星剣ディアスランガ!

 素材集めに回廊(71)から進めてみると、ブラックダイヤが2個もでました。とりあえず1個はいらないので売っぱらって資金調達。練成に足りなかった鉄鉱石を市場で購入して、最後の武器、星剣ディアスランガの完成!です。攻撃力は35、ミストルティンからたったの+5。これで司令機メルカザルが倒せるとはとても思えませんが・・・。まあでも再度挑んでみます。ダメなら防具練成へ。


 ちなみに、星剣ディアスランガから他の武器へ変化させるのに必要な素材はそれほど多くありません。鉄鉱石が15個、それに飛翔石か魔鉱石が8個(どちらが必要かは武器による)程度なので、ブラックダイヤさえあればころころ武器を変えられそうです。最後の約束の物語の本筋からは神刀ザナドゥにすべきかもしれませんが、エブリデイ・メサイア攻略としては星剣ディアスランガのほうが良いのではないかと思います。

そこそこ遊べる気はする
 聖境伝説のキャラはレベル15になりました。ゲームの展開としては特に目新しいところはありません。クエスト貰って指示通りこなして報酬を貰う、その繰り返しです。先日、グランドファンタジアとほとんど同じだと書きましたが、クエストの書が売られていて、それをこなすとそこそこ良いアイテムが貰えるところも同じです。


 異なるのは1キャラで好きな職を遊べるというところでしょうか。いつでも転職できます。職ごとにレベルがついてくるので、全ての職を均等に育てるもよし、ひとつの職にこだわってそれだけでいくもよし、そんなふうになっています。

 防具による外観の変化は基本的にないようです。防具ではなく一定のレベルごとに変わるのかもしれませんが、そこまでのレベルに到達していないのでわかりません。その代わり、外観の色を染めることである程度着飾れるようにはなっています。固有の防具を染めるわけではないので、装備を変えても色はそのままです。ただ、自由に好みの色にできるわけではなく、1つ70円(リアルマネーで70円)の染料を使うと4色のうちからランダムで染めることができるようになっています。ランダム、というところがミソですね。ユーザーに無駄金を使わせようとするシステムになっています。武器の外観は武器ごとに変わるようですが、染めることはできません。


 いわゆるアバターは2000円くらいします。それで割引価格らしいので、正式サービス以降ではいくらになるのやら・・・。ペットの犬は1000円以上します。えさが40円。ペットには耐久度が設定されており、えさを与えることで回復させることができます。この耐久度は100から1になるのに数時間程度しかかからないので、ペットを使いたい人はえさ代も相当かかりそうです。これとは別に、ガチャガチャのようなものもくるでしょうから、結構高くつくゲームかもしれません。お金は使わないという人でも一応遊べるようにはなっています。染料もペットもクエストの報酬として入手できます。ただしペットのエサまで手に入るかは不明。

 今のところはそこそこ遊べるかなという印象です。今からグランドファンタジアを遊ぶくらいなら間違いなくこちらのほうが良いでしょう。

 追記:4月20日に1BC=20円となることが運営から発表されましたので、記事中の値段はすべて倍になります。高すぎ・・・。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.