200万会員突破記念

 200万会員突破記念!新規登録してドラゴンネストを遊ぶと抽選でLED REGZA 42Z1その他たくさんのプレゼントが当たるキャンペーンやってます。新規に登録した人だけが対象なのがなんですけど、これから始める人にはうれしいキャンペーンではないでしょうか。2月の16日まで。

 このドラゴンネストについてはβのオフライン版で少し遊んでみたことがあります。丁寧に作られている3Dアクションゲームっぽかったです。でもちょうどその頃忙しくて、たいして遊ぶこともなく、記事にもしませんでした。そのゲームがまさか会員数200万人もいっているとは・・・。

戦国IXAで合戦体験してきた
 先日のYahoo!ポイントが貰えるキャンペーンをきっかけに、戦国IXAを遊び続けています(ずっと前に登録したアカウントで遊んでいるので私はポイントは貰えませんが・・・)。合戦も体験できました。少し印象が変わったので改めて感想を書きたいと思います。このゲーム、結構工夫されてますね。戦いの矛先が個々人に向けられることがないので、純粋に箱庭ゲームとて遊んでも楽しめるかもしれません。

 合戦が始まると参加するようにシステム側から絶えず促されます。わかった、それならば参加しよう、と思ったのですが、一体何をすればよいのやら。ヘルプを見てもわかりにくいのです。でも、手探りでやっているうちになんとなくわかってきました。力量問わず誰でも参加できますし、貢献できる仕組みになっています。

 この戦国IXAの合戦は、要するに陣取りゲームです。敵国の陣を直接狙ってもよいですし、人を攻撃するのは嫌だとなれば自分の領地のすぐ横にある空き地を攻めてもよいようになっています。それぞれの陣取りに向けた行動によって戦功ポイントが加算され、最終的にポイントの多かった国の勝利となる、私が理解したところはこのような感じです。ファンタジーアースゼロのアクション性を廃したような内容で、所属する国の一兵として各々やれることをやる、ファンタジーアースゼロで言うところの領域ダメージが戦国IXAでは戦功ポイントにあたる、そんな感じです。

 ただの空き地を攻めても貢献できるというところが工夫されているなと感じました。自分の属する国の、自分の領地のすぐ横の空き地を攻めてそれのなにが貢献か?という疑問は当然に起きましたけど、まあそこは誰でも楽しめるような仕組みなのだと割り切りました。確かにこれなら誰でも自国の勝利に貢献できます。

 そして、仮に自分の城が陥落させられたとしても3時間出陣できなくなるだけで、その他のペナルティはないようなのです。他のこの手のブラウザゲームにあるような、略奪行為を受ける恐れがありません。このあたり、箱庭ゲームとして遊びたい人の要求にも応える様になっています。はーなるほどなーと感心しました。

 といっても一般的なブラウザゲーム同様、時間をお金で買うゲームであることに変わりありません。それに、かけた時間(お金)に比例して戦力も強力になっていくので、後発の参加者ほど活躍しにくいという致命的な問題もあります。サーバーを随時追加することで新規に遊びはじめる人に不利にならないようにはなっていますけど、根本的な解決策とは思えません。2月には一部サーバーを統合してリセット、新たな要素を追加して再開という形がとられるところからしてもそれは明らかです。そのあたりはどうするのでしょうね。この先延々とサーバー追加と統合リセットでしのぐのかな・・・。

 不満というか疑問もありますけど、この戦国IXAは他のプラウザゲームにはない工夫が多々施されていて"遊べる"印象です。人気があるのも納得です。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.