x-Radar2011春キャンペーン
 x-Rader Portableをインストールして2011春キャンペーン応募券をダウンロードしておくと、抽選で1000名にPSN1000円分チケットが当たります。

 似たようなキャンペーン、以前もやってましたけど、そのときはメモリースティックに空きが無かったので諦めていました。今回はちょうどPSPのいくつかの体験版を試しているところで、いつも使っているメモリースティックとは別のものを使っていたので空きは十分、そこでインストールしてみました。

 これ、なんだかよくわかりません。とりあえず80万件にのぼるスポット情報を集めて世界でひとつだけのマイマップを作成することができるそうです。しかし肝心の地図データは有料・・・。スポット情報が80万件あることがすでにわかっているのなら、最初からそれを配信すればよいのでは、とも思うのですが。どうやら自分の足で情報を集めて、友人と交換して楽しんでくれということのようです。う~ん、いったい誰が好き好んでそんな漠然とした情報集めをするのやら、なんとも理解に苦しむ情報サービス(?)です。

 当選者数1000名といってもPSN会員総数からしたら当たる確率はほとんどありません。それでよければ試してみてください。

登録数だけ増えても・・・
 AeriaGames登録数50万人(まもなく)突破記念キャンペーンやってます。対象ゲームを遊ぶとゲームソフトその他が当たるというものです。一応グランドファンタジアその他にログインして応募条件を満たしておきました。

 AeriaGamesのキャンペーン、以前まではPCその他豪華なプレゼントというのが定番だったのに、今回はずいぶんとしょぼい賞品になったなあと感じました。しかしそれにはわけがありました。どうやらブラウザゲームの運営がことごとく失敗しているようです。いつのまにかドラゴンマスターはサービス終了、ラストコンカーとギロチンハウスも終了が決まったようです。なるほど、それでは賞品もしょぼくなって当然です。

 ちなみに、現在AeriaGamesでβテストが行われているディバインソウル、私もテスターとして少しプレイしてみたのですが、とにかく不安定ですぐ落とされてしまいまともに遊べません。ゲーム自体はドラゴンネストみたいなアクション要素の強いものでした。そっくりと言って良いかもしれません。ドラゴンネストの成功に続けとばかりに良く似ているゲームを持ってきたのかなとも考えられますが、現状からするとディバインソウルが成功する可能性は非常に低いです。ドラゴンネストは日本市場で受け入れられるように徹底して作りこまれていますけど、ディバインソウルにはそのあたりの配慮がまったくないからです。このβテストが正式サービスに繋がるのかどうか、うーん、どうなるのでしょうか。

 話を戻しますが、キャンペーンに参加するにはグランドファンタジア、ミスティックストーン、ナインテイルオンラインいずれかを50分以上プレイするか、対象のブラウザゲームどれでも好きなものを5日間プレイすればOKです。遊んだタイトルの数だけ当選確率が上がるそうです。



パックマン体験版遊んでみた
 PS3のパックマン チャンピオンシップエディションDX体験版遊んでみました。とても面白いです。やれば誰でも感じると思いますが、なんだか自分がやたらと上手くなったようにプレイできます。実際はそうではなく、上手くなったように感じるようなゲームバランスになっているのでしょう。迷路のデザイン、フルーツの場所、ゴーストの動き、ゴーストに捕まりそうになったときに起こるスローモーション、そして緊急回避策としてのボムの存在、すべてがゲームが楽しくなるよう考え抜かれたものになっていると感じます。単純ながらも非常に良くできています。すぐ飽きるかもしれませんが、おすすめの体験版です。このパックマンは傑作かも。

 ただ、ばかすか得点が入る割りにスコアが目に付きにくいところにあるので、そのあたりの演出が弱かった、もう少し改良の余地があったのではないかと思います。

 この体験版はプレイ中に強制的に画面がフェードアウトして、購入を促す宣伝画面になってそこで終了です。繰り返し遊ぶことは可能ながらも毎回中途半端に終わらされてしまうのですっきりしません。買わないならこれ以上は遊ばせないと言われているみたい。1000円です。

次世代携帯型エンタテインメントシステム
 ソニーの次世代携帯型エンタテインメントシステムは5インチ有機ELディスプレイ搭載、既存PSPの倍角にあたる960x544の解像度、前面背面にタッチパネル搭載というすさまじいスペックのようです。一方でUMDは廃止、メモリースティックも不採用の模様。すごいですねこれ。

