ダウトを探せ!
 conecoクラブでまたとんでもないイベントが始まります。対象製品のレビューの中に害のないウソを仕込んでおいて、みんなでそれを当てるというもの。その名も"ダウトを探せ!"。

 選ばれてレビューした人はその製品がもらえます。そのレビューのウソを当てた人の中からも抽選で1名にその製品がプレゼントされます。高級PCケースや高級電源、3D対応液晶モニタや128GBのSSDなどなど、すばらしいアイテムが12種類もあります。このラインナップはすごすぎる!としか言いようがありません。しかし、わたしはPCパーツ長者先生のイベントを担当しているので、これには加われないでしょう。残念です・・・。

 一方、先生イベントについて、実はまだなにも準備していません。レビューする予定のものがまだまわってこないのです。何を書こうか、現時点ではまったく考えてもいないのですが、他のカテゴリの先生担当の方は20000字でも書ききれない、なんて発言しているのでびっくりしてしまいます。20000字、2万字、ですよ。400字詰め原稿用紙50枚分。これって初心者向け自作PCレビューですよね・・・。これからやってみようと考えている人がそこまでの情報を求めてるのか、求めていてもそれを理解できるのか、はなはだ疑問です。

 基本的なことを伝えたうえで、単純明快にありがちな疑問に答える、あるいはアドバイスになる内容が求められているのかと思っていました。まわりがかなり意気込んでいるように見えるので、どうしようか悩んでいます。これ困ったな。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.