普通の箱庭ゲーム
 ドラゴンクルセイド、遊び始めてから2日目にして12000人中6000位くらいまで来てしまいました。半分の人は登録して放置しているみたいですね。

 正直言って最初の城の位置で有利不利が思いっきり出るゲームだと思います。すでに周りに他人の城があり、近隣の資源地が根こそぎ占領された後だと非常に不利なような・・・。未開拓の部分もあるにはありますけど、遠いので占領に時間がかかります。序盤は石材を沢山使うので、採石場をかたっぱしから手中に収めるのがよさそう。逆に水晶なんてほとんど使いません。自分の城の周りも水晶鉱山だけは2つも空いていたので占領してみたのですが、道理で空いてたわけですよね。使い道ありませんから。

 英雄のレベルは2になりました。城も城壁で囲ってだいぶさまになってきました。ただ、1コマンドが30分ほどかかるようになり、リアルタイムで目に見える進展がなくなってしまったのがつまらないです。

 ゲームが進むとギルド単位での攻城戦になるらしいです(未実装)。ギルドは作るつもりもなく、入るつもりもないので、お先真っ暗です。




ドラゴンクルセイド遊んでみた
 なんとなーくドラゴンクルセイドというブラウザのみで遊べるゲームを始めました。メールアドレスを登録するだけで即遊べるようになります。ファイルのダウンロードは一切不要でした。

 登録すると領地が貰えるので、まずはその中を繁栄させていきます。倉庫や市場を造ったり、英雄を雇って野外の資源地を占領したりして、とにかく自分の領地を盛り立てていくのです。1つ1つのコマンドを実行するとリアルタイムで数分から何十分とまたされます。一度に実行できるコマンド数には上限があるので、あれもこれもと行うわけにはいきません。ただ、ここにお金(現金)を投じると、即コマンドが完了する仕組みになっています。お金を払えばあれもこれもと出来てしまうのです。ゲームシステム的に先行したほうが圧倒的に有利なので、お金を払う人は払いそうですね。なるほどなーと少し感心・・・。

 面白いのかどうか、まだそれほど遊んでないので評価はできませんが、メールチェックしながらなんとなく自分の領地をのぞいてコマンドを入れてまた明日、というようにのんびり箱庭を造る感じで遊ぶ分には楽しめそうです。

 忘れないでこのまま遊び続けるようなら本格的に記事にしていこうと思います。忘れたらそれまでです。




Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.