地デジチューナーその後!
 リンクシェアチャレンジレビューの承認のメールに、よければその後の使い勝手もレビューして欲しいとあったのですが、書くことが何もありません。あれから変わったことといえば、メモリを8GBに増やしたくらいで、地デジを観るという点についてはまったく何も変わっていません。もともとテレビを観る方ではなかったのが、PCから気軽に視聴・録画ができるようになって、以前より観るようになったというのが一番の変化でしょう。

 せっかくなのでもう一度簡単に地デジチューナーを説明しておきます。今回用いたのはKTV-FSUSB2です。USB接続するだけなので、デスクトップPCはもちろん、ノートPCでも使えます。接続も非常に簡単、付属のB-CASカードを挿し、アンテナケーブルを繋いでPCに接続、あとは付属のCDからデバイスドライバーと視聴ソフトをインストールすれば使えるようになります。接続自体はPCに不慣れな人でも難しくないと思います。問題があるとすればPCの側にあり、地デジを視聴するにはそこそこの性能が必要なので、ここ2・3年より前のPCでは視聴は厳しいかもしれない、ということでしょうか。


接続にあたっては、付属のB-CASカードを挿す


アンテナケーブルを繋ぐ、これだけ。


 観るにはまったく不満ないのですが、予約録画の点では明らかな不具合を発見してしまいました。付属の視聴ツール、先のレビューでもあまり出来がよろしくないと書きましたが、指定した録画のチャンネルを間違えるときがあるのです。どうやら予約時間に自動でツールが起動されたときに、予約したはずのチャンネルではなく、最後に観ていたチャンネルで固定されてしまうことがあって、その状態で予約が開始されてしまうためにこの間違いが起こるようです。あらかじめ予約したチャンネルにしておけば回避できますが・・・。なんとも間抜けな不具合ですね。

 地デジチューナーは上に挙げたKTV-FSUSB2以外にも沢山の種類があります。予算と機能から好きなものを選んでみてください。6000円くらいから買えますよ。

スリム液晶モニターが当たるキャンペーン
 Twitterで意見・使用感をつぶやくとBENQスリム液晶モニターが当たるかもしれないキャンペーンが始まりました。

 厚さ2cmに満たないLED液晶モニターだそうです。でもスタンドの幅があるのであまり意味ないような・・・。光沢液晶は嫌いなので特に惹かれるところはありませんが、Twitter経由のキャンペーンは今は狙い目だと思うので記事にしてみました。

 抽選で各機種2名ずつ、計6名に当たるそうです。でもこれ、18.5インチモデルが当たっても使い道ありまんね。解像度が1366x768しかありません。

 6月30日まで。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.