セルフィれすとらん攻略
 セルフィれすとらんのレイアウトについて検索してくる人が多いので、私の経験からわかったことを書いておきます。

ゲームを起動した状態で評価100を維持できるレイアウトは存在しない

 基本的に、自分の好きなレイアウトにしてしまってかまいません。というのも、本店評価90以上でやってくる客の群れをさばききることは絶対に不可能だからです。ウエイターの数が5人以上いれば適当なレイアウトでも評価80あたりで落ち着くと思います。ウエイター7人で無駄な動きがないよう配置しても評価90前後が限界です。考えるだけ無駄です。


 しかし手動で管理すれば評価100を維持するのは簡単だったりします。適当に客を入れた後にれすとらんを準備中にすればよいのです。画面右上の本店評価の書かれているタグにある"▽"のマークをクリックすると準備中になります。これだけで客が来なくなります。すでに座っている客には影響しません。したがって、さばききれない客がでないため、評価が下がることがないのです。客がすべて帰ったら準備中を解除し客を入れる、一杯になる前に準備中にする、この繰り返しです。簡単に評価100になります。100にしても特に何もありませんけどね。準備中のまま放置しておくと評価がゆっくりと下がっていくので、そこだけ注意してください。

 というわけで、先にも述べましたが、まずは自分の好きなようにレイアウトして、本店評価は任意に手動で調整するやる方が基本だと思います。

ゲームを閉じている間に稼ぎたいならテーブルとイスを敷き詰める

 いやそうではなくゲームを閉じている間に効率的に売り上げを伸ばしたい、そういうレイアウトがあれば知りたいというのでしたら、それはあります。実はゲームを閉じている間の売り上げは、単純にテーブルとイスの数、そして評価の値で決まります。実際に客がイスに座れるかどうか、ウエイターが料理を運べるかは関係ありません。評価が100であれば、あとはテーブルとイスを敷き詰めれば敷き詰めるほど売り上げが伸びていきます。

一見無駄なレイアウト、でもゲームを閉じている間はこれが有効

 ゲームを起動してながめているのが好きだというのならともかく、そうでなければ評価調整用に一区画だけ接客できるようにレイアウトし、あとはテーブルとイスをセットにしてぎっしり敷き詰めておくこのやり方は非常に効果的です。ココロパンを作りすぎて皿数がなかなか減らないような状況で特に有効です。これは盲点だと思います。試してみてください。

最大の攻略法、それはココロパンを毎日作り続ける

 作る料理は現実的に考えるとココロパンが最強です。これを毎日作り続けるのが最も確実なセルフィれすとらん攻略法でしょう。とにかくお金の増え方が他の料理とはまったく違うので、モチベーションを維持し続けられるというのが大きいです。他の料理でちまちまやっていても多分途中で飽きてしまうと思います。実は私も飽きました。やっぱりココロパンか・・・とココロパン一筋にしてみるとまた続けられるようになりました。

悩んだらココロパン!

 ココロパンが作れないうちはピッツァやハンバーグ、グラタンあたりを作り続けるとよいでしょう。何を作るにせよ、とにかく毎日1回はログインして料理をし続けるのがれすとらんを発展させるコツです。

支店でハンバーガーを作り始めてから本店の料理にとりかかる

 本店のコンロの数が増えてくると料理するのも大変です。すべてし終えるのに3分くらいかかります。そこでこの3分を有効に使います。本店の料理を作り始める前にまず支店でハンバーガーを作り始めるのです。それから本店で料理を作るとその途中でハンバーガーが完成します。そしてまた支店でハンバーガー作る→本店で途中になっていた料理を継続、という感じで進めていきます。これで同じ時間をかけるにしてもハンバーガーの分だけ経験値が余計に稼げるというわけです。支店の数が増えてくるとこの稼ぎ分が馬鹿にならなくなってきます。もちろん上位のハンバーガーが作れるレベルならそちらを作ってください。

 本店で料理するのはめんどくさい、支店だけで手軽にやっていきたい、もちろんそれでもかまいません。しかしそれでは本店のエリアレベルが上がりません。ウエイターの数が増やせず、本店の拡張もできなくなります。デメリットがあることを理解した上でおこなってください。

 自前でフレンドを調達する方法はこちらに記事にしてあります。あわせてどうぞ。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.