ワイドハイターEX
 プラスチックの黄ばみ、黄変を元に戻す方法を試してみました。試し、なのでキートップのうちアイボリーの"へ"と"ー"、グレーの"BS"と"INS"と"vf1"の計5つを外して実験。ワイドハイターEXの原液があまりなかったので5倍ほどに薄め、キートップをそれに浸し、朝から夜まで南向きのベランダに放置。

 結果はそれなりに黄ばみが取れました。確かに効果は認められました。ただ完全に綺麗になったわけではなく、黄ばみが薄くなった程度でした。原液を薄めすぎたせいもあるかもしれません。アイボリーのキートップはまだまだ黄ばみが強いです。グレーのキートップは十分効果が見て取れます(写真中央のリターンキーとその上のBSキーの色の違いに注目)。キートップ全面を完全に浸したわけではないので、原液が触れにくかった上面は効果が少なく、一方、触れやすい側面のほうが効果が大きくなったようです。この点は明らかに差がでました。しっかりとキートップ全体を浸せるように配置するのが綺麗に黄ばみを取るコツとなりそうです。

 今回はプラスチック表面が痛むこともなく、まずまずの成果が得られたと思います。次回はもう少し濃い目のワイドハイターで試してみます。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.