金の石板の効果
 マグリータのピアッシングボウ+9のエフェクトです。赤地に+3の中途半端な緑色がのり、弓の左右に+9独特のあのミラーボールのような光がふたつもついています。下卑たデザインで最悪です。+9の補正で攻撃力は+600強でした。+7との差は+400弱なので、ダメージにして+20もありません。お金かけてまでする意味はないと思います。

 色々あってこのゲームは潮時かなと感じていたので、どうせ終わるなら最後に武器を鍛錬しようとログインしてみました。紅の石板が前回の使い残しで9個。ここに定額給付ソルトを使って蒼の石板15個と金の石板5個を揃えました。前回の挑戦では30回以上の鍛錬で+7止まりでしたから、正直全く期待していませんでした。でも今回は金の石板を買ってみたので、もしかしたら+8まではいけるかもしれないという淡い期待はありました。

 しかし結果は+9。金の石板がよかったのか、1回目で+8になり、3回目で+9というありえない成功率で鍛錬できました。びっくりです。金の石板は成功率+15%なので、はっきり言ってないよりましな程度に思っていました。でも実際は効果覿面。前回の時点で使っていればよかったです。後悔先に立たず、ですね。

 ついでにマップの見た目が変わったという反ヘニスキンクエにも参加しました。これは本当についで、鍛錬し終えて闇の大地で試し撃ちをしていたところ、ちょうど参加時間と重なったので久しぶりに参加申請を出しました。マップ構成に変更はありませんでした。ただ、オブジェクトが増えたため、道幅が狭くなったように感じました。敵の強さはそのまま。相変わらずメイジが先頭を走って、他は後ろからだらだらついていくだけの内容もそのまま。もはや自分にはこのキンクエのなにが面白いのか、理解不能なところまできています。

 とはいえ、キンクエ参加者はまだそこそこいるので、もし現状でも利益が出ているのならこのブライトキングダムの運営は安泰なのかもしれませんね。せっぱつまっていないからこそ、ああいう不誠実な対応が出来るのかもしれません。



宝玉のエフェクト
 装備も一新したことなので、封じられた鉱山道へまた行ってきました。パラディンふたりにテンプラーふたり、プリーストひとりという前衛後衛が極端に分かれたパーティでした。クリア自体は簡単だったものの殲滅力不足は明らかで、すべて終えるのに1時間かかりました。みんな無言でやりづらかったです。もともと自分はさきがけを担当しているのでチャットしている暇なんてありませんでしたけど、後ろのふたりは攻撃するでもなく回復に専念するでもなく、ただついてきているだけ。なんだかいいように使われているだけのような感じがしていました。後衛の動きは当てにできず、もうひとりのパラディンは自分で回復しないでやられてましたし、はっきり言ってどうしようもない面々でした。なんだか随分と無駄な時間を過ごしてしまいました。遊ぶからには楽しくやりたかったのに。

 武器の穴に宝玉をふたつ嵌めるとエフェクトが付く、そうローディング画面の一行説明にあったので、試してみました。使ったのは黄色い宝玉です。エフェクトはただその黄色が反映されて、びみょーな黄色のもやもやが武器から発せられるようになりました。これは・・・。あまり格好よくありません。武器の色と合っていないのが失敗でした。黒か銀の宝玉を使ってみればよかったです。宝玉そのものの効果は微々たるものなので、エフェクト目当てに好きな色の宝玉を揃えて使えばよいのではないかと思います。
 とりあえずこれで一通り遊びました。あとはどうしようかな。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.