PSP内部に入ってしまったホコリを取る!
 PSP内部に入ったホコリを取り除きたい!という人向けに簡単にコツを書こうと思います。

 PSPは十字ボタンや○×△□ボタン、スピーカーの穴の隙間からホコリが内部に入ってしまうことがあります。ボタンの影にホコリが紛れ込むくらいなら気にもなりませんが、液晶画面にホコリがのってしまう、あるいは液晶カバーの裏にホコリが貼り付いてその影が液晶画面に落ちてしまう、そうなると気になって気になって仕方がなくなります。そこで、これを何とか取り除きたいと考えると、それはやはりPSPを分解して清掃するのが良いだろうとなるわけです。(隙間からエアダスターで吹く手もなくはないのですが、PSP内部でホコリが舞ってさらにひどくなる可能性があります)

まったく見えませんけど、先端が星型のドライバーです

 PSPを分解するのは専用ドライバーがあれば難しくありません。しかしこれがないと難しいです。楽天市場で、"PSP" "トルクスドライバー"をキーワードにして検索すると専用ドライバーが出てきます。思い切って買ってしまいましょう。送料含めても1000円でお釣りがくる程度です。安っぽいドライバーですが、ホコリで困っているなら買う価値はあります。その他、精密ドライバーが必要です。これは100円ショップで売っているもので十分です。


 PSPで使われているねじのうち、特殊ねじはPSP上面の2ヶ所だけです。ねじ山にプラスでもマイナスでもない、星型のマーク(?)があるのですぐわかると思います。ここに専用ドライバーをぐいっと押し当てて時計回りに回せば簡単に緩みます。ドライバーとねじが噛み合う面積が少ないので、ねじ山を舐めないようドライバーを押し込みながら回します。


 その他のねじは精密ドライバーを使って外します。PSP底面のねじは異様に固くしまっていて苦労すると思いますが、ここは普通のねじです。頑張ってあけましょう。やはり押し込みながら回すとよいです。ドライバーを滑らせてPSP本体に傷をつけないよう注意しましょう。


 電池を収めるところにあるシールの裏にねじが2つ隠されているのも忘れずに。ちなみにこのシールを破るとメーカー保証がなくなります。保証期間内はもちろん、期間外でも有償修理が受けられなくなります。どうするか、よく考えてから作業を進めてください。他、PSP裏面右側の上下にねじ穴があります。ここも当然外してしまいます。

 ねじを全て外したら上面カバーを取り外しにかかります。PSP前面の左端から持ち上げていきます。右端の電源スイッチの上、○ボタンの右横あたりにツメがあって、最後外れそうというところでここに引っかかると思います。力任せに外そうとしてカバーを割らないように。なかなか外れないかもしれませんが、特になんだという仕掛けがあるわけでもありません。ぷらぷら動かして上手にツメを外してください。


 カバーが外れれば液晶画面がむき出しになります。ホコリを掃ってください。ホコリのたたないところでエアダスターを使うとよいでしょう。液晶画面を直接拭うのは逆に汚してしまう恐れがあるのでおすすめしません。息を吹きかけるのもNGです。唾が飛んだとき悲惨です。ホコリを掃った先からまたホコリが落ちてくる・付着するようであればお風呂場で作業をするとよいかもしれません。

 綺麗になったと判断したらPSP本体のカバーを戻します。まずカバー上面の特殊ネジに当たるツメをはめこみます。そして本体右端のツメをはめ、そして左端。外すときより簡単です。あとはねじを締めなおして元通りです。ねじはひとつずつしっかり締めるのではなく、全体に緩く仮止めしてから均等に締めていきましょう。

 PSPの上面カバーは基板と結びついているところがないので、ぱかっと外してしまっても断線する箇所はありません。ただ、ボタンのゴムが溶けて基板側とカバー側の両方に貼り付いてしまっている場合があります。こうなっていたらボタンを押し込んでカバーから外すよう試みてください。基板側を外そうとして無理に引っ張るとゴムが千切れてしまうかもしれません。

 カバーを外すときに右端がなかなか外れない!というところ以外はつまるところはまずないでしょう。ホコリを取る時に他のホコリをまきこまない、カバーを戻すときにホコリを入れない、そのあたりを注意して作業をすればPSP内部のホコリを綺麗に取り去ることができると思います。余計なことをしなければ難しいところは何もありません。

★要点
・トルクスドライバー必須(通販で買っても千円でお釣りがくる程度)
・下側のねじは異様に固い(ねじ山を舐めないように押し込みながら回す)
・電池裏のねじをあけるとメーカー保証がなくなる(納得の上で行う)
・ケースを外す際、本体右側のツメの引っかかりが頑固(ケースを割らないよう落ち着いて外す)
・ケースを外した後、液晶画面には絶対に触れてはいけない(ここが汚れると収拾がつかない)
・ほこりを飛ばすのに息を吹きかけてはダメ(同上)
・ほこりのたたない場所で作業する

Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.