熱血三国やってみた
 ベクターの新しいブラウザゲーム、熱血三国やってみました。三国志っぽい感じですが、舞台があの時代のものというだけで、三国志そのものとは関係ありません。プレイヤーが君主となって任意の州に城を作り、その後城内と郊外を充実させて領土を増やしていく内容のようです。

 ゲームシステムはブラウザゲーム定番の時間をお金で買うシステムです。有用な施設の建設ほど多大な時間(リアルタイム)がかかるようになっていて、お金(リアルマネー)を払えばノータイムで建設することも可能。要するにお金がすべてのゲームです。この手のゲームはどれも同じですね・・・。

 チュートリアルはあまり良い出来ではなく、唐突に終わって投げ出された感じになります。とっつきにくいかもしれません。ドラゴンクルセイドのチュートリアルは本当に良く出来てましたけどね。あれのまねをすればいいのに。






動画に起こしても低ポイント
 conecoクラブ今週のポイントは7000ちょっと。今週は動画付きレビューを投稿したのに、ここ数ヶ月で最低のポイントでした。ちなみにレビューをひとつも投稿しなかった先週でも8000を越えていました。

 たぶん、配分されるポイントには予算があって、それを山分けしているのかもしれませんね。もちろん良いレビュー、たくさん投稿してくれたレビュワーに優先して配分しているのでしょうけど。

 しかしわざわざ動画に起こしたのにポイントが低いと泣けてきます。やっぱり動画にするのは手間はかかるので、これだったら写真のみでいいかな、となってしまいます。

 ポイントは10万超えました。このペースだとあと3回でぎりぎり12万(6000円)になるかなというところです。その先はもう無理そうですねえ。まあいままでがありえないほど気前良すぎだったので、仕方ありません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.