ネットプリント使ってみた
 ネットプリントというサービスを利用してみました。プリントする必要がある書類が4枚あったので手持ちのプリンターで印刷していたら、ヘッドの調子が良くなくてどうしても綺麗な出力が得られません。ヘッドクリーニングでも改善されず。どうしたものかと考えていたところ、そういえばセブンイレブンのコピー機がオンライン経由での出力に対応していることを思い出して試してみたのです。

 使い方は簡単で、まず会員登録をして、次いで出力したいデータをアップロードするだけ。するとプリント予約番号が表示されるのでそれを控えて店頭に行きます。あとはコピー機にその番号を入力するだけで印刷が始まります。店頭でも出力イメージが確認できるので間違えることなく印刷できるはずです。今回アップロードしたデータはPDF、1ファイルでしたが、ちゃんと4枚に分けて出力してくれました。普通のコピー紙が使われるので印刷品位は並です。

 値段は1枚20円。100枚で2000円、決して安くはないと思いますが、近くにセブンイレブンがあればいつでも利用できるので、とても便利だと思いました。



グロリアス・キャロルスーツ配布
 グロリアス・キャロルスーツ配布!ということなのでログインして貰ってきました。ここ数ヶ月まったく公式サイトをチェックしていなかったのですが、もしかしてその間にこういう配布物あったのかな、と考えると少し惜しい気がしてきました。

 それにしても今までだったら絶対にガチャレアですよね、これ。それをただで配布なんておかしい、サービス終了する前兆かな?と少し調べてみると、いつのまにか運営会社の社名が変更、事業内容も変更、代表取締役は辞任、ということになっていました。ネットゲーム関連事業そのものは続行らしいです。でも、ブライトキングダムはどう考えても金の卵を産むニワトリにはならなさそうなので、どこかで終わりそうな気がします。ただで配布というのはそういう色々なことがあってのことなのだろうと納得しました。

 結構前にも書きましたけど、この手のアイテムをただで配布するのは上手くありません。どうせならキングダムクエストの報酬の中身に入れておくべきものだと思うのです。必ず出るわけではないが、何回かやれば必ず出るようにする、そうすれば皆が楽しく遊べると思うのです。それをきっかけにゲームに活気が戻って、人も戻ってくるかもしれないですし・・・。しかし、そういうチャンスは今まで何度もあったのにそれをしてこなかった、それで現在に至ったのが実際のところです。そんなに難しいことだったのかな・・・。

 わたし個人は本当にもう遊んでいないゲーム、この先に特別期待するところももはやなく、いつ終わろうがどうでもいいことなのですが、終わるなら終わるで綺麗な最後を迎えてほしいと思います。もちろんその時は遊びに行きます。



レジオンしてみた
 ここ最近流行のブラウザゲームのひとつ、レジオン -創世伝説-をやってみました。ぶっちゃけてしまうと特筆すべきところはなにもなさそうなゲームでした。この手のゲームには雛型があって、ただグラフィックを変えてるだけ、と言っていいと思います。

 ログインして適当にキャラを作ると領地が与えられます。始めは何をしたらよいのかさっぱりわかりませんが、画面右下の半角カタカナの"クエスト"のところをクリックするとクエスト内容が表示されるのでそれに従えばよいことに気がつきました。最初に公式サイトを見ろと指示されたのですが、まさかこれが一番初めのクエストだとは思わず、指示に従わずに無駄にマップをうろうろしていました。

 指示通りクエストをこなしていくと領地の設備が充実していきます。このあたりでああこれドラゴンクルセイド系のゲームなんだとピンとくるはず。というか、まったく同じですね。ひとつの命令が完了するまでに時間がかかるようになっていて、その時間を短縮したければ現金を投入する、現金を投入して命令を次々だしていけば誰よりも早く領地が充実して戦力も整う、あとは戦力を持って周囲を制圧していく、そういうゲームのようです。ただちょっと手順が複雑になってる感じ。

 ドラゴンクルセイドと大きく違うのは戦闘が数字だけの結果待ちではなく、一応手動で操作して実際に戦うことが出来るというところでしょうか。と言っても戦術性は低く、数字だけの戦いに近いのであまり意味はなさそうです。何戦かしてみましたが、自動戦闘で十分だと思いました。

 先行しているドラゴンクルセイドが非常に良く出来ているだけに、後発でこれでは勝てないだろうという点がたくさん見えてしまいます。まずなにより改善すべきはチュートリアルクエスト。レジオンのチュートリアルクエストは簡単ですけど、それに何の意味があるのかがわかりにくく、チュートリアルになっていません。そしてローカライズが弱すぎです。ただ機械翻訳して日本語にしたのがばればれです。日本で運営していくつもりならこういうところにお金掛けないと・・・。以上の2点のせいで、ゲーム開始直後のこのゲームに対する印象がぱっとせず、もういいや、となってしまう人は少なくないでしょう。今思うとドラゴンクルセイドはそのあたりが本当によくできてました。レジオン -創世伝説-はまだβテストの段階のようなので、直せるのだったら直すべきだと思います。

(c)2009 Qiku, Inc./Game-if Co., Ltd. All Rights Reserved.





