GYOKUJI〜旗揚げの時〜やってみた
 GYOKUJIというブラウザゲームをしてみました。豪華景品プレゼント目当てです。でも確認したらあまり豪華ではありませんでした。とりあえず液晶モニタで応募してみました。別にいらないですけど。

 もうブラウザゲームと聞いただけでどんな内容なのか想像がつきますが、まさにその通りの内容でした。自分の城の周りに施設を建てて資源を集め力を蓄えたところで領地拡大にいそしむ、施設を建てるのにはリアルタイムの経過が必要で、それを短縮したければリアルマネーを払う必要がある、以上、昨年からぽこぽこ生み出されている典型的なブラウザゲームです。時間とお金をかけた人が強者になるアレです。

 プレゼントイベントに参加するには最初の初心者案内、ようはチュートリアル部分を終えないといけないのですが、これがかなり面倒でした。慣れるまでわかりにくいのです。慣れるためのチュートリアルなのに本末転倒ですね。ゲームの内容が他のこの手のゲームと同じなので、やることも同じなのですけど・・・。

 この初心者案内を進めている途中で資源が持ちきれなくなります。倉庫を作らないとダメだと言われるのですが、その時点では倉庫は作れません。そして持ちきれない資源は消滅します。なんともマヌケな仕様です。これ、テストプレイしてないのではないでしょうか。どう考えても初期倉庫のキャパシティがあまりに低い設定となってしまっています。こんなの少しプレイしたら誰でも気がつくでしょうに・・・。あまりにお粗末です。

 あとBGMがうるさすぎ。音量設定が出来ないみたいなので、OS側のマスターボリュームを絞るしかありません。要するに別途音楽を聴きながら遊ぶことはできないということです。

 これは人気でないでしょう。プラウザゲームは似たようなもの(というか絵以外同じもの)ばかり出てくる中で、このゲームを選ぶ理由が見出せませんから。

(C) EnterCrewe Co.,LTD. All Rights Reserved.



Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.