少し試してみた
 半日かけてキングストンから頂いたKHX1600C9D3LK2/4GXを試してみました。このメモリは低電圧で駆動するのが売りで、1333MHzであれば1.25Vしかかからない仕様です。しかし、うちのマザーボードではこの1.25V駆動のXMPを指定するとBIOS設定画面がフリーズしてしまい、リセットするしかなくなってしまいます。いろいろと探ってみましたが、マザーボードを交換するより手はないようです。レビューするつもりのテーマがしょっぱなから使えなくなってしまいました・・・。 仕方ないのでAuto設定で普通にベンチマークをとったりしてます。CPUクーラーが邪魔でケースに入れたままメモリを交換できないので、他のメモリとの共存その他の実験は明日に回すことにしました。

 このメモリ、写真で観るより実物のほうが格好良いです。質感が良いというか、現在メインで使っているコルセアのメモリのヒートスプレッダがプラスチックのような安っぽい感じなのに対し、このメモリは金属そのもの。写真だと緑色が濃く写ってしまうのですが、実際は抹茶色のような微妙に中間色の緑色です。これがとても気に入りました。

 3月にコレセアのメモリをリンクシェアのチャレンジレビュー資金で購入、4月に再び同じメモリをconecoクラブから頂き、そして5月にはこのキングストンのメモリ。運が良すぎるというか有り得ないというか・・・。でもこんなにメモリが手に入ることが分かっていれば、最初のメモリはコルセアとキングストン以外から選択すればよかったです。せっかくのチャンス、色々なものを使えたらよかったのに。

 とりあえず、このキングストンのメモリについては今のところは文句なし!です。お世辞一切抜きでそう思います。ただし、自腹で買うとなるとちょっと高めのメモリです。

 ちゃんとしたレビューは明日以降に投稿します。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.