Bentoアプリの紹介 その2
 リンクシェアではアフィリエイトツールをみんなで企画・開発・共有していくためのプロジェクトが発足されています。それがBentoBox。お弁当箱に入れる新しいおかずを作るイメージから、Bento(弁当)Box(箱)と名付けられています。ツールを開発できる人はもちろん、それができなくてもアイデアがあればプランナーとして参加できます。誰でも参加できるプロジェクトなのです。

 今回はそのプロジェクトで生み出されたアフィリエイトツールのひとつ、リンクシェア・ツールバーをレビューします。
ではアフィリエイトツールをみんなで企画・開発・共有していくためのプロジェクトが発足されています。それがBentoBox。お弁当箱に入れる新しいおかずを作るイメージから、Bento(弁当)Box(箱)と名付けられています。ツールを開発できる人はもちろん、それができなくてもアイデアがあればプランナーとして参加できます。誰でも参加できるプロジェクトなのです。
 これはツールバー上の検索から提携しているECサイトと商品を検索すると即その商品へのアフィリエイトリンクを作ってくれる、かなり便利なツールです。ログインする必要もなし、提携済みECサイトもずらっとリスト化されているので、単に商品名を入れるだけでさくっとリンクが出てきます。検索も表示速度も速く、リンクシェアの公式サイトにログインするより圧倒的にストレスがありません。登録先のRSSも取得して見出しを流してくれるので、アフィリエイトサイトの運営に力を入れている人にはとても役に立つと思います。

 例えば、以前このサイトで紹介したワイヤレスレーザーマウスも、このツールを使えば簡単にリンクを作れます。ECサイトにサンワダイレクトを選択、キーワードにワイヤレスレーザーマウスと入れると、極小レシーバーワイヤレスレーザーマウス(5ボタン・シルバー)、このリンクが出てくるわけです。

 基本的に良い事尽くめのようにみえますが、このツールから作ったリンク先の商品がすでになくなっていて、"お探しのページは見つかりませんでした。"となる場合も少なくありません。これはツールの問題ではなく、ECサイトのほうの問題なのかもしれませんが、検索精度はいまひとつのように思えます。
ではアフィリエイトツールをみんなで企画・開発・共有していくためのプロジェクトが発足されています。それがBentoBox。お弁当箱に入れる新しいおかずを作るイメージから、Bento(弁当)Box(箱)と名付けられています。ツールを開発できる人はもちろん、それができなくてもアイデアがあればプランナーとして参加できます。誰でも参加できるプロジェクトなのです。
 リンクシェア・ツールバーはインターネットエクスプローラーのみに対応、そしてインストールした直後には何も表示されません。表示からツールバー→リンクシェアツールバーの項目をチェックして初めて表示されます。一瞬、インストールミスかと思ってしまいましたが、なんのことはない、チェックを入れるだけで表示されるようになりました。逆に、表示を消したければチェックを外すだけです。ツールバーの下という場所はいうなれば一等地で、非常に目につくところです。使わないときはメニューを辿らず即消せるようなボタンがあると良かったかもしれません。

 リンクシェアのアフィリエイトリンク作成ツールとしてはこれひとつで十分すぎると思います。どうせならサイトコードも登録できるようにして、ブラウザ上の[SITE.CODE]を自動で置換してくれたら言うことなしでした。

 でもこのツールはリンクシェアに登録している人には本当に便利だと思いますよ。

BentoBox(TM) : みんなのアプリを、みんながつくってシェアする
みんなのアプリを、みんながつくってシェアするアフィリエイトツール開発・共有プロジェクト「BentoBox(TM)」

リンクシェア レビュー アフィリエイト



リモートプレイしてみた
 手元のPS3が異常にうるさい問題はとりあえず置いておいて、PSPからのリモートプレイを使ってみました。

 PS3側でテイルズ オブ ヴェスペリア体験版をダウンロードしておいたので、まずこれをPSP側から遊ぼうとしてみました。でもだめ。このコンテンツはリモートプレイでは利用できないと出てしまいました。どうやらわざわざリモートプレイを弾いているコンテンツもあるようです。
リモートプレイでPSPからPS3のPlayStationStoreに入ったところ

 このリモートプレイは、PS3側の画面出力を圧縮動画にしてPSPに無線で飛ばし、一方PSP側の操作信号をPS3側に渡しているだけなので、基本的にPS3側に動画圧縮する余力さえあればどんなものでもPSPでリモートプレイ可能だと思われます。それがいきなりダメとは・・・。拍子抜けしてしまいました。

 気を取り直してリモート動画再生させてみました。これは素晴らしいの一言。PS3側で出力される動画をさらに圧縮してPSPに届けているので画質も音質も下がりますが、操作にタイムラグはまったくなく、シーンサーチも問題なく出来ます。家に置いてあるPS3でテレビ番組を録画して、出先の無線LANが使える場所からPSPでその録画を視聴する、なんて使い方に重宝しそうです。

 リモートプレイ表示のビットレートは1024kbpsまで上げられます。デフォルトでは768kbppsらしく、この設定で動画を再生させた場合、画質も音質はあまり良くありませんでした。視聴にはまったく困らない程度の画質ですが、音質は明らかに低めで、音楽番組を楽しむにはちょっときつそうです。単純に音楽ファイルを再生させる場合、768kbpsあれば十分すぎだと思うので問題はなさそうです(未確認)。XMB操作は若干もたつきました。操作に支障はありません。しかし画面はいかにも圧縮動画にありがちなもやもやした感じになり、このあたりに現行のリモートプレイの限界を感じます。ビットレートを4096kbpsくらいに上げられると全然違ってきそうですが、これだとPSP側の処理が追いつかないのでしょうね。

 居間にあるPS3に動画音楽ファイルを詰め込んで、寝室からPSPでそれを楽しむ、そんな使い方にはリモートプレイは非常に便利だと思いました。

 リモートプレイ中はPS3は使えません。念のため。



PS3うるさすぎ
 PS3、電源入れて少しだけいじってみたのですけど、うるさすぎ・・・。うちのは頭が痛くなるほどうるさいです。検索してみると、やはりうるさいと言ってる人と、起動しているのかわからないくらい静かだと言っている人に分かれていて、かなり謎です。個体差が大きいのでしょうか。

 世間でどう言われていようが、とにかく手元にあるPS3は異常なほどうるさく、これでゲームを楽しむのは無理だと感じました。このうるさい中でブルーレイの視聴なんてさらにありえません。なんて言えばいいのか・・・、ファンの音が大きいのもそうなのですが、それよりも音の質が耳障り、高周波を奏でている感じで不快にさせられます。さらに、PS3の電源を落としてもファンはまわり続け、この状態だと高周波は消えるもののブブブブブと音を立て続けます。これだけでも結構うるさい・・・。電源を落として20分経っても止まりませんでした。コンセントを抜くと完全に停止。こんなのまともに使えない!と思ったので、PlayStation.comのサポート宛にメールを出しておきました。仕様なのか故障なのかさっぱりわかりません。

 もし仕様のようでしたら適当に売って処分してしまおうかと考えています。起動してるだけでこのうるささは有り得ません。PS3のコンセントを外したとき、本当に開放された感じになりました。それほど圧迫感のある異様なうるささなのです。耐えられません。

 PSPでのリモートプレイも少しだけ試しました。この技術は凄いとしかいいようがないのですけど、まだまだハードが追いついてないかな・・・。このあたりはまた後日記事にします。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.