 個人的にうれしかったのがPSPgoベースのデザインではなく、普通のPSPぽかったところです。どう見てもPSPgoは使いにくそうなのに、事前情報ではPSPgoベースらしいという雰囲気でしたので、これは意外であると同時に率直によかったと感じました。あと解像度。見事にPSPの倍角ですね。これはつまりPSPソフトとの互換性を考慮した結果なのでしょう。互換性を捨てるわけは無いとは思いながらも、でも480x272の解像度のままでは物足りないからどうするのかなと思っていました。まさか倍角にしてくるとはまったく予想もしていませんでした。PSPの倍角なので、PSPのソフトを使う場合は1ドットを4ドットの集まりで表示する形になると思われます。

 残念だったのがメモリースティックは使えない?ぽいところ。せっかくPSP用のがあるのに・・・。それにメモリースティックってやっとmicroSD並の価格に下がってきたところなのに、また高価なものを別途用意する必要があるのか?と考えると・・・。

 でもこれは相当高くなりそうです。

12月特集はだめだった
 リンクシェアチャンネル12月特集には入賞できませんでした。うう、あの記事は結構自信あったのに。年末年始の大掃除向けですし、まだまだ知らない人は多いでしょうし。取り上げたアイテムが大掃除の道具ではなく、洗剤そのものだったところがインパクトに欠けてたのかな。ま、選ばれなかったものは仕方ありません。

 ただひとつ不満があります。この特集、投稿者が少ないと断りもなしに勝手に締め切りを延ばしてくるのです。今回は特に酷く、12月18日〆が翌年1月18日〆に。こういうやり方は公平でないと思います。なんだか後出しじゃんけんの相手をさせられているみたいでやってられません。

 次回の特集はバレンタインとペット。うちには10年以上も飼っているリクガメがいるので、そのあたりを記事にしようと少し草稿を練ってみたのですが、リクガメ関連で紹介できそうなアイテムがどのECサイトを探してみても扱っていないことに気がつきました。頼みのセブンネットショッピングにもなにもありません。今回は見送りかな・・・。

 なお、リクガメはとても飼いやすい一方で、非常に長生きな生き物なので、気楽に飼ってみようなどとは考えないでください。下手をすると飼い主のほうが先に寿命がきてしまいます。最後(最期)まで付き合ってあげられるのかよくよく考えてから飼うかどうかを決めてください。うちのリクガメは元の飼い主が飼うのを放棄した結果うちにいるものなので、私にはそのあたり色々と思うところがあります。

合成大成功!
 アットゲームズの合成イベント参加のため、なけなしのチケットを使って合成してみたところ、菊見酒の背景緑がでてきました。合成に使ったアイテムは以前にイベントで沢山もらった布の服。チケットアイテムはぐっせるパックのもの。つまりタダでデザイン背景が手に入ったわけです。ついてます。ただこの背景、菊の花がうるさい感じで使いにくかったりします。そこだけ惜しいです。




サンワダイレクトでレビュアー募集
 サンワダイレクト今年最初のレビュアー募集!リンクシェア経由のものです。すでにリクシェアに登録してあるのであれば、今からでもサンワダイレクトと提携すれば応募に間に合うと思います。今すぐリンクシェアに登録するところから始めて、サンワダイレクトと提携してもぎりぎり間に合うかもしれません。募集は2月7日まで。

 今回はワイヤレスキーボードとUSBスピーカーとゲーミングマウスの3種、計10名募集。このマウス使ってみたいです。でも私は間違いなく選ばれないと思います・・・。前回選ばれたときに書いたエアマウス&キーボードのレビュー記事、嘘は書いてないとはいえめった切りな内容でしたから。それなりにエアマウスについて情報を探している人はいるらしく、あのレビュー記事には今でもそれなりにアクセスがあります。しかし記事中の広告経由でエアマウスが売れたことは一度もありません。それはそうでしょう。あの記事の内容から、エアマウスがどのようなものなのか知ったら買う気なんて失せてしまいます。本当のことを指摘しているだけなので仕方ありませんけどね。

 レビューの対価として頂いたエアマウス&キーボードはもちろん今でも手元にあります。自分で書いた記事に偽りがないか、その後もたまに使っていました。そして記事について特に変更を加えるところは何もなかったというのが現実です。そういえば付属の電池はすぐ切れてしまいました。このマウス(キーボード?)、電池はあまり持たないようです。

 サンワダイレクトはたまーにこのようなレビュアー募集があるので、リンクシェアに登録して提携しておくと選んでもらえるかもしれません。変わったアイテムが使えるのでおすすめですよ。提灯記事を書けというような指示も一切ありません。良心的です。

