回廊(60)到達!
 今日のエブリデイ・メサイアは回廊(60)到達!でした。TURN7で処刑機兵に出くわすもこれは撃破。さらに次の処刑機兵は無理という状態であえて歩を進めてみるとTURN9まで雑魚が続きました。雑魚といってもこのあたりのはかなり強いですけど・・・。そして運が良いことに、TURN9の雑魚を倒したところでレベルアップ、全回復したのです。これでボス戦が楽になりました。


 回廊(60)のボスは司令機ムリエル。Lv52クレイモアスキル攻撃一発では倒せず、二発で倒しました。スキル一発+通常攻撃で倒せるかどうかはわかりません。経験値は1200も貰えたものの、レベルアップには届かず。

 今日は運が良かったです。

3つめの支店は広島に

 セルフィれすとらん、オーナーレベルが12になり、3つめの支店を開くことができました。4つめはレベル20にならないと開けません。しかも資金は3百万!たっかっ!


 1日5分で遊べるという偽りの売り文句のブラウザゲームが多い中、このセルフィれすとらんは本当に1日5分で十分遊べます。実際私は1日1回ログインして、作る料理を選んでおしまい。時間のあるときにレイアウトをいじって自己満足。それだけでここまできています。箱庭ゲームが好きなら結構楽しめるのではないかと思います。フレンド内でのレベルランキングという競争要素はありますけど、それ以外は本当に自分ひとりの世界。店舗の改装に精を出すもよし、のんびり気ままにやるもよし、思いのまま。気軽に遊べますよ。



サファイア狙いでルビーが出た・・・
 今日のエブリデイ・メサイアは純粋にアイテム狙いと経験値稼ぎ目的で、回廊(40)に戻って遊んでみました。敵のレベルは40台に落ちるので少し戦いやすくなるのですが、やはりレベルアップが遠いので連戦はきついです。4戦して1上がる、そんな感じです。回廊(50)では再び司令機兵と戦うことになりました。倒すと経験値は1000入るので美味しいです。回廊(51)で処刑機兵から先制を喰らうも返すスキル攻撃で一撃粉砕。続く(52)でやはりまた処刑機兵から先制を喰らって、今度はHPが足りずに終了。先にスキル攻撃一発で倒せたので、先制じゃなければ勝てたのに・・・残念。

 そんなこんなでレベルは50に到達しました。

 回廊(40)から進む途中でルビーを入手しました。ルビーはサファイアのひとつ上の宝石です。ああ、サファイアだったらよかったのに!もしかして回廊(30)台まで落とさないとサファイアでないのかな。これは相当停滞しそうです。

やはり無理だった
 エブリデイ・メサイア、やはり回廊(50)以降は厳しかったです。Lv46ではまったく足りません。雑魚も一撃では倒せず、そして一撃30くらい喰らうので、いざ処刑機兵が出てきたときに耐えられるだけのHPが残っていません。久々にあっという間に終わってしまいました。レベルは47に。

 レベルアップに必要な経験値がかなり多くなったため、回廊(40)台に戻るにしてもあまり連戦できそうもありません。ここにきてやっとまた最初の難易度に戻ったかも?

進むべきか留まるべきか
 今日のエブリデイ・メサイアは回廊(40)から(50)まで、Lv46になるまでにボス2体と戦いました。このあたりでいっぱいいっぱいな感じです。本来、回廊(50)以降はLv50以降が対象でしょうから、少し急ぎすぎたようです。武器もクレイモアのままではね。しかし練成するにも素材も宝石も足りません。宝石はさっぱりでません。上の階でもサファイアでるのかな・・・。進むべきか一度回廊(40)あたりで素材・宝石集めをするか、悩みます。



 レベルも今までのようにほいほいとは上がらなくなってきました。処刑機兵2体倒せば、というところでしょうか。回廊(51)で戦った処刑機兵はスキル攻撃1発では倒せなかったので、処刑機兵2連戦は厳しいです。やはりここらで新しい武器が欲しいところです。

アンケート依頼が多すぎる・・・
 年度末予算消化試合が始まったのか、ここのところアンケート依頼がどっさりきて処理するのが大変なくらいになっています。しかしそのおかげもあって今月は次々と換金可能ラインに到達しました。マクロミル、gooリサーチ、サイバーパネル、iMiネット・・・。マクロミルは普段からひと月ふた月で500円貯まるのであまり関係ないかもしれませんが、iMiネットは登録してから数年経って初めて換金可能ポイントに到達しました。200ポイント、2000円です。

 iMiネットはもともとはまともなアンケート系サイトでした。しかしいまでは半ば怪しい感じです。なになにを買ってアンケートに答えると何ポイント!(費用はもちろんこちら持ち)というような依頼ばかりきます。それでも中には手軽なキャンペーン募集もあって、それをこなしてやっと200ポイントに到達。これでもういいやというのが本音です。見境なく応募する気があるなら非常に貯め易いポイントサイトだとは思いますが・・・。試してみたい人はこちらからどうぞ。

