10戦すれば出る
 ドライセットって10戦目で必ず出るようになってるみたいです。今のところすべてのキャラで10戦目で出ているので間違いないでしょう。もちろん運の良い人は10戦するより早く手に入ると思います。おそらくは前のメンテナンスでこの仕様になったと思われます。だってメンテ後すでに10戦していたキャラは手持ちのポイント一発でドライセットでしたし。その時は確率を変更したのかな?程度の認識でしたが、次のキャラが10戦目で出て、その次のキャラもやはり10戦目だったので、これはもう間違いないと思い、もう一キャラ10戦させたらやはり10戦目でドライセットでした。まともに10戦させるのはあまりに大変なので、99人戦場を狙い撃ちしてまわりました。終戦寸前のものに多く参加でき、これが非常に助かりました。

 さすがに当初のバランスでは入手が難しすぎたと思うので、この修正はよかったと思います。ケチるようなアイテムでもないのに、大感謝祭と銘打ちながら出し惜しみする意味がわかりませんでした。1月4日まで続くので、今からでも十分入手できます。諦めた人は試してみたら良いかも。



さらにプラスチックの黄ばみ取り
 残りのキートップの黄ばみも取りました。今回も8日間、天候がよかったのでほとんど外に出しっぱなしにしておきました(夜は室内に入れましたが)。いくつかのキーの黄ばみがなかなか取れず苦戦したものの、とりあえずいったん終わりとしました。でも十分綺麗です。

 前回の写真と見比べればどれだけ黄ばみが取れたのか一目瞭然ですね。前回の写真だとグレーがブルーに見えてますが、あれは光の加減でああなってしまったもの、今回の写真のほうがより正確です。

 一通り終えてプラスチックが痛むこともなく、満足のいく仕上がりとなりました。やはり時間をかければかけただけの成果が得られます。前回でも十分だと思ったのですが、天候がよかった今回と比較するとまだまだ黄ばみが残ってしまっています。またそのうち手を入れようと思います。理由はわからないのですが、なかなか黄ばみが落ちないものもあって、これは地道に日光にさらしておくしかなさそうです。ゆっくりながらも効果がみてとれるので、時間さえかければ綺麗になると思います。

 キーボードのキートップをはずす際、キーによってはスタビライザーがついているので、勢いで破損しないように注意してください。



ハードディスク新調したものの
 新しくハードディスクを買いました。容量と速度と静粛性を考慮して日立の新型1TBのものを選んだのですが、これは失敗でした。特に速くなることもなく、静粛性の点ではいままでの日立の旧型500GBのもののほうが静かでした。容量だけですね。

 最初にXPをインストール、しかし手を入れていたらアカウント情報が吹っ飛んでしまいました。はぁ、またはじめからやりなおしか、それならWindows7(RC版)でも入れようかなと予定を変更。Windows7はインストールが楽なのでいいのですが、以前にも書いたように、とにかくフォント表示が汚いのです。今回改めてさまざまな設定をしてみましたが、満足いくフォント表示にはならず。やはり使える間はXPにしようとまたまたXPを一から入れなおしました。

 わたしはもともとOS部分とその他のツールはパーティションで分けてインストールしているので、OS部分さえインストールが終われば他の環境設定は最小限で済むようになっています。XPであれば30GBの容量を確保しておけば十分です。ごみをためなければ常に10GB以上空いた状態になるので、Tempに巨大なデータが展開されない限りは大丈夫だと思います。今回は将来Windows7へ移行することも考えて50GB確保しておきました。

 新しいハードディスクは最大転送速度こそ速いものの、OSの起動という面ではぜんぜんだめで、むしろ若干遅く感じます。ハードディスク間のコピーは速かったです。うーん、これだったらもう少しお金を出して2TBのものにすればよかった、かも。完全に期待はずれでした。




絞りすぎ・・・
 2009年最後の大感謝祭のドライセットが全然出ません。これだと感謝祭でもなんでもないような。どんなに遊んでも1日2時間が限界なので、残り3日、もう手持ち全キャラ分揃えるのは無理そうです。

 欲しければ寝る間も惜しんで時間を作ってプレイしろとでも言いたげな、こういうイベントは好きになれません。



続・プラスチックの黄ばみ取り
 前回はワイドハイターがあまりなかったので5つのキートップだけで試すことになりましたが、今回は新たに買い足して、さらに100円ショップで浸しておく用のタッパーも購入。これで全体の半分弱ほどのキートップの黄ばみ取りに挑戦しました。
 写真左が黄ばんだままのもの、右が黄ばみを取ったもの。右は見事に綺麗になっているのがわかると思います。ただ、写真ではわかりづらいのですが、現物はまだ若干黄ばみが残っています。すべてを完全に元の色に戻すには相当の時間がかかりそうに思えたので、今回はこの段階で引き上げました。(ちなみに、この黄ばみはヤニや日焼けではなく、プラスチック自体の変色です。ワイドハイターが効くのはこのプラスチック自体の変色の場合です)

 使ったものはもちろんワイドハイターEX。詰め替え用で220円くらいです。これをタッパーにあけ、黄ばみを取りたいキートップを浸します。それをベランダに出して日光に晒しておきました。キートップを十分浸せるようにするにはかなりの量が必要だったのですが、もったいなく思えたのと、原液そのままではプラスチックを痛めてしまうかもしれないという漠然とした不安から、2・3倍に水で薄めて使いました。それでも効果は十分ありました。

 今回試した期間は8日間、ずっとタッパーに入れっぱなしにしておきました。天候が不順で、うち4日は明かりの入る窓際(室内)に置いておきました。これでもわずかに効果はあったのですが、やはり天気の良い日に外に出して日光に晒したほうが断然効果が認められました。一気に黄ばみがなくなります。ある程度黄ばみが取れてしまうと、そこからの効果は薄くなりました。完全に黄ばみを取りきるには時間がかかりそうです。