投稿キャンペーン
 conecoクラブの特定カテゴリーに3つのレビューを投稿すると抽選で高級鍋やiPod、Wiiなどが3名にあたるキャンペーンが始まりました。特定カテゴリーといってもほぼすべてのカテゴリーが対象のような気がします。水でもお茶でもいいみたいなので、3つのレビューなんてわけないですね。さらに、各カテゴリーごとに優れたレビュー3件を選び、それに対して20000ポイントを配布するとのことです。20000ポイントは1000円相当です。

 先週はついに1つの投稿もしませんでした。それで10000ポイントもらえました。投稿してなくてももらえるのかー。やはり、獲得ポイントはレビューに対するアクセス数も関係しているのは間違いないようです。でもわたしの総レビューに対するアクセス数は半減してます・・・。うーん、ここ2週間でなぜかガクッと下がってしまい、自分でも驚いています。なにか悪いことしたかな?

 今週からは上のキャンペーンもあることなので、3つほどレビューを投稿できるようなにか買ってきます。お茶がお金かからなくてよさそう。



今月はよかった
 12月15日に広告の報酬、ポイント換金の振込みが3つほどありました。全部で8878円ありました。やった。月末にもリンクシェアからレビュー優秀賞の5000円が振り込まれるので、今月は14000円ほどにもなる計算です。

 今年はトータルで5万円強の報酬になりました。春から夏にかけてはさっぱりでしたけどねー。まさかこんなに貰える結果になるとは。conecoクラブのレビュー投稿で稼いだポイントと、リンクシェアのレビューの賞金の総計が17000円になったのが非常に大きいです。レビュー投稿は好きでやってることなので負担はありませんし、ブログに掲載する広告に関しても手間をかけていないので、今年はなんだか随分楽してお小遣いが貰えてしまった感じになりました。



PR: セブンネットショッピング
 セブンアンドワイが新しくセブンネットショッピングとなりました。もともとあったセブンアンドワイとイトーヨーカドーが統合し、ひとつのサイトで多くの商品が取り扱われるようになりました。会員情報はそのまま引き継がれます。

 以前のセブンアンドワイは書籍やCDなどを扱っており、私もよく本を買っていました。1500円以上で送料無料なのは今と変わりませんが、1500円に満たなくても最寄のセブンイレブンに配送してもらい、その店頭で受け取れば送料はかからない仕組みだったので、それが非常にありがたかったです。送料関係なく、自分の都合の良い時に受け取れるのも助かりました。本一冊程度の梱包の場合、内側がぷちぷちの白い封筒に入れられています。店頭で受け取る場合は払込票番号をレジで提示するだけ。ケータイで受け取った番号を見せても良いですし、紙に書いてそれを渡しても大丈夫です。そしてお金を払って伝票にサインをしておしまいです。

 新しいセブンネットショッピングのサイトは、ぱっと見は以前のセブンアンドワイと変わらないようです。送料に関してもそのまま。今まで利用していた人はそのまま違和感なく使えそうです。

セブンアンドワイ
リンクシェア レビュー アフィリエイト



アンリミテッドハーツ
 アンリミテッドハーツやろうとしてみたら、どうしてもActiveXがインストールできませんでした。メモリが参照できないとでてIE8がフリーズしてしまいます。FirefoxのIE Tabを使っても同様。これだからActiveXは・・・と不満を漏らしつつ、IEの設定からポップアップブロックを無効にしてみると、やっと素直にランチャーが起ちあがりました。ポップアップブロックはデフォルトで無効になっているはずなので、ここでつまづく人は少なくないと思います。いい加減ActiveXは止めてほしいですね。

 初起動後のアップデートファイルはそんなに大きくはありませんでした。100MBないくらいです。

 内容は横スクロールの2Dアクションゲームでした。一方通行のいわゆるベルトコンベアー式ではなく、左右に任意にスクロールできます。敵を全部倒すと次のステージへ進み、ボスを倒すとクリアとなります。止めたければいつでも止めることが出来るようになっています。このあたりは遊びやすいと思いました。ただ、序盤は本当に簡単で、何も考えずに適当に攻撃しているだけでクリアできてしまいます。あまりにゲーム性がなく、いくらなんでもこれは・・・というのが正直な感想です。

 基本無料ですが、便利アイテムや能力アップ装備(3日)がだいたい150円前後で売られています。もちろんいわゆるガチャもあって、その名もずばり"ガチャ"でした。どんなレアアイテムが仕込まれているのかはわかりませんでした。

 とにかく序盤のアクション性の低さ、ゲーム性のなさ、これに対する印象が悪いです。簡単で面白いと思う人もいるかもしれませんけど、うーん、ほとんどの人はその手応えのなさをつまらなく感じると思います。

 また、画面中央になぜかチャット欄が存在していて、ギルド情報や取り引きのチャットが常に流れているのもよくありません。うっとうしすぎ・・・。今回プレイした範囲ではそのチャット欄を消す設定はわかりませんでした。

 ゲームパッドでの操作にも対応しているにもかかわらず、デフォルトの設定では操作しづらいキーアサインになっていたり、なんだかよくわからない部分が多いです。現状、開発と運営がもう少し気を利かせればもっと楽しく遊べそうなところがあまりに多く見受けられ、そこが残念です。


(c) ARC SYSTEM WORKS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
(c) 2009 Shanghai Winking Entertainment LTD. All Rights Reserved.
(c) Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.




