運営事業譲渡
 グリムスが事業を譲渡、だそうです。やっぱり・・・。

 人を集めれば一定数以上の広告閲覧者が確保できるから、そこからお金を取ろうというのがネット上のひとつのビジネスモデルとなっていますが、エコエコ唱えたところで上手くいくわけではない、その例となりました。


優秀記事に選ばれた
 先月書いたノートンインターネットセキュリティのレビューが優秀記事に選ばれました!賞金は5000円です。最優秀ではなかったので、最初は500円くらいかな?と思いました。でも確認したら5000円。ありがたやー。レビュー単体で300円の報酬がもらえるので、10月分はあせて5300円となりました。もっとも、お金よりも優秀記事に選んでもらえたことのほうが嬉しいです。400人からのレビューの中から選ばれたわけですからね。書いた甲斐がありました。



新しいマップ
 新しいマップが来たので遊んでみました。動き方がわからないと嘆いている人が少なからずいましたが、わたしはなぜ動き方がわからないのかがわかりません。このゲームは敵オベリスクを破壊し、味方オベリスクを守るゲームです。だから手ごろな敵オベリスクを狙うよう、あるいは味方のオベリスクを守るよう向かっていけばよいのです。歩兵戦はその限りですればよいだけのことです。ファークリップが低めの人には遠くが見渡せないので向かうべき向がわからない、それは仕方ないところもあります。しかしマップを見れば相手がどこに建てるかくらい見当はつくので判断はつくでしょう。どのようなマップでも基本はこれです。

 しかし実際の戦場はただ中央でやりあってるだけ、こういうのが本当に多いです。領域が勝っていてかつ敵がこちらのオベリスクを狙ってこない状況ならそれでもいいです。歩兵戦が互角なら領域差の分でこちらの勝ちが約束されています。でも実際はそんなことはなく、大抵何人かはオベリスクを狙ってきます。それを放置しているとオベリスクを破壊されます。破壊ダメージはもちろん、失った領域がのちのち大きく響いてきます。手落ちで破壊されたとしても守れるところなら即再建すべきなのに、それをせずに放置しておくと大損。でもクリスタル掘ってる人はそんなこと気にもかけずに動かないんですよね。

 なんだか馬鹿らしくなってきて今日は途中で抜ける戦場ばかりでした。何度も書いてますけど、勝つために動かない、ただ歩兵戦がしたいだけなら闘技場で好きなだけ遊んでればいいと思うのです。明らかに負けるために戦っている人たちは何が楽しくてやってるのか、そこがわたしにはわかりません。付き合いきれないです。

 新しいマップは外周いっぱいいっぱいまで平野になっていてかなり広々としていました。その分領域展開が豪快に出来ますが、前線のオベリスクが分散するので当然守りにくくなります。全体マップを確認していない人ばかりいるようだと負けですね。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.