5個取り付けてみた
 頂いたアポリッシュベガス、とりあえず6個のうち5個まで取り付けてみました。やっぱりLEDに色がついていないので、ただの照明器具になってます・・・。とんでもなく明るいです。

部屋消灯、ストロボなしの撮影でもこの明るさ

 複数のアポリッシュベガスを使って気がついたことがありました。ファンコンを使わないとLEDの輝度が最大になると書きましたが、これは誤りでした。どうやらファン側でLED点灯パターンを記憶しているようで、それがパッケージごとにまちまちになっているみたいです。最初から輝度が最大のものもあれば、点灯するものもあり、点灯しないものもありました。これは一旦ファンコンを挟んで点灯パターンを指定してあげれば、次にファンコンを外して使っても、以後その指定した点灯パターンで光るようになります。当然ですが、点灯しない状態も指定できます。回転速度はファンコンを挟まないと2000rpm固定です。

 ファンコンを使わない状態でアポリッシュベガスを5個使うと、ファンの風切り音がうるさくてたまりません。音圧を感じます。PCの電源を落としてファンの音が消えると、心底ほっとします。ファンコンで回転数を下げればいいだけの話ですけど、ファンコンが大きくてPCケース内に何個も置いておけません。ごちゃごちゃになってしまいます。なかなか難しい問題です。

吸気面側の輝き方

排気面側の輝き方

 輝きが強すぎて目が痛いです。ホントに輝きまくりです。

忍者ブログ広告表示仕様変更
 忍者ブログの広告表示の仕様が変わるそうです。30日から"PR"プラグイン内の広告表示が増え、8月4日からはフッターの広告表示が2枠から3枠になるそうです。

 "PR"プラグインって、私、このブログに移ってきたときに色々いじっていて、消してしまいました。そしてそのままなくなってしまいました・・・。管理画面のプラグイン追加のところにもありません。別にあの程度の広告なら表示してもよいというか、エキサイトブログのようになられても困るので、運営が困っているならむしろ積極的に広告を表示したほうがよいのかもしれないと考え始めています。だから"PR"ブラグインが戻せるなら戻したいのですけど、戻し方が分かりません。

 エキサイトブログの広告表示絡みの問題で忍者ブログに移ってきてまだ日も浅いのに、また広告表示で悩まされることになるのだけは避けたいです。広告を強制表示にするにしても、どこに表示するのか、どのような広告を表示するのか、いくつかの選択肢があると受け入れやすいのですけどね。


グラファン夏祭り!
 グランドファンタジア新規会員登録もしくはアイテムモールで500AP以上の買い物をすると抽選でグランドファンタジア推奨PCやゲーミングマウスが当たるキャンペーンが始まりました。9月2日まで。

 ずっと前に当たった5000APが手付かずのまま残っているので、この機会に500AP分適当に使ってしまおうと思います。キャンペーン参加するためにログインするのにも、積もり積もったアップデートを終えないといけないので面倒そうですが。

 レベル40くらいまでは楽しいゲームでした。しかしレベル50で飽きました。クライアントはインストールしたままにしてありますけど、今回のようなキャンペーン参加のためにとっておいてあるだけ。もう遊ぶこともないでしょう。

賞品はAPOLLISH VEGASが6個!
 dododay自作PC腕自慢コンテスト・ENERMAX装飾職人賞の賞品が届きました。APOLLISH VEGAS(アポリッシュベガス)のシルバーモデル、UCAPV12A-Sが6個セットでした。このファン、1個3000円くらいするので、これだけで18000円します。すごい。コンテスト開始当初、この機会にファンを貰いたいと記事にした記憶がありますけど、その通りになってとても満足です。

賞品は6個セット

 1年前に行われたconco.netのアポリッシュライトキャンペーン(私、選ばれました)では私は第一希望にシルバーモデルを挙げていました。その時は第二希望のブルーモデルとなってしまいましたが、今回、偶然にもシルバーモデルが届いてびっくりしました。まさか今頃になって希望のものが届くとは・・・。シルバーの輝きがどのようなものか、ただの白色LEDのはずなのに本当に銀色に輝くのだろかとその目で見てみたかったのです。

普通に白色ビーム

 そして実際見てみると普通に白色でした。ま、そりゃそうですよね・・・。いくらフレームやブレードがシルバーだからといって、光り輝くのはLEDの光なのですから、白色のままなのは当たり前です。でもちょっとがっくり。とはいえこのベガス、輝きは非常に強いです。1個しか使っていないのにケース内が蛍光灯で照らされたような感じになります。これ6個使ったらどうなるのか興味津々。

 しかし6個使うには問題もあります。このファン、ペリフェラル4ピン変換コネクタが付属していません。私が使っているマザーボードのファン用コネクタは3つしかありません。そのままでは足りません。変換コネクタ、おまけで付けておいて欲しかったです。

ケーブルはメッシュでまとめられている

ファンコンは着脱可能だがかなり大きい

 付属のファンコンはかなり大きくかさばります。6個ひとつひとつにファンコンをつけるとその置き場に困りそうです。ファンコンを使わない場合、LEDの輝度は最大(追記:ファンコンで点灯パターンを指定すると、以後ファンコンなしでもその指定したパターンで光る)、ファンの回転速度は2000rpmで固定されます。2000rpmの割りに静かでした。

夜叉に装着してみた

 とりあえず、水平に設置している夜叉のファンと交換してみました。撮影することを考えなかったので、このすぐ上が電源ユニット置き場の敷居になっていて、上手く写真に収めることが出来ませんでした。まぬけすぎ。

 後日、6個すべて設置した状態で改めてレビューするつもりです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.