやっていずれも出ませんでした。フェンサー用に欲しかったのですが残念。片手ウォリアーにだけ片手武器セットがでました(いらないです)。

 結局、21回で武器セット1つにヴォイスチケット1枚。酷すぎですね。仮に現金を使って21回ルーレットするとなると4000円かかります。信じられません。昔は5回やれば武器セットが1つ2つ出たものなのに(なので、捨てキャラで貰ったゴールドコインで武器セットを当ててリサイクル、そのリングでリング装備を買ってメインキャラに送ったりしていました。本当に簡単に当たってましたよ)。

 残りコインから計算してあと22回ずつルーレットすることが出来ます。どうしようかな。正直なところ、現行ファンタジーアースの装備デザインは好きではないので、この先のルーレット装備で自分の欲しいデザインのものが出てくる可能性はあまりないような気がしています。つまりここが使いどころなのかも?

 さらにリングも消費すればプラス20回ずつ出来ます。しかしそれをしてしまうと、おそらくこのゲームから遠ざかることになりそう・・・。リングの数はここまで遊んできた証のようなものなので、すぐ取り戻せる範囲でないとモチベーションが損なわれそうです。まあ日を改めてあと3回ずつくらいやってみようと思います。

 そういえば、100万人突破スペシャル記念サイトで右クリックしてみると、メニューのトレードから壁紙がダウンロード出来るようになっています。こんなふうに隠さなくてもいいのに。

85Wにまで減らせた
 Windows7杯 自作PCの祭典2011 真夏の省電力スペシャル参加向けにPCの構成を見直し、改めて消費電力を計測してみると、アイドル状態で85W、OCCT負荷をかけた状態で240W!、スリープ状態で3Wという結果となりました。

 別になくてもかまわないハードディスクを1台はずし、外に引き出して扇風機代わりに使っている12cmファンもはずし、それで10W削減に成功。ケース内にはまだ3つも12cmファンがあり(しかも全力で回ってる・・・)、ハードディスクも2台あるので、詰めればさらに10Wはいけそうです。ただ、普段使いの実用性を大きく損なってまで消費電力を削減する意味はないので、この構成に決めました。

 驚いたのは負荷時240Wという数値です。ファンタジーアース起動中で150W程度だったのに、OCCTでは数値が跳ね上がりました。びっくりしました。まあこれは極端な例ですが、無駄にベンチマークを走らせるのも考えものだとつくづく思いました。

 実はPC本体をいじるより、液晶モニタのバックライトを暗くするという方法で簡単に消費電力を削減できます。明るめで使っている人ならたったこれだけのことで10Wは減らせます。試してみてください。

 追記:24日の夕方に無事投稿を済ませると、その時点でのエントリー数はすでに150近くありました。これはすごいことになってますね・・・。

うちのPCの消費電力は100W
 うちのPCの消費電力を計ってみると、100Wを挟んで前後していました。負荷をかけて150Wくらい。かなり高い気がします。メモリモジュール4枚、ハードディスクは無駄に3台積んでいるPCなので当然といえば当然です。このあたり見直せばもう10~20W程度減らせそうですが・・・。

 それでも時間当たりの電気代は2円でした。1日8時間使うとして16円、月500円です。仮にお金をかけて消費電力半分のPCにしたとしても月250円浮くだけ。年にして3000円。しかし消費電力半分なんて、PCを一新しないと無理でしょう。まったくの自分本位の視点からは、お金をかけて新たに省電力PCに仕立てるのはもったいない、投資に見合わないという結論になりました。

 Windows7杯 自作PCの祭典2011 真夏の省電力スペシャルにはこの100WPCで参加することにします。

 追記:USBコントローラーと無線マウスレシーバーを外すと95W以下になりました。100Wは超えなくなりました。コントローラーなんてヒーローズインザスカイを遊んでいた頃の名残でそのまま挿していただけなので、さっさと外しておけばよかったです。USB地デジチューナーは、視聴ソフトを起動しなければ目に見える電力消費はありませんでした。起動中は+20Wくらいになります。意外に食う感じ。あとはハードディスクとファンをいくつか外せば80W近くまでは落とせそうです。グラフィックカード使ってこれなら、特に高いというほどでもない気もしてきました。定格省電力部門に参加するのでCPUの電圧はそのままです。

レベル37からきつかった
 フェンサーはレベル37になりました。38にするのに必要な経験値は1000万ほど。1戦で10万前後なので100戦する必要があります。モンスタースマッシュ1回でもほぼ同じくらいの経験値でした。経験値稼ぎ目的の範囲では、戦場に行くのはもはや時間の無駄ですね・・・。モンスタースマッシュはどんなに長引いても15分しかかかりませんから。

 とはいえ、モンスタースマッシュを100回したいとは思いません。あぁやっぱり経験値2倍期間中に頑張っておけばよかったです。5倍書使えばたったの10回でレベルアップしたのに。すごろく用に別キャラも動かしたため、フェンサーは1日2戦くらい(しかも途中参加ばっかり)しかしなかったのが失敗でした。

 次の機会、もし別キャラを40にするときは37から5倍書で一気に引き上げよう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.