ラストコンカーは意外に良いかも
 アエリアのブラウザゲーム、ラストコンカーをしてみました。ゲームタイトルからはまったく想像つきませんが、三国志を題材に、そこで魏・呉・蜀いずれかに属する領主のひとりとなって覇権を争うというよくある内容です。
 以前試した、やはりアエリアのドラゴンマスターがあまりに酷かったのに比べると、とても遊びやすくなっています。チュートリアルは次にクリックすべき場所をいちいち教えてくれるので詰まるところがなく、それが終わって箱庭育成モードに入っても、建築にかかる時間は短めで領地がさくさく充実していきます。最近の箱庭系ブラウザゲームの中ではダントツで遊びやすいです。グラフィックも綺麗ですし、もしかしたらこれは人気出るかも?

 ただ、ところどころ日本語訳が怪しく、用いられている言葉に難しいものもあり、これは何とかならなかったのだろうかと思うところもあります。日本人スタッフが少し手を入れるだけで良くなるのに、そういう必要な手間を省いているところには疑問を感じます。

 進行に詰まったらマップ上の"!"マークを見つけてクリックすれば任務が受けられます。そんなことをしなくても、画面右下に並んでいるアイコンのうち"任務"のものを選択すると、今受けられる任務のリストがずらっと確認できるので、そこから任務を受けることもできます。当面は簡単にゲームを進めることができるでしょう。

 興味あれば遊んでみてください。このゲームは本当に良くできてる感じがしますよ。




Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.