 想定外の小金が入ったので、最後の約束の物語をセブンネットショッピングで予約注文してみました。セブンネットショッピングなら発売日に届きます。たぶん。

マント精錬!
 エブリデイ・メサイア、Lv40まで上がりました。回廊(30)から進めたその途中で素材が揃ったので一旦帰還。マントを練成しました。そして改めて回廊(30)から始めて(38)で処刑機兵を倒したところで次の一戦に勝ち目がないと判断し、そこで休憩をとり今日のプレイを終えました。


 マントは先制+20%オプション付きなので、クレイモアとの相性はとても良さそうです。しかしこの回廊から登場する可翔機が非常に素早く、マント装備でも先制を喰らいました。雑魚なので余裕で倒せますけどね。

 Lv40だとMPにも余裕があり、スキル攻撃を2回繰り出せるだけの数値があります。今のところスキル攻撃2回喰らってもまだ倒れないような敵はいないので、回廊(40)のボスもおそらく楽勝で倒せそう・・・。先制攻撃を喰らわなければ、ですが。


 レベルアップに必要な経験値が多くなり、ここからのペースは若干落ちそうです。

明らかにバランスがおかしい

 今日のエブリデイ・メサイア、1プレイで一気にLv36まで上がってしまいました。Lv35処刑機兵まではクレイモアのスキル攻撃一発で倒せてしまうので、先制されても一撃必殺→経験値大量獲得でレベルアップ→と同時に全回復、この繰り返しであたかも永久パターンにはまったかのようでした。ゲームバランスがおかしいですね。Lv36処刑機兵に先制を取られてやっとやられましたけど。結局回廊(21)から(36)まで、TURN17になるまで生き延びました。


 開始間もなくTURN7で処刑機兵が出たので、ああもう終わりか程度に思っていました。しかし運良く先制は取られずまず一体撃破。次いでTURN8でも処刑機兵でしたが同じく撃破。一度処刑機兵が出るともうずっとそれしかでないというわけではなく、TURN9では普通の機兵で一服。そしてTURN10で回廊(30)のボス、司令機マルキダエル登場。ここまでの司令機同様ツヴァイハンダースキル攻撃一発で倒せる程度の弱さでした。


 ここで一旦帰還して武器をクレイモアに練成。特になんだということもなく、先制-20%オプションもそのまま。しかしこれで処刑機兵と戦ってみるとスキル攻撃一発で倒せるようになっていました。処刑機兵は経験値が多いので、戦うたびにレベルアップしてしまいます。今日のプレイ開始時でLv24だったのが、終わってみればLv36。どうなってるのこれ?という感じです。このままのペースで進むわけはないと思いたいところですが・・・。

 回廊(10)を突破したときの楽しさはもう味わえないのかな。

先制攻撃を喰らわなければ・・・
 エブリデイ・メサイア、今日もストレートでボスまで行けるのか?と途中まで少し期待してしまいましたけど、惜しくも回廊(29)で撃沈。処刑機兵Lv24の先制攻撃を喰らいどうにもなりませんでした。でも先制を喰らわなければどうだったのかな・・・。


 回廊(21)からの敵は種類が増えます。今までの単なる機兵に加えて魔導機兵、あと茶色の敵(名前忘れました)が雑魚として登場します。Lv20前半のキャラではどれも一撃で倒せません。その代わり経験値がとても多く、この魔導機兵は132も貰えました。2・3匹倒せばレベルアップしちゃいます。レベルアップで全回復、それを繰り返して回廊(29)まで行けたというわけです。

 Lv24まできました。Lv30くらいまで上げてからエリアボスに挑もうかな。武器をもう一段練成したいので、素材集めもしたいですし。

簡単になりすぎなような気が
 エブリデイ・メサイア、回廊(11)以降は随分と経験値が美味しいなぁと思いながら進めていくと早々にLv17に。昨日チェックポイントを解放した時点でLv14だったのに・・・。しかしこれってやっぱり簡単にされてるかも?という気がします。なぜなら、今日もストレートで司令機に到達してしまったからです。一昨日まではなんだったのか、というくらいペースがあがっているのがわかります。


 この司令機バキエルもやはり弱く、ツバァイハンダーのスキル攻撃一発で倒せました。経験値は400、救出数は200増加。ここで一気にレベルが2あがり、Lv19に。レベルアップで全回復ですから、もう1プレイ可能です。でも今日はとりあえずここで止めて帰還しました。明日また遊ぼうと思います。


 最後の約束の物語発売日近くまでちびちびと遊びたいので、あまり簡単なって欲しくありません。逆に興味がなくなります。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.