ファイルが大きすぎ
 タワーオブアイオンのβテスターに当選していたのですが、インストールに30GBの空きが必要と知ってびっくりです。30GBです。クライアントファイルの段階ですでに8GB近くあります。テストは12日から。それまでにインストールが間に合う気がしません。



ジェルマーノ討伐
 まったりと守護ミグルに剣製造の修行をさせていたら、滅びの神殿クエスト参加のパラディンへの誘いが何度も何度もなされていました。わたしのキャラではレベル的に旨味がないので関心がなかったのですが、あまりに集まらないようだったので、どうしてもいなければ行きますよと重い腰を上げました。

 はっきり言って本当に旨味はないです。常に敵を押さえ込む必要があるパラディンはSPポーションの消費が激しく、それだけでほぼ赤字確定です。クリアして貰えるものもレベル30台の装備ですから、仮に青色ネームのものがでてもレベル40を超えてる自分のキャラには意味なしです。

 ただ、話を聞いてみると、そのパーティは単にクリア褒賞目的ではなく、純粋に神殿クエストをこなしたいというということだったので、参加した甲斐はあったかなと思います。クリアまでは危なげなく終えることが出来ました。

 神殿を進みながらギルドクエストのジェルマーノ討伐がまだなら一緒に行きませんかと声をかけました。いくらなんでもキンレアンムスよりは弱いだろうと思ったのと、自分のレベルなら回復役がひとりでもいればまず大丈夫だろうと判断したからです。5人中3人が行くと即座に手を挙げ、残りひとりもあとから自分ももう1回クエスト受けて参加しますという話になり、結局この5人で挑むことになりました。

 ジェルマーノ、硬いです。平均レベル41の5人で15分ほどかかりました。自分自身は最初から最後まで全くの余裕だったのですが、ジェルマーノが召喚する雑魚の数が多く、それが後衛に流れてきつくなるという展開でした。周りの状態を見れば自分以外はジェルマーノを叩いてる場合ではないと思うのですが、テンプラーが前に出てジェルマーノを叩いていました・・・。余裕があるときなら好き勝手してもらってかまいませんが、どうみてもそんな余裕はなく、実質4人で戦っているようなものでした。雑魚に絡まれてまずそうな人に自分がヒールをしてあげたり、雑魚が数多く湧いたらオーラゲージを使って範囲攻撃をして、その場にとどめてしのいでいきました。オーラゲージは本当は完全防御用に使いたかったのですが、仕方ありませんね。倒すには倒せましたが、パーティプレイという点では内容がよくありませんでした。残念。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.