やっぱり倒せたけど
 エブリデイ・メサイアのメルカザル、今回はスキル攻撃3発で倒すことができました。まずスキル1発撃ってメルカザルの攻撃を受けたところで放置、翌日スキル2発撃って倒した形です。やはり戦闘中に0時を挟む形であれば倒せるのは間違いないようです。ただ、以前に倒したときはスキル攻撃2発分で、あれはなんだったのか意味不明。

 星剣ディアスランガのスキル攻撃3発は1000ダメージ強になる計算。私は当初はメルカザルのHPは1000なのではないかと予想していたので、これなら計算が合うことになります。しかしスキル攻撃3発分のMPがないので、普通に戦ってもまず倒せません。よくわからないゲームバランスです。

 ちなみに回廊(120)より先はなく、どれだけ進んでも(120)のまま。そして(120)では鋼機兵と処刑機兵しか出てこないようになっています。

ラシュディは使える
 とりあえずリゼットのルートが本当にあるのか確認のために第二章の中ボスを倒したところまで進めてみました。ここまでは何もありません。つまらなくて飽きてきました。

 パーティはウォルフ・ラシュディ・マラルメ・カインです。今回セレスは外しました。セレスはレベルが上がるととても頼りになりますが、そこに至るまでが完全にお荷物なので、即戦力の面子で構成しました。中ボスと戦う直前でマラルメがレベル19、他の3人はレベル20。ここまで一度のやり直しもなく、中ボスを倒すところまでは楽勝でした。

 やはり序盤はラシュディの使い勝手が頭ひとつ出ている感じがします。セレス使うより断然楽になります。オススメ。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.