ファイナルファンタジーXIVβテスト参加してきた
 FINALFANTASY XIV βテストが始まりました。夜の7時開始でその直後はまったく繋がらず、1時間ほど待ってから試すとすぐ繋がりました。

 キャラメイクをしてさあ始まるぞ!という段階でエラーがでて落ちてしまいました。またDirectX絡みなのでしょうか・・・。もういいや、問題を見直して明日また参加しようとなり、今日はキャラメイクのみ試した形になりました。

 キャラメイクは非常に複雑で、正直よくわからないところが多いです。例えばミコッテという種族を選ぶと、さらにサンシーカーとムーンキーパーという部族に枝分かれします。そのどちらかを選ぶとさらに4種類のモデルが登場し、その中から任意のひとつを選んで髪型や肌の色、瞳の色その他をデザインしていくことになります。階層が深すぎて、あらかじめわかっていないと、具体的にどういう見た目のキャラクターが作れるのかまったく想像もつきません。事前にこのキャラメイク部分だけ切り取って、メイキングツールとして公開しておいたほうが良いように思います。これは相当悩みますよ。


 今回選んだのはベンチマークでも選択したミコッテ、サンシーカーで、外見はやはりベンチマークと同じものにしました。ここでキャラのサイズ(身長)・ボイス・肌の色・髪・顔・特徴を細かく設定していきます。"特徴"というのがあまりよくわからなかったのですが、顔の化粧その他細かいポイントのオンオフのようです。

・サイズ 長身から短身まで5段階から選択。極端な差にはなりません。

・ボイス 1から3までの3種。これも極端なものはありません。

・肌の色 16種類のパレットから選択。色白から色黒までを段階的にした感じです。いわゆる肌色から離れた色はありません。

・髪 髪型・髪の色・メッシュを設定します。


 髪型は8種類あります。どれもしっかりとデザインされたもので、ネタ系はありません。髪の色は32種。これもパレットから選択します。RGB選択で自由な色を作り出すことは出来ません。このミコッテの場合は黒髪・白髪・金髪・赤髪系になります。他の種族や部族で使えるカラーパレットはこれとはまた違うものになっていると思われます。


 メッシュは簡単に言うと部分染めです。毛先にかけてベースカラーとは違う色で染めることが出来ます。選べる色は31色、メッシュをかけないこともできます。赤・青・黄・白系の色が多く、緑系の色はありません。

・顔 さすがにここは設定が細かくなっています。顔タイプ・眉毛の形・目の形・瞳の大きさ・瞳の色・鼻の形・口の形・輪郭が指定できます。ただし、変化は非常に微妙です。言われなければわからないくらいの違いのものが多いです。こだわりがなければここは何も設定しなくてもいいかもしれません。


 瞳の色だけは一目違いがわかるので、ここを設定するだけでも十分です。瞳の色は16色から選択できます。いくつかはオッドアイ、つまり左右の瞳の色が異なる配色になります。残念ながらその色までは指定できません。

 以上の基本的なデザインを設定し終えるとあとはクラスの選択です。いわゆる職種ですね。ファイター・ソーサラー・ギャザラー・クラフターの4種からひとつ選び、さらに細分化されていきます。例えばファイターを選ぶと剣術士・斧術士・格闘士・弓術士・槍術士へと枝分かれします。もちろんその中から選べるのはひとつだけです。私は適当にギャザラーを選び、園芸師と採掘師の二択から前者をとりました。



 最後に都市を選んでゲーム開始となるはずだったのですが、ここでエラーが出てしまったので終わりにしました。これはクライアントのせいではなく、おそらく私の側の環境の問題だと思います。DirectXを最新版にしていない等々の原因が考えられます。疲れたのでここでやめました。

 率直な感想としては、とにかく複雑すぎ。部族にしてもクラスにしてもどれを選んでいいのかまったくわかりません。情報がなさすぎなのです。具体的に何が出来るのかさっぱりわからないので、勘で選ぶしかありません。残念ながらこのキャラメイクシステムは不親切だと言わざるを得ません。ミコッテのデザインに限ると、いかにも日本人好みの可愛らしい感じに仕上がっていて、それでいて欧米風の濃いキャラと合わせても違和感がなさそうな、本当に良く出来たものになっていました。さすが日本のメーカーなだけはあります。

 このキャラメイク部分しか動かしていませんが、Lowベンチマークスコア1950のHD4670でもまったく問題ありませんでした。ただ、各種設定の変更のたびにハードディスクへのアクセスがあるので、出来るだけ高速なもの、可能であればSSDを用意したほうが快適だと思います。とにかく頻繁にハードディスクへアクセスしにいきます。

 具体的なゲームシステムについては明日以降、エラーを回避して先に進めるようになればまたレビューしたいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.