ウイルスバスター2011(仮称)ベータ版評価アンケート
 ウイルスバスター2011(仮称)ベータ版評価アンケートに7月6日までに答えると、抽選で100名にEdyギフト券3000円分、各10名にSony ウォークマン(NW-A845 16GB)とApple iPod touch(32GB)が当ります。13日までなら200名にEdyギフト券1000円分が当たります。

 評価アンケートはベータ版をインストールして手順を踏んで答えいくチュートリアルのような内容でした。回答にかかる時間を1時間半~2時間と想定しているとあったのでどれだけのボリュームなのかと思いきや、ゆっくりやっても30分程度でしょう。簡単ですぐ終わります。

 ウイスルバスターをインストールすると既存のセキュリティソフトが消されてしまうのが面倒です。このアンケートに答えるのに、今回のベータ版をメインPCにインストールするのはやめたほうがよいと思います。また、登録したメールアドレスには今後買え買え催促するメールがたんまりくることになります。注意してください。

 ベータ版評価アンケートはこちら

ゲームパッドサイズのキーボード
 エアマウス&キーボードが届いたので少し使ってみました。これは正式なレビューではありません。

 サンワダイレクトではエアマウスという商品名になっていますけど、パッケージにはAIR KEYBOARDとあり、私の最初の感想もこれはマウスではなく超小型キーボードであるというものでした。もちろんマウスとしても使えますが、正確な操作には熟練を要すると思います。難しいです。一方、超小型キーボードとしてはなかなか面白いです。ゲームバッドのように握り、親指で文字通りポチポチとキーを押して入力していきます。かなり小さなキーボードですが、実用性は十分あると感じました。

 本体の横幅はPS3のゲームパッドと、重さはPSP-2000とほぼ同じでした。その大きさの中に文字入力に必要なキーが配置されています。QWERTY配列です。右Shiftと左Ctrlがありません。入力していると右Shiftは欲しかったなと感じました。キートップは縦5.9mm、横6.5mmと非常に小さなもので、調子に乗って入力していると複数のキーを同時に押してしまいます。キーというよりボタンを押している感じで、押すとカチッというかポチッというクリック感があります。

 マウスとして、カーソルを動かすにはエアキーボード本体を動かす必要があります。本体を奥に傾けると上に、手前に傾けると下に、水平に左右に動かすとカーソルも左右に動きます。上下は本体を傾けるのに左右は水平移動という今ひとつよくわからない仕様です。昨今のワイドモニタは無駄に横幅があるので、モニタの端から端までカーソルを動かすにはエアキーボード本体を大きく移動させる必要があり、ちょっとこれは・・・?と思いました。

 デザインを見たときに、PS3のゲームパッドの代わり+キーボードになるのかと思っていましたけど、それは不可能でした。あくまで超小型キーボードのようです。基本操作はPS3のゲームパッド、チャットするときはこのエアキーボードと使い分ける必要があります。

 キーボードとしては面白い、マウスとしての操作性がもう少し良ければなあというのが手に取って使ってみての率直な感想です。

 ちゃんとしたレビューはもう少し使い込んでから書きたいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.