アフィリエイトならリンクシェア


マリシアスアップデート
 PS3のマリシアスがアップデートされました。どこからか別途ダウンロードするのではなく、ゲームを起動すると強制的にアップデートされます。

 でも微妙。EASYモードが追加されていますけど、難易度が下げられたのではなく、ステージが進んでも難易度が上がらなくなった、というだけのようです。以前私が記事にした攻略順でやる分にはあまり恩恵はなさそう。このゲーム、慣れるまではガードが難しいので、正面からの攻撃にだけはオートガードが働くようなサポートがあればなあと思っていたので、それが実装されなかったのが残念です。下手な人がどこで詰まるのか、どこを改良してあげると楽しく遊べるのか、そこがわかってないと思いました。

 あとオーラシステムですね。アップデートで初期値が増やされ、消費量が減らされたそうです。しかし基本的にボス戦だけを楽しませるコンセプトのゲームだったはずなのに、オーラを溜めるには雑魚を倒さないといけない、そのあたりはなにも変わっていません。そしてそれこそがこのゲームのテンポを悪くしています。そのあたりどうなのかなと思うのです。

 もちろん上手い人はそんな問題はありませんよ。オーラ稼ぎすら華麗にこなしてしまいますから。しかしそうではない人には雑魚倒して~ボス叩いて~オーラが切れたからまた雑魚倒して~の繰り返し。オーラを使わないなら使わないで、それは何十分もボスを叩き続けるだけの作業とります。このあたりがとてもつまらなく感じます。なので、オーラシステムがないほうがこのゲームは楽しく遊べたのではないか、私はそう感じてしまいます(もちろんオーラシステムがないことを前提としたゲームバランスにして、です)。この点はゲームシステムそのものに変更を加える必要があるためアップデートではどうしようもないでしょう。もしあるのなら次のゲームで考慮して欲しいところです。

 それにしてもPSNのPS3週間ランキング、上位20位のほとんどが1000円以下のゲームです。マリシアスもアフターバーナークライマックスも25日現在で共に10位内に入っています。1位のゲームなんて、なんと100円。たったの100円で売られているものですよ。メーカーには厳しい現実だなあと思いました。

BIG 3 GUN SHOOTING体験版してみた
 BIG 3 GUN SHOOTING体験版を遊んでみました。PS3のPlayStation Move対応シューティングゲームです。

 この体験版、930MBもありながら、遊べるのはタイムクライシスのみ。しかも遊べる部分がちょこっとだけです。一番興味のあったデッドストームパイレーツはタイトル画面すら拝めませんでした。それならそれでそう書いておいてくれれば良いのに(追記:よーく見ると書いてあります・・・。わかるわけないです)。これだけしか遊べないのがわかっていたら最初から試さなかったです。見事に騙されました。低速回線には辛い体験版です。

 この体験版はタイムクライシスの2ステージ目の冒頭部分のみ遊べるようです。特になんだというところはなく、単に操作・動作確認するためだけの内容に近いです。楽しめることは楽しめますけど・・・。ゲームオーバーからコンティニューでの復帰が○ボタン押すだけ、しかもその場から即プレイ再開となるので、どんなに下手な人でも気軽に楽しめるのは良いと思いました。PS3標準コントローラーでも問題なく遊べました。

 実はこのゲーム、年末に買おうかなーと少し悩みました。遊びに来る甥っ子と遊ぶ用に良いかなと考えたからです。しかし個人で運営されているブログをまわって率直な意見を集めてみるとあまりぱっとしない感じでしたのでやめておきました。今回試した限りでは買わなくて正解だったようです。この体験版、見所なさすぎでがっかり。

行き詰まったのでやめ
 再び合戦が始まったので近くの空き地に攻撃しまくり。なのに領地が取れず、戦功ポイントも加算されません。本当なら旗が立つのに空き地のまま。以前と同じことをしてるのに、なのが足りないのかわかりません。うーん、わからないので、ここでやめることにしました。もともと深入りして遊び続けるつもりはありませでしたし。

 この戦国IXA、時間とお金を湯水のごとくかけた人のいるほうが勝つという一般的なブラウザゲームの範疇にはあるものの、無料で遊んでいてもそれなりに楽しかったです。ゲーム内通貨でそれなりの武将が不足なく揃いますし、上を見なければ十分やっていけそうです。ただ、宣伝文句にあるような、1日1分からでも遊べるというのは言いすぎかな・・・。1分からでも遊べますけど、それでは面白くもなんともないと思います。せめて1日30分、10分おきに指示を与えるくらいでないと何も進みません。

 ブログパーツから基本的な指示を出せるようになったらもっと手軽に遊べて面白いかもしれません。だめかな。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.