まじかるブラゲ学院遊んでみた
 ベクターのブラウザゲーム、まじかるブラゲ学院を遊んでみました。ブラウザ上で動くのでインストール作業は不要、ただしゲーム開始時に若干ロードがあります。でもそんなに問題にはならないでしょう。ゲームはエンカウント方式のRPGみたいです。キャラクターの性別と職種を選ぶと町中からスタートし、お使いクエストをこなしていくと初期装備が整い、大体の操作もわかるようになっています。最初は文字通り一本道なので迷うことはありません。

 一本道のクエストが終わるとフィールドに出ます。ここでモンスターと戦うわけです。序盤のクエストは何々を集めてきてというものばかりなので、対象となるモンスターと遭遇するまで適当に移動していなければなりません。これが結構だるいかも。戦闘はアクティブターン制で、おそらくキャラ固有の攻撃速度の数値(?)の速い順で攻撃が順番に繰り出されていくようです。手動で狙いの敵をクリックするもよし、あらかじめ攻撃手順を設定しておいて、自動で戦うようにも出来ます。

 左は最初のボス格のトリ王を倒したところ。1人で戦ったので長期戦となりましたが、回復スキルを使って耐え切り倒しました。パーティを組むことも出来るようなので、一緒にやる人を見つけて戦うのも良いと思います。ただ、わたしがこのゲームを始めた時点ではまわりはみんなもっと先に進んでいるようで、このあたりでうろうろしている人はいませんでした。チャンネルの数が多いので人がばらけてしまったのかもしれません。

 画面は900x570と、かなり狭いです。縦が570のところからしてネットブックでも遊べるようにとの配慮がなされているのは明らかですが、これだと24インチワイドモニターを使っている人には逆に小さすぎだと思います。設定でサイズを変更することはできない模様。

 このゲーム、実はお金を払うと自動で経験値を稼いでくれる仕組みになっています。ここがこのゲーム最大のキモですね。経験値稼ぎが面倒、稼ぎしてる時間がない、誰よりも早く先が見たい、そういう人向けにログアウト中でも経験値が稼げるアイテムが販売されているのです。プレイヤー側からするとお金で時間と経験値を買う感覚、運営はそれを売って儲ける仕組みです。個人的にはそれってゲームする意味あるの?と思わなくもないのですが、例えば、毎日遊んでレベル上げをする時間はないが、ボス戦だけみんなとパーティを組んで遊びたい、そういった美味しいところだけ楽しむにはいいのかなとも思います。でもそんなことしてたらキリがなさそうですが・・・。

 ログインすれば即遊べて、動作も軽く、結構良く出来てると思います。ただ、この先の展開がまったくわかりません。今回遊んだ範囲ではどんなストーリーが待っているのかさっぱり読めませんでした。そのあたり、つかみが弱いゲームな気がします。それにしてもいったいどのあたりがブラゲ学院なのでしょうか。

(C) FunCity Inc./Vector inc. 2009 All Rights Reserved.




Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.