セブン-イレブン受取りが便利!
 私は通販で本を買うときはたいていセブンネットショッピングを利用しています。セブン‐イレブン受取りなら送料・手数料無料というのもありますが、それよりも24時間自分の好きなタイミングで受け取りにいけるのが最大のメリットだと感じています。一般に、通販で悩むのはまず受け取りの手間だと思うのです。昼間仕事や学校に出ている人は家族に受け取ってもらえればよいのですが、必ずしもそれが出来ない人も少なくないでしょう。それにいつもいつも家族に受け取らせていると、一体何をそんなに買っているのだろうかといぶかしまれるのも気持ち悪いものです。ポストへの投函では本が傷んでしまわないかと心配でもあります。しかし、セブン‐イレブン店頭受け取りにしてしまえばそんな問題もすべてなくなります。

 店頭で受け取るのは簡単です。あらかじめ受け取る店舗を指定して本を注文すればそこに配送されてきます。店頭に届く前日あたりにその旨メールで連絡がくるので、当日になったら払込表番号を控えて店頭に向かいます。レジで本を受け取りに来ましたと告げ、名前と払込番号を店員さんに知らせるだけ。あとはお金を払って商品を受け取り、確認のサインをしておしまいです。当たり前ですが、サインは名前を書くだけなので、何も難しいところはありません。もちろん本の中身は外部からは分からないようになっています。

 私が最近セブンネットショッピングで注文したものに"はじめの一歩ベストバウト総集編 第3集"があります。少年マガジン連載中の"はじめの一歩"というボクシング漫画の総集編で、ブライアンホークVS鷹村守の世界王者戦が丸々収録されています。最初こそおちゃらけた内容なのですが、中盤から壮絶な戦いになり、読んでいて胸が熱くなるような凄まじい展開が楽しめる漫画です。実はこれ、コンビニで立ち読みしているときにこの本の存在に気づきました。それまで"はじめの一歩"という漫画を読んだことすらありませんでした。本当に何気なく手に取った一冊、それをぱらぱら流し読みしているうちにこれはすごい、買って帰ろうということになったのですが、発売されてから日が経ってたということもあり、手に取ったものが最後の一冊、しかもぼろぼろときていました。少し悩んだ末、いやせっかくだから綺麗なものを買おうと決め、家に帰ってセブンネットショッピングで検索、運良く在庫があったので、即注文して綺麗な状態のものを入手することが出来ました。

 A4サイズ、しかも総集編ということもあり本はかなり厚めです。一体どんな梱包で届くのかと思いきや、いつも利用しているときのような内側がぷちぷちになっている白い封筒に入っていました。中の本はまったく傷みのない綺麗な状態で、やはりセブンネットショッピングを利用して正解、大満足な結果となりました。

 ただ、注文には注意するところがあります。注文したいものが当日~2日で発送となっていても休日は発送作業が途中で止まってしまうようなので、週末などをはさむ場合は2日でセブン‐イレブン店頭に届くことはまずありません。上述した注文のときもそうでした。セブン‐イレブン受取りだけの問題かもしれませんが、時間に余裕を持って注文することをおすすめします。そういうものなんだとわかっていれば不満はないでしょう。

 何度も利用していますが、手元に届く本は状態の良い綺麗なものばかり。それだけみてもセブンネットショッピングを積極的に利用する価値があると思います。なにげにnanacoポイントが貯まりやすく、また貯まった先からすぐに使えるところもあなどれません。1ポイント(1円相当)からでも使えます。おすすめサービスです。

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
リンクシェア レビュー アフィリエイト

PSP版タクティクスオウガ発売決定
 なんと、PSP版タクティクスオウガの発売が決定しました。スーパーファミコン版のスタッフが再結集してのリメイクだそうです。ベースはそのままにゲームバランスはいじってくるみたい。オリジナル版では弓と石化スキルが強すぎだったので当然手を入れてくるでしょう。キャラデザインが変わってしまってるのが残念ですが、期待大です。

箱と中身

取扱説明書

 私もスーパーファミコンは持っています。ソフトは数えるほどしか持ってませんでしたが、その数えるうちの一本がこのタクティクスオウガでした。発売日には買っておらず、ずっと後になって評判が良いことを知り購入しました。評判どおり非常に面白いゲームでした。固定マップに手持ちのユニットを配置してNPCと戦うシミュレーションRPGとでもいうのでしょうか。それ自体は珍しくないと思います。しかしCGが恐ろしく良く出来ていたのと、個性的なキャラの掛け合いによって展開されていく怒涛のストーリーに夢中にさせられてしまいました。

タロットカード

 本筋とは別に、死者の迷宮という奥深いダンジョンを降りていくとファイアクレストという秘宝アイテムが手に入り、それを写真に撮って送ると抽選でプレゼントが貰えるというイベントがゲーム内にしこまれていました。今のように当たり前にデジカメがある時代ではないので、いわゆるカメラで撮影しなければならず、まだ子供だった私にはそれは出来ませんでした。ファイアクレストは取ったんですけどねー。その代わり、ソフトについていたアンケート葉書に感想を沢山書いて出してみたら、タロットカードが送られてきました。伝説のオウガバトルのゲーム中に使われていたものと同じデザインのリアルタロットカードです。タロット占いのやり方が書いてある紙もついてきました。とてもうれしかったのを覚えています。

 と、結構思い入れあるゲームのリメイク版ということで、とても興味があります。PSPだとどうなるのかな・・・。音声はつかないのかな。ドラマチックな展開が多いので、音声ありのほうが盛り上がると思うのですけど。あとは値段ですね。よほどのぼったくりでなければ買ってしまいそうです。(上の写真はすべて手持ちを撮影したものです)

ファイナルファンタジーXIV動作環境
 ファイナルファンタジーXIVが遊べる動作環境が明らかにされましたが、私が実際にβテストで試した限りでは、必要動作環境ではまともに遊べるとは思えません。これから改善されるのかもしれませんけど・・・。

 私のPCはグラフィックカードをのぞけば推奨動作環境クラスにあります。しかし肝心のグラフィックカードはRadeon HD4670で、これは必要動作環境クラスです。やはりこれが大きかったのか、町に降り立った直後から動作は緩慢でした。キャラメイキングは問題ありませんでした。試しにCPUのCore i5 750を3.2から3.6GHzにオーバークロックしてみたものの、動作についてはなにも変わりませんでした。とにかくグラフィックカードが重要だと感じました。

 以上から、Core2世代以降のPCであればまずグラフィックカードを交換することをおすすめします。推奨動作環境ではNVIDIA GeForce GTX 460以上となっており、これが2万円程度。まずはこれで試してみて、それでも不満ならCPUを代える方向で検討するのが良いと思います。βテストのクライアントはマルチスレッドには対応していないようでしたので、1コアあたりの処理速度がそれなりに高いデュアルコアCPUであれば十分そうです。Pentium4世代以前のPCではどうにもならないと思います。PCを新調するほどでもない、でも遊んでみたいというのでしたらPS3版を待つのが良いでしょう。

 ただ、本当に率直な感想ですけど、今のβテストのものがベースのまま正式サービス開始となると、開始直後は阿鼻叫喚になりそうな気がします。
 

Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.