 注意するところは、とにかく黄ばみを取りたい面を日光に当てる必要があるところ。当てないとだめです。キートップは水中で揺れるとひっくり返りやすいのですが、そのまま放置していると日光が当たらないので黄ばみは取れません。あと、日光に当てていると真冬の今でもタッパー内はそれなりの温度になるので、真夏に行う場合はプラスチックを痛めないよう管理をしっかりしないといけないと思います。ワイドハイターの濃度は薄くても大丈夫そうでした。

 実際に試してみて、ここまで簡単に綺麗に黄ばみが取れるとは思いもよりませんでした。このまま残りのキートップも黄ばみを取ってキーボードの見た目を復活させようと思います。



3本目も成長
 いつのまにか3本目の大人の樹が育っていました。今回はオレンジ色。2本目は普通の樹だったのでスナップショットを撮らなかったのですが、3本目は珍しい感じ、しかもクリスマスに被ったので記念に撮っておきました。

 3本育てたものの現実の植林は未だ1本もなされていません。運営が変わってから一度もメールマガジンが着ませんし、計画が変わったのかもしれませんね。




二等兵にランクアップ
 鉄鬼は結局5勝8敗でランクアップ、二等兵になりました。最初の予想通り、3時間くらいかな。そこまでかかってないかも。

 戦術性がいまひとつないので、それほど面白いゲームとは感じませんでしたが、でも結構楽しめました。今は人が多いので対戦相手にも困らずすぐ遊べるのは間違いなく魅力的です。1ゲーム10〜15分、お手軽なのも良いですね。

 マップの構造と機体の種類をもう少し見直せばもっと面白くなるゲームだと思いました。このままのバランス、ゲームシステムだとどうなのかなーという内容です。

 二等兵でランキングは25000位!キャンペーンは絶対当たらないでしょう・・・。




慣れてきた
 鉄鬼、トータル9戦して4勝5敗、68%まできました。最初の頃は貢献度がずっとビリ、正直なさけなかったのですが、数戦やっているうちにキルがとれるようになり、常にビリという状況は脱しました。

 マップが狭いので、ここまで押し込んでしまえばあとは無理しなければ勝ち、というポイントがあって、そういう見極めも出来るようになってきました。ここまで押し込まれてるのに何で前に出ないんだろう、動かなければ負けなのに、という場面は何度もあって、何人かで打開策を行動で示しているのに付いてこない人が多く、前に出た人だけ撃破されてしまったり、なんとも歯がゆいです。

 逆に中盤まで20キル差くらいで負けていたのに終盤逆転という対戦も何度かありました。相手が余裕見すぎて特攻しかけて失敗という、まあ上の例の逆ですね。

 慣れてきて面白さもわかってきましたけど、でもそれ以上に問題点が目に付いてしまいます。特に、ランクが高くなるほど使える機体が多くなる今のシステムは対戦ゲームではあまり好ましくないように思います。一般に対戦ゲームは、腕前の差をのぞいて、可能な限り条件を等しくしないと面白くありませんし、条件が悪いほうはじゃあやめたとなって去ってしまいます。この鉄鬼もそうなりそうな気がしなくもありません。

 昨日3戦した時点での戦績は26000位でした。思いのほか人がいました。




鉄鬼やってきた
 鉄鬼やってきました。操作方法を確認するだけの簡素なチュートリアルをするだけで、あとは即戦場というか対戦です。ひとりで遊ぶモードはありません。とにかく対戦。オープンβテストが始まってまだ数日なので、始めたばかりの人も多く、対戦するのに腕前を気にする必要はありませんでした。対戦部屋はたくさんありました。最大16x16の32人で対戦できるようです。

 経験値は3戦して1勝2敗で16%でした。25分くらいかかったと思います。二等兵までは3時間くらいですね。ただ、遊んでいる人はぱっと見で数千人!はいるので、全体で言えば万単位になりそうです。イベントで二等兵までランクを上げれば何か当たるかもと期待して遊び始めるのは無駄な気がします。

 3戦遊んでみての感想は特になく、よくわからまま適当にプレイしていました。周りの動きを見て突出しないようにしてればやられることも少なく、おこぼれに預かれるのではないでしょうか。

 1部屋あたりの対戦人数をもっと多くして、それに合わせてマップも広くすると、もう少し良さそうなゲームになりそうです。今のままだと誰かひとりが圧倒的な強さを誇るとそれで勝負がついてしまいます。





ダウンロードするまでが大変
 イベントに釣られて鉄鬼をしようと試みたのですが、どうやってもActiveXが反応してくれなくて、クライアントファイルをダウンロードできませんでした。ポップアップ表示を有効にしてるのに一瞬で消えてしまうのです。IE単体ではどうやっても解決できませんでした。そこで、FirefoxでIE Tabを使用し、ポップアップを強制タブ表示させてみるとやっと問題のポップアップ部分が表示できました。そこにダウンロードが上手くいかない方はコチラというバナーがあるので、そこからダウンロードできました。

 ダウンロードが上手くいこうがいかまいが、このバナーをサイトのトップに置いてくれたらいいだけのことなのに、わざわざ手間をかけさせるようなレイアウトにしている意味がわかりません。

 イベントの内容は、新規にキャラクターを作成し、階級が二等兵以上になった人を対象に、パソコンや高級ゲームパッドその他が当たるというものです。来年の1月27日まで。

 二等兵までいくのにどのくらいかかるのか、後ほど試してみます。



Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.