新ちょこモン追加
 ものすごい久しぶりにブライトキングダムにログインしました。なんでも新しいちょこモンがドロップするとか。それ目当てにやってみたものの入手は出来ませんでした。トランプの遺跡でねばってみてもドロップなし。エルドリンに行くとクエストが受けられるようになっていたので、たぶんこれかもしれないとも思ったのですが、なぜか受けられず。途中装備している人を見かけたので、それを見て満足して終了。

 古代エルフの森のマップが微妙に変わっていました。平坦になったというかなんというか・・・。あと、ブルートランピーとストーニーが大きくなっていました。他の敵には変化がなかったので、これが不具合なのか意図したものなのか、仮に意図したものとして何の意味があるのかはさっぱりわかりません。全体に、前に遊んでいた頃よりドロップが悪くなったように感じました。

 エルドリンにはそこそこ露店が並んでいて、まだまだ遊んでいる人はいるみたいでした。ウルガでも人とすれ違いました。

 インターフェイスが色々と改悪されていて、いちいち細かいウィンドウが出たり、ネーム表示を切っているのに表示されたり、とにかく画面が見づらくなっていました。いかに開発・運営がゲームの中身を理解してないか、その表れですね。

 本当に久しぶりでした。また遊びたくなるような要素はなにもありませんでした。



サンワサプライも登場
 conecoクラブのPCパーツ長者で、新しくサンワサプライの製品も取り上げられるようになったみたいです。今回は水洗いが出来るキーボードですが、サンワサプライには変わったモノが多いので、そういうのがレビュー対象として登場してくると面白そうです。その時はわたしも遠慮なく応募したいと思います。

 レビューのほうはなんだか異様にアクセス数が減ってしまいました。今週はあえて新規レビュー投稿しないで、それでいくらポイントがつくのか確認してみます。



まじかるブラゲ学院遊んでみた
 ベクターのブラウザゲーム、まじかるブラゲ学院を遊んでみました。ブラウザ上で動くのでインストール作業は不要、ただしゲーム開始時に若干ロードがあります。でもそんなに問題にはならないでしょう。ゲームはエンカウント方式のRPGみたいです。キャラクターの性別と職種を選ぶと町中からスタートし、お使いクエストをこなしていくと初期装備が整い、大体の操作もわかるようになっています。最初は文字通り一本道なので迷うことはありません。

 一本道のクエストが終わるとフィールドに出ます。ここでモンスターと戦うわけです。序盤のクエストは何々を集めてきてというものばかりなので、対象となるモンスターと遭遇するまで適当に移動していなければなりません。これが結構だるいかも。戦闘はアクティブターン制で、おそらくキャラ固有の攻撃速度の数値(?)の速い順で攻撃が順番に繰り出されていくようです。手動で狙いの敵をクリックするもよし、あらかじめ攻撃手順を設定しておいて、自動で戦うようにも出来ます。

 左は最初のボス格のトリ王を倒したところ。1人で戦ったので長期戦となりましたが、回復スキルを使って耐え切り倒しました。パーティを組むことも出来るようなので、一緒にやる人を見つけて戦うのも良いと思います。ただ、わたしがこのゲームを始めた時点ではまわりはみんなもっと先に進んでいるようで、このあたりでうろうろしている人はいませんでした。チャンネルの数が多いので人がばらけてしまったのかもしれません。

 画面は900x570と、かなり狭いです。縦が570のところからしてネットブックでも遊べるようにとの配慮がなされているのは明らかですが、これだと24インチワイドモニターを使っている人には逆に小さすぎだと思います。設定でサイズを変更することはできない模様。

 このゲーム、実はお金を払うと自動で経験値を稼いでくれる仕組みになっています。ここがこのゲーム最大のキモですね。経験値稼ぎが面倒、稼ぎしてる時間がない、誰よりも早く先が見たい、そういう人向けにログアウト中でも経験値が稼げるアイテムが販売されているのです。プレイヤー側からするとお金で時間と経験値を買う感覚、運営はそれを売って儲ける仕組みです。個人的にはそれってゲームする意味あるの?と思わなくもないのですが、例えば、毎日遊んでレベル上げをする時間はないが、ボス戦だけみんなとパーティを組んで遊びたい、そういった美味しいところだけ楽しむにはいいのかなとも思います。でもそんなことしてたらキリがなさそうですが・・・。

 ログインすれば即遊べて、動作も軽く、結構良く出来てると思います。ただ、この先の展開がまったくわかりません。今回遊んだ範囲ではどんなストーリーが待っているのかさっぱり読めませんでした。そのあたり、つかみが弱いゲームな気がします。それにしてもいったいどのあたりがブラゲ学院なのでしょうか。

(C) FunCity Inc./Vector inc. 2009 All Rights Reserved.




Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.