2周目も第四章へ
 2周目第三章クリア。なんだか随分と簡単に感じました。1周目ではSPを削られてしまったボスも、まったくの余裕でした。マラルメの攻撃力のおかげで戦闘が長引かないのが良いのかもしれません。ボスとの戦闘中にMP回復をするまでもなく、さくっと倒せてしまいました。倒した時点でウォルフがレベル37。

 クリアして素材を売ると、魔導波相殺装置・魔導波増幅装置なるアイテムが練成できるようになりました。前者は一定時間鋼機兵に発見されなくなる、後者は発見されやすくなる効果があります。ものすごいコストがかかるため湯水のごとく使うのは難しいのですが、第五章あたりでさっさと先に進みたいような場面では有効なアイテムかもしれません。

 2周目といってもシナリオは1周目とまったく同じです。トビーがアレで、セレスは離脱、そして復帰。個別メサイア絡みのミッションを選択して、ちょこっとそのメサイアとの会話がある、違いがあるとしたらその部分だけです。このあたり、改善の余地が大きかったかなと感じます。何度もプレイすることを前提としないで、初めの1周に多くを詰め込んだほうが絶対に良かったと思います。シナリオについては1周だけプレイしても評価のしようがありません。

 まあでも私はこのゲーム、結構好きですよ。大きく期待はずれで残念は残念でしたけどね。

レベル100目前
 エブリデイ・メサイア、ついにレベル99となりました。回廊(120)に向かう途中でレベル100になることが確定したので、とりあえず司令機メルカザルを目指したいと思います。そろそろ倒せても良いのではと思うのですが。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.