水のバリドン
 水晶の玉は青いモンスターから出る、クエストの内容にそうあった通り、水のバリドンからドロップしました。中級精霊の実と同じアイコンです。これ1つで経験値は3000万にもなりす。こんなクエストが10個くらいあればいいのに・・・。

 あとは水のアルカと水のバリドンをそれぞれ150匹ずつ倒すクエストだけです。でも硬すぎ。アルカはともかくバリドンのほうは涙の湖のライノスDくらいHPがある感じがします。なかなか倒せないので退屈。高級猛虎ポーションと高級集中スクロールを併用してクリティカルをかさ上げして、かろうじてモチベーションが維持できていますけど・・・。はっきりいって面白くありません。

 水のバリドンや火のタイタンの魔法攻撃は攻撃力がおかしく、ダメージが20程度しか出ません。これは仕様ではなく不具合で、韓国版では大規模アップデートの際に修正されています。こちらでも次の大規模アップデートで直されると思いますけど、こんなの即修正できるのではないでしょうか。数値をいじるだけなのですから。



PR: エア オプティクス
 エア オプティクスとはコンタクトレンズ総合メーカーであるチバビジョンが発売している2週間使い捨てのコンタクトレンズです。従来の5倍の酸素透過率を持つ素材を使うことで目を乾きにくくし、快適な一日を実現してくれます。

 今回、"このコンタクト、いい!エア オプティクス体感キャンペーン"として、メガネ芸人である光浦靖子さん、くわばたりえさん、カンニング竹山さんの御三方が、エア オプティクスを装着するまでのビフォー・アフター映像が公開されています。

 メガネをかけている時の撮影では魚の腐ったような目で!なんて注文が入る一方で、エア オプティクス装着後は念入りなメイクが施されているように、明らかに演出過多のビフォー・アフターではありますが、その変わり様にはびっくりしてしまいます。皆さんメガネがトレードマークでもありますから、メガネなしというのはインパクトが大きいですね。

 実はわたしもコンタクトレンズを使用していた時期があります。御三方は映像の中で目に何かを入れるのは抵抗があるとおっしゃっていましたが、わたしはその逆。メガネをかけることに抵抗がありました。見た目が変わることはもちろん、メガネそのものが鬱陶しいように感じていました。

 わたしが使っていたソフトタイプのコンタクトレンズは装着しても目に違和感がまったくありませんでした。装着していることを忘れてしまうくらいです。本当に忘れてしまってそのまま寝てしまい、朝になると目が真っ赤になっていた、なんてこともよくありました。(これは本来は絶対にしてはいけません)

 装着感に関してはまったく問題のないソフトタイプのコンタクトレンズですが、決していいことばかりではありません。はっきり言って手入れが面倒です。目に直接触れているものなのでしっかり消毒しなければなりません。そうでなければカビが生えてしまいます。今はしませんけど、当時は煮沸までする必要があって、結構な手間だったのを覚えています。この点はメガネの手軽さにはかないません。コンタクトレンズもメガネも一長一短なので、両方を上手に活用するのが最も賢いのかなと思います。

 その上でコンタクトレンズを使う場合、まずハードタイプとソフトタイプのどちらかを選ぶ必要があります。ハードタイプは手入れが簡単で長持ちしますが、装着感があまりよくないようです。わたしはこの点でハードタイプを避けました。ソフトタイプはその反対、手入れが面倒で長持ちもしません。その名の通り柔らかいのでレンズが裂けることすらあります。しかし装着感が非常に良好となっています。

 さらに、ソフトタイプの中には使い捨てタイプのものがあります。使い捨てタイプはコストがかかりますが、手入れの手間と長持ちしないというソフトタイプの欠点をなくしたものだと考えると良いでしょう。エア オプティクスは2週間での使い捨てということで、コストも含めたトータルバランスを取ったもののようです。コンタクトレンズは意外と落としやすいので、なくすリスクを考えると使い捨てもありなのかなと思います。実際わたしは過去に2回落として発見できず、なくしてしまいました。2万円もするものだったのに・・・。こういう時に使い捨てタイプであれば損失は最低限で済むわけです。

 今回紹介したエア オプティクスは無料で試すことができます。初めてコンタクトレンズを使うのでしたらぜひ利用してみてください。
このコンタクト、いい!エア オプティクス体感キャンペーン
リンクシェア レビュー アフィリエイト



位置ズレの問題
 運営がモンスターの位置ズレについての情報を募集しています。再現性に薄く、改善の決め手を欠く状態なのだそうです。ダメな開発だとは思っていましたけど、ここまでダメだとは・・・。

 位置ズレなんて普通にやっていたらいくらでも再現しますよね。そもそもこれは今に始まった問題ではなく、移動しながらスキルを使用できる仕様に変えた時から存在しています。今になって情報を募集しているのは、ここ数週間で反ヘニスキンクエの頂上での敵アーチャーの位置ズレがあまりに酷くなったため問い合わせが殺到、それに対してやっと重い腰を上げたはいいが解決できないからこそなのだと思います。

 釣った敵が引き返すところにスピリットソーンを入れると、見かけ上は敵は止まらず、蔦のエフェクトがあるにもかかわらず引き返していき、こちらも釣られる形で引っ張られていくのですが、スピリットソーンの効果が切れると物凄い勢いで本来止まっていた位置に戻っていく、という位置ズレがあります。これは再現性100%だと思います。リビングスタチューを釣りだして狩っていたときに、タイミング悪くこの状態に何度もなりました。でも報告はしていません。ずっと前からある問題ですから、今更報告して何になるのかと諦めています。

 反ヘニスキンクエの敵アーチャーの位置ズレはなにが原因で起きるのかはわかりません。中央に寄っていた敵アーチャーが突然滑り出すように外側に動き出すんですよねぇ。動き出しても範囲攻撃の当たり判定は動き出す前の位置にあります。マルチショットで見かけ上の位置を狙ってもダメージは与えられません。見かけ上はそこにいない、動き出す前の位置を狙うとダメージが表示されます。

 アーチャーの場合、敵が位置ズレしていてもマルチショット以外のすべて攻撃が当たるのでたいした問題に感じないのですが、クレリックの場合はそうはいきません。スキル攻撃が当たりません。その一方でなぜか通常攻撃だけは当たります。まったく持って謎の仕様です。でも、繰り返しますけど、これは移動しながらスキルが使えるようになってからずっとある問題です。当時からその報告が上がっているはずです。何を今更って感じですね。

 運営は(この問題は)再現性に薄いといいますが、反ヘニスキンクエをのぞきに来ればいくらでも確認できます。ほぼ毎回起きています。一度来たらいいと思います。ただ、少人数でやっているときはこの位置ズレは起き難い気がします。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.