さらば宇宙戦艦ヤマトのDVDを買ってみた

 プラモデルから端を発してついに映画のDVDまで買ってしまいました。バンダイビジュアルのEMOTION the Bestシリーズ、"さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち"です。Amazon.co.jpのセール対象品で1300円でした。セールが終わったら300円値上がりしていました。

このあたりは安っぽい・・・

 the Bestすなわち廉価版ということで、残念ながらパッケージは安っぽいです。ジャケットの絵は良いのですが、背の部分のタイトルはただのゴシック体表記。いかにも廉価版、差別化のためにわざわざ安っぽい作りにしたんだろうなあと思わせるデザインです。所有欲を満たすようなものではありません。一度観られればそれで良いというのであればレンタルで十分でしょう。

これはこれで悪くないデザイン

 中身はDVDが一枚あるだけ、冊子等のおまけはありません。ピクチャーレーベルですらありません。その代わり、DVDにはこの"さらば~"の劇場用予告編(2分59秒)と復活編特報(31秒)が収録されています。劇場用予告編の画質はお世辞にも良いとは言えませんが、これは嬉しいおまけかも。一方復活編特報は・・・。復活編、存在は知っていましたが、きちんとした映像を観たのは初めてです。しかしいかにもなCG映画で、観たいとは思いませんでした。

 "さらば~"本編の画質は普通にDVDという感じです。綺麗なことは綺麗です。しかし現在主流のフルHD大画面液晶テレビでは荒がいくつも出てしまうでしょう。これはDVDの仕様上仕方がありません。DVD側の解像度が低すぎるからです。ただ、それを抜きにしても白い小さな点のノイズがちらちらとうるさいのが難点。これは処理して欲しかった・・・。観ているうちに気にならなくなってきますけどね。先にも書きましたけど、劇場用予告編の画質はVHSビデオ程度です。さすがに復活編特報は文句なしに美麗でした。

 映画内容の詳細についてはここで触れるのはやめておきます。これ、テレビで観たことあったかも?と思いながら観てました。日本人がいかにも好きそうな話です。私もこういう話は大好きです。旗艦アンドロメダ率いる地球防衛軍艦隊があまりに間抜けなやられ方なのが残念ですが、ヤマトとヤマト乗組員の見所は満載です。斉藤と真田さんのくだりは泣けます。でもできれば最後の最後にズォーダー大帝の断末魔くらい持ってきて欲しかったです。

ジャケット裏面

 すでに2回観てしまいました。これで1300円、とても楽しめました。たとえ廉価版であったとしても映画そのものは色褪せることのない本物でした。余裕で元が取れたと思います。これだけ満足度が高いなら他のも買ってみても良かったかもしれません。実は完結編も一緒に注文しようかどうか迷ったのですけど、結局止めてしまいました。失敗です。また次の機会があればその時買おうかなと思います。

EMOTION the Best さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち [DVD]
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.