アーチャースキル大幅見直し
 21日にアーチャースキルのありえない下方修正に驚き呆れ、もうこのゲームをやることはないかもしれないと思いました。しかし翌日になって21日の修正内容を覆し、さらにアーチャースキル全体の見直しが入りました。わけがわかりません。

 アトモウストアロウはスキル内容そのものが一新されました。使い勝手は射程は短く撃つまでに時間がかかるという、パワーショットそのもの。ただし威力はパワーショットの2.5倍ほどのダメージを叩き出すこともあるなかなか強力な仕様(スキルの説明書きには具体的な数値はなし)。ダメージのぶれが非常に大きく、2倍以下のときもありましたが、以前のアトモウストアロウや既存のパワーショットに比べればかなり使えそうなスキルになっています。

 シャープシューター固有のスキルであったディスタントショットは射程が2倍近くになりました。威力もパワーショット並みにあります。使い勝手はいままでのアイミングショットに近い(モーションは同じながら0.9秒出が遅い)ので、消費SPに目を瞑れば結構使いやすいかも。最初の一撃はディスタントショットからになりそうですね。ちなみに、あまりに射程がありすぎて、攻撃しても敵が向かってこないこともあります。

 スローショットは相変わらず理解不能・・・。以前より射程が伸ばされてるかもしれません。撃つと黄色い矢がゆらゆらと前に飛んでいきます。文字通り、本当にゆらゆらゆっくり飛んでいきます。パーティプレイ中に使うことはまずないでしょう。矢が敵に届く前に敵は始末されていますから。このスキルはいったいどういう使い方が想定されて実装されたのでしょうか。

 気がついた変更は以上です。欲を言えばホークタロンの効果を長くして欲しかったですね。魂の神殿以降でのアーチャーはホークタロンを使っていないとまともに戦えません。常時ホークタロン状態でも全体のバランスを欠くようなことはなかったと思うのですが、残念ながら今回の見直しでは考慮されませんでした。

 とはいえこれだけ大幅な見直しが入ったのですから、わたしもわざわざ報告した甲斐があったと素直に喜んでおきます。

 21日になされた下方修正をみて、わたしの運営に対する失望感は極まってしまいました。人手が足りないのはわかりますけど、ああいう不誠実なことをしたらだめですよ。明らかにおかしな仕様になっている部分があるから確認して欲しいと報告しただけのこと、なにもせかしていないのに、おかしな仕様はそのままに、そのおかしな仕様にあわせて説明書きを変更して修正しましたなんて、人を馬鹿にするにもほどがあります。しかも22日になってそれらを覆しているわけですから、いかに21日の修正(改悪というべきか)がふざけたものだったのかがわかります。

 せっかく見直しが入ったところですが、しばらくこのゲームはいいです。



パラディンへ
 レベル30になり、パラディンになりました(転職すると自動的にレベルが31になります)。強すぎです。今まで、これは選択を誤ったなと思ってまたけど、ここまで強くなると少し報われた感じがします。他職がどうなのかは知る由もありませんが、パラディンになるとそれだけでHPが倍近くに跳ね上がります。キャストタイムが長いものの、戦闘中に回復スキルも使えるようになります。その他のスキルもかなり豪勢になります。

 ただし、パラディンになったということで、職縛りのある弓や銃は持てなくなってしまいました。正確には、ウォリアー時代に装備していた弓や銃はそのまま装備していられるものの、一旦外してしまうと二度と着けられなくなる、ということです。これが事前にわかってれば外さなかったのに・・・。わたしは他のアイテムを装備するのに外してしまいました。弓を装備し続けていたほうがよかったです。これはここまでで最大の失敗でした。雑魚を狩る難易度が各個に釣れるかどうかで全然違ってきます。弓で釣れれば移動時間は減りますし、敵が向かってくるまでに雑魚のHPは削れますし、良いこと尽くめだったのにね。残念。これから始めてパラディンを選ぶ人はこの点だけは頭に入れておいたほうがいいと思いますよ。この問題はパラディンだけのもので、後衛や前衛でも両手剣使いなら関係ありません。

 もともとパラディンを選択したのは、最初のキャラメイキングで選択できる将来的な各職の装備を見て、パラディンが一番格好良いと思ったからでした。ただそれだけ。そしてそれはパラディンになれば即その装備になるのだと思っていました。でも実際は違っていました。なんだかやけに軽装です。これはこれで格好悪くはないですけど、なんだか違います・・・。うーん。

 本当はパラディンになったらこのゲームは即やめるつもりでした。でもいきなり強くなって面白くなったので、もう少しだけ続けます。でももうレベル上げは頑張りません。パラディンを必要とするパーティからの募集があれば参加する、そんな感じかな。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.