今度は名古屋支店
 セルフィれすとらんのオーナーレベルが30になり、久々の新店舗購入です。伊勢えびのレシピを積極的に使うようになってから、経験値稼ぎの速度が別物になりました。本店で3か4コンロ使うと良いですね。支店はすべてココロパン。これで赤字にもならずまわしていくことができます。もちろんお金稼ぎのペースは落ちますけど、その分早く新店舗で稼げるようになるので損はないと思います。


 最後の支店はレベル40、資金は2000万必要です。伊勢えびのレシピのままだと貯まらないかも。先にレベルが40に到達してしまいそうです。まあそのあたりは上手く調節します。支店はレベル40で終わりなのかなぁ。それだと経験値を稼ぐ楽しみがなくなりそうです。



不具合発見
 西門第二区画にトビーを連れて行くミッション、開発途中で発生する順番を入れ替えたためなのか、話の内容がおかしくなってますね・・・。それと、第二区画に入ったその部屋だけ、なぜかマップがなかなか出せないという不具合を抱えているようです。

 マップが出せない不具合はどうでも良いのですが、ミッションのほうはちょっと残念。普通にテストプレイしていれば絶対に気がつくところなのに。

 そういえばエブリデイ・メサイアの金貨プレゼントキャンペーンは今日までです。3万を超える応募者の中から誰に当たるのかな。当たった人がうらやましいです。

半分まできた
 第二章クリア!残り13時間(ユグドラ時間で)となりました。第二章のボスはエブリデイ・メサイアで魔法を使ってくるアレです。エブリデイ・メサイアのものとは比較にならないほど強くなっているものの、初見で誰もやられることなく倒せました。レベルも装備もアイテムも整った状態で戦えるのでメルカザルより組しやすいと思います。


 この一戦で、ボス戦でのみ起用しているジャイロがレベル22から30まで一気に上がりました。一緒に戦ったマラルメはレベル25なのに。なぜ?

 あと、一番最初、ボス直前のイベントが終わったところでロードに失敗し、PSPが落ちてしまいました。PSPの本体の電源を入れ直し、ゲームを起動してロードしてみると、キャラが勝手に左方向に走り出してしまうのです。これには焦りました。壊れたのかな・・・と適当にいじっているうちに直りました。どうやらアナログパッド部分が反応していたようです。まったく動かしていなかったにもかかわらず、です。ソフト的な問題だったのか、それともたまたまこのタイミングでハード的な問題がおきたのかはわかりませんが、同じ現象がおきたらアナログパッドをいじれば直ると思います。

 これでゲームも折り返しです。はっきり言ってそんなにすごいゲームではありません。内容が薄いというかなんというか・・・。ユグドラ最後の日なのに、子供の落とした人形を探し歩いたり、日記帳の持ち主を探したり、だいたいメサイアの誰一人黄金の武器を装備していないってどういうこと?などなど、つっこみどころが多すぎます。もっとぎゅっと詰まった内容だと期待していたのですが、その点については完全に期待はずれとなりました。有料版エブリデイ・メサイアと考えればそこそこ遊べますが。

なんとなく話が見えてきたような
 第二章も中盤(?)、中ボスっぽい魔導を使う機兵が出てきました。全体魔導攻撃がかなり強く、まともに喰らうとやられてしまいます。しかしリゼットのアドバイスのタイミングでガードすれば耐えられます。レベル17のジャイロでも生き残ったくらいなので、ここまで固定メンバーで遊んできたなら余裕でしょう。そこから体勢を立て直して反撃、1体倒してしまえばあとは簡単です。倒すとレベル17のジャイロは22になっていました。これは便利。

 第二章からパーティに加えられるセレス、最初は弱すぎて使い物になりませんが、全体攻撃スキルを覚えると大活躍できます。ただ消費MPが大きすぎるのが難点。私はウォルフとカインは固定、あとのふたりは適当に入れ替えて遊んでいます。ラシュディの全体マヒ付加スキルが回廊探索中はとても役に立つので気に入っています。ボス戦では入れ替えてしまいますけどね。

 なんとなくここからの話の展開が読めてしまいました。ここまで遊んだ人なら誰でもそう思うでしょうけど。それともさらに意外な展開があるのでしょうか。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.